Search

検索したいワードを入力してください

彼氏欲しいと思った時の改善点8つ・行動|割合

Small 783f24b9 4b0a 41c9 8c52 5f9880f5ad90harco
カテゴリ:出会い

初回公開日:2017年08月18日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年08月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

彼氏欲しいと思った時の改善点8つ・行動|割合

彼氏が欲しいと思っている人の割合

「彼氏が欲しい」と口癖のようにいう女性は、どのくらいの割合でいるのでしょう。そこで、10~30代、40代以降の女性で、彼氏が欲しいと思っている人の割合をご紹介していきます。

自分の年代がどのような気持ちでいるのか、参考にしてください。

10代

10代の若者たちは、どのくらいの割合で恋人が欲しいと思っているのでしょう。下記の引用は男女混合の結果になっていますが、6割以上の10代の若者たちが彼氏・彼女を欲しいと思っているということがわかります。

恋愛に積極的な10代がたくさんいるということがわかります。

Blockquote firstBlockquote second

恋人が欲しいかというアンケートに対して、「とても欲しい」「まあ欲しい」と恋人について前向きに捉えている人が全体の66%を占めています!

20代

20代で彼氏が欲しいと思っている人の割合は約7割です。実に4人に3人の割合で20代の女性が彼氏が欲しいと考えています。

社会人として特定の会社で働くようになったとき、なかなかいい出会いに結びつかないことが多々あります。相手の好みや相性の問題もありますが、社員の女性率が高かったり既婚男性が多いことなども、彼氏が作れない大きな原因です。彼氏を探す目的が「子どもが早く欲しい」という人もいます。

30代

30代で彼氏が欲しいと思っている人の割合は約5割です。

未婚者の約8割りが恋人がいないともいわれている現代ですが、恋人を作ることを面倒くさいと感じていることが原因のひとつになっています。

恋人が欲しいと考える人の割合は、年代が上がるにつれて減っていきます。特に30代後半からは、女性が彼氏が欲しいと思わなくなる現象が顕著になっていくのが特徴です。

40代以降

彼氏が欲しいと思っている人の割合は40代以降では4割に満たない数字になっていきます。

40代以降は男性よりも女性のほうが恋愛に消極的になってしまいがちです。子供や介護の問題もあり、彼氏が欲しい人の割合が減る傾向にあります。

彼氏が欲しいと思った時の改善点8つ

彼氏が欲しいと思った時の改善点8つご紹介していきます。

彼氏が欲しいと思っていてもなかなか思うような出会いがなかったり、また付き合い始めてもすぐに別れてしまったりする人は、理想的な彼氏を得るために何もしていないとしたら、もったいないです。

一日も早く何らかの行動を起こせば、あなたが「欲しい」と思っていた彼氏に出会える可能性がグンと高まるからです。彼氏が欲しい人必見アイディアをご紹介しましょう。

改善点1:ヘアスタイル

彼氏が欲しいと思った時の改善点のひとつにヘアスタイルがあります。

男性はストレートのロングヘアが大好きです。ヘアスタイルに気を配り、ヘアケアにも力を入れて美しい髪をキープしましょう。ヘアケアの宣伝に登場する女性をお手本にするとよいでしょう。

ストレートヘアでない方は縮毛矯正やストレートパーマという手段もあります。髪をアップにすれば大人の雰囲気を醸し出すこともできます。

改善点2:ファッション

彼氏が欲しいと思った時の改善点のひとつにファッションがあります。

彼氏が欲しいと思ったらフェミニンなファッションが基本です。スカートを穿くことが前提です。仕草もそれに合わせて自然に女らしくなるでしょう。

ワンピースやひざ丈または長めのロングのスカートを穿きましょう。過度の露出や体の線がセクシーな色っぽいファッションはやめてください。

改善点3:感情の表現方法