Search

検索したいワードを入力してください

告白の返事待ちはいつまで?待っている際に取るべき行動まとめ

Small 79a4331b 7afc 4d15 93ae 414c85b6569cnaru
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2017年08月16日

更新日:2020年12月22日

記載されている内容は2017年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

告白の返事待ちはいつまで?待っている際に取るべき行動まとめ

告白の返事待ちの期間ってどれくらい?

「考えさせて」と言われた理由って?

勇気をだして告白した時、「少し考えさせて」と言われた経験がありませんか?少しってどれくらい?と思いつつも、具体的にどれだけ待てばいいのか相手には聞けませんよね。自分の気持ちにケリをつけたくて告白したのに「考えさせて」といわれると余計モヤモヤして告白の返事待ちの期間は何も手につかなくなりかねません。一体何が原因で返事待ちにされているのか、原因を探ってみましょう。

1つ目の原因として考えられるのは、あなたのことをよく知らないからです。まだ知り合ったばかりで、相手のことをよくわからないまま告白されると残念ながら返事待ちにされることが多いようです。

2つ目の原因としては、他に気になる人がいるからです。他に気になる人や好きな人がいると告白を返事待ちにしてしまう人が多いです。ですが、このパターンは、気になる人とあなたが同じくらい気になっているということなので「考えさせて」といわれてもあまり落ち込まず待ちましょう。

他にも、その場で断れなかったときや恋愛対象に見られてなかったときなどは告白の返事を待たされてしまう可能性があります。

返事待ちの期間はどれくらい?

告白した相手との距離感によって、差が出てくると思いますが、大体1週間〜1ヵ月の間が多いようです。この期間中、返事をせかすのはやめましょう。相手は真剣に考えてくれているので、気長に待ちましょう。

相手の過去の恋愛にトラウマなどがあった場合は、1ヵ月以上待たされてしまうかもしれません。ですが、なかなか返事をくれないからといって脈なしというわけではありません。「この人と付き合うのは無理!」とすぐに断られたわけではないので、ポジティブに待ちましょう。

告白の返事待ちからの成功例

成功する秘訣

告白の返事を男性が女性に返事待ちにされた場合、今の段階では告白の返事は断られる確率が高いです。ここで、ただひたすら待ち続けるのではなく告白後も今までどおり接することが大切なポイントです。

女性の心理は「付き合ってもいいと思うけど、決め手にかける」と思っている人が多いので、告白の返事を急かしたりせず今までどおり接することが一番いい状況をつくることができます。

また、告白したあとに「本当?」と聞かれたら高確率で告白に成功します。告白されて嬉しい、と思っているからです。「ありがとう」と言われた場合はその後の言葉に注目です。そのあと、「でも」など否定から入られた場合は、失敗の確率が高いです。ありがとうの意味をきちんとききましょう。

告白の返事待ちで成功する確率

告白の結果を知るためには、返事を待つしかありませんが相手と自分のこれまでの関係や現状、告白をした時の経緯、そして告白した際の相手の反応や対応といったものを読み解けば良い返事が聞ける可能性を予想する事も可能です。
告白が、 返事待ちになっているという状況で、OKを貰える可能性についてそうなる根拠も具体的に挙げていきつつ詳しくご紹介していきたいと思います。

成功する確率が低めの場合

まず、告白が返事待ちになったとき成功率0%の場合からみていきます。相手の中では既に断るという選択肢が決まっているのですが今後気まずくなりたくなかったため返事待ちにしたという状況が考えられます。告白を聞いたあとの表情がかたかったり、よそよそしかったり、困惑していたりといった印象を受けた場合残念ながら断られてしまう可能性が高いです。

また、口数がいきなり減ったり告白に対して感謝の言葉がなかった場合も断る理由を考えていることがあります。断られる可能性として、もうひとつは相手にとってあなたが恋愛対象外だった場合です。これは相手の状況によってもしかしたら告白を受け入れてもらえるかもしれません。告白をきいても歯切れが悪かったり、戸惑ったりしてもこの場合は嫌な素振りを見せたりはしません。しっかり表情を読み取りましょう。

ここから成功率40%をみていきます。相手のことをよく知らなかったりした場合、返事待ちにされてしまう可能性があります。相手があなたのことをよく知らない場合は、断る明確な理由がないため成功する確率があがります。こういった、一目惚れやあまり知らない相手に告白する場合は告白するまえに自分をアピールしておけば、成功率が高くなります。

成功する確率が高めの場合

告白が返事待ちになったときの成功率が60%以上あるときの状況から説明します。これは、付き合ってもいいかな〜と思っている状況です。では、どうして返事待ちになったのでしょうか。それは、他にも気になる人がいる可能性が高いです。告白したタイミングが悪かったともいえます。それでも、あなたのことを意識するのには違いないので、成功率は高めです。

最後に、告白が返事待ちになったけれども成功率が100%の場合を紹介します。告白したとき、笑顔だったり嬉しそうだったりといった感情を表に出していたらかなり高い可能性で成功します。ですが、軽いヤツだと思われたくないがために告白を返事待ちにしてしまうというひともいます。告白したときに嫌がった素振りをみせられなければ、ほぼ成功といってもいいでしょう。

告白の返事を待っているときの連絡方法

告白の返事待ちとなると、何をしていても返事が気になり悶々したり、夜も眠れなくなったり、食事が喉を通らなくなったりする状況に陥ってしまうのが大半のケースです。告白の返事待ちは「NO」と言われた訳では無いので付き合える可能性はあります。
これは間違いありません。そして、付き合える可能性は返事待ちの状態になった相手との関係によってゼロに近いモノであったり、百に近いモノであったり、それぞれ異なります。人それぞれで可能性は変わるという事です。返事待ちの期間で、成功率を上げる秘訣を紹介します。

返事待ち中基本的なスタンス

告白の返事待ちの期間中のスタンスは、告白前と同じように振る舞うことがポイントです。返事を保留したときに陥るケースの中には「告白前よりぎくしゃくしてしまい、気まずくなってしまった」という最悪なケースがあります。このケースだけは絶対に防ぎたいので、告白前と同じ態度で接するように心がけましょう。

他にも注意しないといけないのが、告白された側が女性だった場合、告白した側が気まずい空気を出してしまうと、確実に女性はその空気に流されてしまいます。女性からの告白の返事待ちになった場合、気まずい空気をだしたりギクシャクしないように注意しましょう。

もうひとつ重要なことは、相手に告白の返事を急かしたりしないことです。相手が告白に対して返事が出せてないということは、現段階で付き合う決断ができないということです。

そのため、相手を急かしてしまうと、とりあえず断ろうという気持ちになってしまうのです。相手が悩んでいることを理解して、急かしたりせずとにかく相手の返事を待つことが大切です。

連絡方法とは?

まず、絶対に連絡をとらないという期間を決めましょう。最低でも1ヵ月は自分から連絡せずに待ちましょう。まったく連絡しないというのは辛いですが、相手も真剣に考えてくれているので相手のことも考えてあげなければいけません。その決めた期間中は、絶対に連絡しないようにしましょう。
1ヵ月ほどまって、相手からの連絡がない場合はこちらから連絡してみましょう。例えば、「久しぶり〜」などといって連絡をとり会う約束をします。そして、もう一度気持ちを伝えてみましょう。二度も告白なんて、と思うかもしれませんが押して見るのも告白成功の鍵です。まずは、1ヵ月待ってみて二度目の押しの告白です。頑張ってみましょう。