Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】好きかもしれないと感じる瞬間・告白

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:片思い

初回公開日:2017年08月10日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】好きかもしれないと感じる瞬間・告白

男性、女性が好きかもしれないと感じる瞬間

ほとんどの人が恋愛をしたことがあるでしょう。恋愛をしたことないというのは、おそらく少数でしょう。恋愛のスタート地点としては、自分か相手のどちらかが好きになるなることから始まります。相手の方から自分に対してアプローチをかけてくれれば、最初はその相手を恋愛対象として見ていなくても、好きになるかもしれません。

また、何気なく相手と接していて、ふとした瞬間に相手のことを好きかもしれないと思う実感が不思議と沸くときもあります。この好きかもしれない実感とは、どのようなときに沸くものなのでしょうか?

男性、女性が好きかもしれないと感じることに対してどうすればいいのかと悩んでいる人は、恋愛占いを試してみましょう。当たると評判の占いをご紹介している記事がありますので、見てみてください。

相手が自分のことを好きかもしれないときのアプローチ例

恋愛のスタート地点である「好きかもしれない」という思う感情は、相手が「好きかもしれない」と思う場合と、自分が「好きかもしれない」と思う場合の2パターンあります。相手が自分のことを「好きかもしれない」と思った場合、自分は相手が自分のことを「好きかもしれない」と気づく側になります。相手が自分のことを「好きかもしれない」と気づくということは、相手は自分に何らかのアプローチをかけている可能性があります。

質問が多くなる

これは男女ともに共通する行動です。好きな人のことについての情報はできるだけ欲しいと思うことは自然なことです。好きな人の誕生日や好みや趣味という情報はアプローチをかけるうえで、重要な武器になります。その情報を得るために、自然と会話が質問するような形に偏っていきます。また、好きな人とできるだけ会話したいと思うことも自然なことです。

会話を引き延ばすために簡単な方法は質問をして、新しい話題を1から始めることです。しかし、これら質問をされすぎると、相手の方も「なぜ、そんなことまで聞くの?」と思ってしまいます。勘が良い人であれば、その会話のときの表情や行動から「自分のことが好きなのかもしれない」と気づかれてしまいます。

あえて、気づいてもらおうとしているのであれば作戦成功ですが、そうでなければ、まだまだ恋愛の修行値が足りてしないということです。

ボディタッチが多くなる

これは女性が行う定番恋愛テクニックです。男性も定番恋愛テクニックとわかっているので、すぐに「相手は自分のことが好きかもしれない」と意識を始めます。しかし、このとき男性が気をつけないといけないのは、女性の中には恋愛感情が無くてもボディタッチが普段から多めの女性いてることを理解しておかなければなりません。

「自分のことを好きかもしれない」と意識し始めた男性がその女性にアプローチをかけると「そんなつもりではない」と避けられることもよくあります。女性の目線から見ると、多くの男性に好かれようとしての八方美人タイプのボディタッチか、その男性が本命のボディタッチかは明らかなのですが、男性はどうやら判別することが苦手な人が多いようです。

2人で会おうと連絡してくる

わかりやすいアプローチの仕方なので、誘われた側の人もすぐに「自分のことが好きなのかもしれない」と気がつくでしょう。ここまで、積極的な連絡をしているのであれば、おそらく相手は「好きかもしれない」と気づいて欲しくて連絡をしている可能性は高いです。

少し前まではこのような積極的な連絡は男性からすることが多かったのですが、恋愛に奥手な草食系男子が増えて、恋愛に積極的な肉食系女子も増えた今では、女性から男性を積極的に誘うことも少なくないようです。しかし、やはり女性としては、できれば男性にリードしてもらいたので、デートは男性から誘って欲しいところです。

特別に優しい

こちらも男女に共通する行動ですが、好きな人には、やはり特別扱いをしてしまいます。お互いが友達関係で普段からよく会うのであれば、その特別扱いが積み重なって、本人や周囲の友達などに「あの人のことが好きなのかもしれない」と気づかれてしまいます。この手のタイプはまだ相手に自分が好きであることを隠しておきたい段階の人が多いのですが、その行動からすぐに気がつかれてしまう恋愛に不器用な人が多いです。

恋愛に不器用ですが、好きな人を特別扱いするようなアプローチができるので、相手に好きだとバレてしまったときは、さらにアプローチが強くなる恋愛直球型の人も多いようです。

好きかもしれないと言われたときの対処法

相手が自分のことを「好きかもしれない」というときに見られる行動を先に述べました。しかし、相手から「好きかもしれない」とストレートに伝えられることもあるかもしれません。この言葉を言われたときは、まずはその言葉の意味を判断しなければなりません。

すでに告白のつもり

相手はすでに「好きかもしれない」ということで告白をしたつもりでいるかもしれません。この曖昧な伝え方をしてくるときは、告白に対して自信がないのかもしれません。自信がないために、「好きかもしれない」という曖昧な言葉を投げて相手に判断を委ねようとしています。もしかすると、相手も好きと答えてくれるかもしれません。もしも、好きと答えてもらえなくても、「まだ完全に好きなわけではない」と言い訳することができます。

このように、失恋したときの逃げ腰が言葉に表れているのです。もし、告白のつもりで「好きかもしれない」という伝え方をするのであれば、まだその人には告白するだけの勇気が整っていないので、相手に対しても失礼になります。しっかりと「好き」と言い切れるようになってから告白しましょう。また、相手もその勇気が足りていないことに気がついたのであれば、「また好きとハッキリしたら教えて」と背中を押すようにしてあげましょう。

本当に自分の気持ちがわからない

中には本当に自分が相手のことを好きなのかどうかハッキリしないタイミングもあります。友達関係が長かったり、職場恋愛などにはよくあるケースです。友達関係が長くなると仲良くなり過ぎて、一緒にいて楽しかったり、落ち着いたりする感情は友情なのか恋愛なのか判別が付きにくくなってしまいます。

また、職場で一緒に仕事をしていると頼りになる瞬間があったり、一緒に難しい仕事をやり遂げたりしたときに距離が縮まったような気になります。しかし、これは同じ職場の仲間としての意識なのか恋愛なのか判別が難しく思ってしまいます。これらのように、本人でも「好きなのかもしれない」、「でも、違うかもしれない」と葛藤することもあります。

その気持ちを本人に伝えることもあるでしょう。このとき、伝えられた相手側にとっては告白ではなく、相談になります。相談に関する答え方は人それぞれです。特に恋愛相談なので、相談された側は自分の言葉で正直に答えてあげるだけで良いでしょう。

好きかもしれない人への告白の仕方