Search

検索したいワードを入力してください

チャームポイントの例は?|泣きぼくろ/おへそ/ほくろ/しゃくれ

Author nopic iconAita
カテゴリ:モテ女

初回公開日:2017年08月15日

更新日:2020年02月01日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

チャームポイントの例は?|泣きぼくろ/おへそ/ほくろ/しゃくれ

チャームポイントってなんだろう?

「charm」とは魅力的なという意味があります。そこからあなたの「魅力的なところ」をチャームポイントといいます。

コンプレックスの逆の言葉で魅力的なところ、また、人を惹きつける部分です。「人を惹きつけるようなところ」というのはなかなか声を大にして言えない方が多いのが日本人の傾向でもありますが、「私は自分のココが好き!」と言えること、知っていることは、人として輝ける重要なポイントです。隠せばコンプレックスですが魅せればチャームポイントになります。

チャームポイントを発見するとどんどん自分のことが好きになります。

人の欠点を探しだすより、「あなたのココが素敵ですね」とチャームポイント探し名人になって自分も周りもハッピーになりましょう。

チャームポイントの定番

チャームポイントの定番その1:ほくろ

顔や体のほくろはその場所によってはチャームポイントとなります。ほくろからはセクシーさを感じさせることが多いです。

・泣きぼくろ
大人な雰囲気がでる、美人の証といえるほど泣きぼくろはチャームポイントの王道ではないでしょうか。瞳がうるんで見えるのは魅力的に映ります。

・口元のほくろ
色っぽい、セクシーといったチャームポイントになります。

・頬のほくろ
さりげなく印象に残るような場所にあると頬のほくろもチャームポイントとしてあげられます。特に頬の中でも口元によっているものはセクシーな印象となります。

・胸元のほくろ
胸元の空いた服から見え隠れするような場所にあると男性は目のやり場に困ってしまいますが、セクシーなチャームポイントといえるでしょう。

・うなじのほくろ
胸元同様、男性をドキッとさせるほくろです。ふと見えた時にその魅力が溢れます。

チャームポイントの定番その2:えくぼ・笑顔

えくぼは皮膚の柔らかい人や、若い女性に多くみられることもあり、女性らしさと無垢な可愛らしさの象徴です。えくぼがみえると笑顔がより素敵にみえます。子供に良く見られますが成長につれ消えてきてしまうことが多いので大人になってもある方は貴重なチャームポイントになります。

えくぼの有無に限らず、見る人を幸せにする笑顔もチャームポイントです。優しい微笑みや、はじけるような笑顔、印象に残るような笑顔は人を惹きつけます。

見る人を幸せにするような笑顔とは

・歯が見えるくらいオープンに元気いっぱい笑う
・幸せのオーラがでている
・見ていると安心する
・目がくしゃっとなる

これまで人に「笑顔が素敵だね」と言われたことのある方は、チャームポイントで人を幸せな気持ちにさせている魅力的な人です。

チャームポイントの定番その3:八重歯

八重歯といえばチャームポイントの定番カ所ではないでしょうか。アニメなどのイメージから可愛らしさの象徴ともなりました。憧れるがあまり「付け八重歯」というものも発売されています。

笑った時に見える八重歯は、ちょっぴり小悪魔のような笑顔にも見え憎めないイメージです。愛嬌があって幼く見え可愛らしい、親近感がわくといった声があります。日本では定番のチャームポイントとなる八重歯ですが海外ではドラキュラを連想させることから小さなころに矯正してしまうそうですが、日本での生活では、充分自慢のチャームポイントになるでしょう。

チャームポイントはその他にもたくさん!

すっきりとしたおへそ

おへそがチャームポイントとなる人の多くはウエストが引き締まっていて形がくっきりしている状態です。縦長のおへそはすっと伸びてウエストラインを綺麗にみせてくれます。体の中心にあることから目が届きやすいので水着を着たときはとっておきのチャームポイントとなります。

チャームポイントにもなるほど、人の目に届きますのでケアはきちんと行いたいパーツです。

理想的なおへそはエクササイズや姿勢からで手に入れられることができるので、ウエストに自信を持ちたい方は挑戦してみるとよいでしょう。また、へその形によっては努力だけではどうにもならない事もあります。そんな時は、へそピアスもお勧めです。可愛いピアスで一気に自分のへそが好きになれるでしょう。

しゃくれがチャームポイント?!

しゃくれというとどちらかといえばマイナスイメージが強いかもしれませんが、実は「あご美人」というほどあごには美人の条件が隠れています。

しゃくれは横からみると普通の人よりもでていることが特徴ですが、チャームポイントになっている人は多くいます。
世界基準では、横から見た顔のラインのあごと、鼻と、口のバランスに「Eライン」というシルエットが完成されると美人顔となります。

あごがあればシャープで美しいとされ日本人でも多くの人気芸能人がいます。しゃくれは美人の象徴で立派なチャームポイントといえるでしょう。

つやつやおでこ

おでこが広い人は女性らしい印象ですが、前髪の形の難しさや、髪の降りてくる量で毛量が少なくみえるといった悩みがあげられます。

広めのおでこは思い切ってみせる方がチャームポイントとなることがあります。

前髪を斜めでわけてふんわりさせてみたり、面長、卵型など顔の形によって必ず綺麗に見えるポイントがあります。生え際のラインが整っているかたは、髪で隠すとせっかくのチャームポイントが台無しです。

広さも重要ですが、おでこはニキビができやすい箇所でもありますので、充分なケアが必須です。おでごの産毛処理はおでこ美人への効果的な方法としてあげられます。おでこの形を整えたり、狭さで悩んでいる人は少し広めにすることも可能です。

ぽってりたらこ唇

唇の形には流行のメイクや、その時注目されている芸能人なので可愛いの定義が大きくい変わってきますが、なにより大切なのは似合っているかどうかではないでしょうか。ぽってり唇はセクシーで、薄い唇は魅惑的で守りたくなるような印象を与えます。

唇はメイクで大きくイメージを変えることのできる操りやすいパーツです。たらこ唇が欠点だと思っているかたは、まずその魅力に気づきましょう。そして口角を上げて、鼻呼吸を意識することで閉まった口元になりその魅力は倍増します。

ほうれい線はチャームポイントに変化する?

ほうれい線といえばその印象は「消したいもの」のイメージが一番にあげられますが、人は自分で魅力的だと思うカ所は全てチャームポイントになります。少し違った視点でみることで充分自慢のポイントに変身するのです。

若い時には嫌で嫌で仕方のなかったところが年を重ねることに愛着がわいたりするものです。ほうれい線はまさにその代表ではないでしょうか。若い時には消したかったけど、年を重ねて顔の雰囲気に馴染んできて魅力と変化するということもあります。