Search

検索したいワードを入力してください

「人を見下す人」の心理的特徴と態度とは|付き合い方や対処法など

Author nopic iconokuta3d
カテゴリ:人の心理

更新日:2020年03月12日

「人を見下す人」の心理的特徴と態度とは|付き合い方や対処法など

よく「見下される」ような態度を取られてしまう・・・

普段生活していて、会社の同僚や上司、あるいは自分の友人、もしくは家族の中で人を見下す人はいると思います。やはりそんな人と一緒にいたら心地悪いのも確かです。

では、そんな人を見下す人はどういった心理で人を見下しているのか?そんな人と上手く付き合えばいいのかというのを知りたい人も多いでしょう。逆に、自分が人を見下していたらどうしよう・・・と悩むかもしれませんが、今回はそんな人を見下す癖の克服からその態度も紹介していきます。

人を見下す人の心理って?その特徴とは

人を見下す人には特徴があります。一体どういった心理状態でどんな特徴があるのか?その特徴をいくつか紹介したいと思います。

人を見下す人は精神状態や心理状態が不安定である

人を見下してしまうのは、コンプレックスや精神状態が乱れている事や嫉妬心からきていると言われています。自分に自信が持てない為、それをコンプレックスに感じて自身のプライドを守る為に人を見下すという特徴があります。

ですから「あの人はなんでこんな事ができるんだろう」というちょっとした嫉妬心も心の中で渦巻いて羨ましく思ってしまいます。そこからその自分にないものを「駄目なんだ!」と言って否定してしまうという行為に走ります。

他にも人を見下す人は他人の噂話や自慢話が大好きで、常に噂話や自慢話をしていないと、自尊心を保てないのです。

優越感が人を見下してしまう?

「自分は他人より優れている」と優越感を感じる時は誰しも1度はあるでしょう。しかし人を見下す人は常に優越感を感じている傾向があります。

その中でも自分は他人より優れているという優越感に浸る事が快感に感じている人は、常に人を見下しています。何故なら、優越感を感じる事でストレスや不安の解消をしている為、相手の気持ちを考えることができなくなってしまっているからです。

「花よ花よ」と育てたれられたからこそ分からない心理

小さい頃から学業が優秀だった人やよく異性からモテたりした人、仕事をなんでもこなせる人も人を見下す傾向にあります。

何故ならその他人より優れていること、周りから「花よ、花よ。」と育てられてきたことが、生きる世界を小さくしてしまっているからです。

なのにそれに気づかず、「自分はまわりの人とは違うんだ」と天狗状態になっている事が人を見下している大きな要因です。

しかし、そういった人ほどよく他人から悪口を言われたりしているので、1度そういう話を耳にしたら大半の人がその人を「人を見下す人だ」と見ていると考えて間違いはないです。

自分が絶対!それ以外は論外と思ってる人は要注意!

小さい頃から現実主義で何事も自分で計画を立てて、自分の実力でのし上がってきた人もまた人を見下す傾向があります。

仕事なども「他人に任せるよりも自分でやった方が早い」とか、自分が絶対的なルールで自分に実力を感じている人は常に「全くこいつは何も出来ないな」と人を見下しやすいです。

自分の信念を曲げずに頑固で融通が利かず、人の話を聞く姿勢をとれていないとまだ人を見下す快感は感じてはいませんが、相当手ごわい相手とも言えます。

よくいう小者キャラほど人を見下す人はいない

いつも「自分はなんでも出来るんだ!」と変な自信を持っている人は常に周囲を見下してしまっています。こういった人ほど口だけの人が多いので、口だけ達者な人は人を見下している様に他人から見られています。

一方、他人が自分よりなにかに優れていると、負け惜しみで「いや、自分の方が出来るんだ!」と自身を奮い立たせることができる人は、周りを見下すような言動には至りません。

付き合いづらくとも人を見下す人と上手く付き合っていく方法と対処法

自分の身の周りに人を見下す人がいると、付き合っていて正直疲れることもあるでしょう。しかし、付き合いを断ち切れば支障が出るかもしれないというときもあります。

そんな時、一体どうやって人を見下す人と上手く付き合っていけるのか、その付き合い方や見下されたと感じたときの対処方法について紹介します。

逆に話を聞いてあげる事が大切?人を見下す人に足りないもの

認められたいという承認欲求から、人を見下すという行動に出てしまう人も多いです。なので、もし「自分はお前らと違ってこういう事が出来るんだ!」と言われた時は「確かにこういう部分は出来るよね」と認めてあげる事も大事です。

しかしそうすると天狗になるだけで終わってしまう可能性もあるので、その後に「でも、こんな所が足りてないなぁ」と指摘してあげる事も重要なんです。

同じ土俵に立つことは危険!なるべく避けて!

初回公開日:2017年07月04日

記載されている内容は2017年07月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。