Search

検索したいワードを入力してください

ニートの就活のやり方や就活が怖い理由とは?面接の注意点など

Author nopic icon伽羅
カテゴリ:転職・就職

更新日:2020年08月29日

ニートの就活のやり方や就活が怖い理由とは?面接の注意点など

ニートの就活のやり方

ニートとは、15歳~34歳の学校や会社に所属せず職業訓練も受けず家事もしていない人のことをいいます。

これまで、どこにも所属せずにいた人が、何かを新しく始めようとするのは、とても勇気のいることなのではないでしょうか。わからないこともたくさんあることでしょう。

まずは、何から始めればいいのか?必要なものは何なのか?など、知りたいことや知っておいた方がいいことなどもあります。ここでは、これまでニートとして過ごしてきた人たちの就活のやり方についてみていきます。

ニートの就活が怖い理由

これまでニートだった人が、就活を始めるにあたって「怖い」と感じることもいるのではないでしょうか。「怖い」と感じる理由は、人それぞれに違うでしょう。「就活」という未知のものに漠然とした怖さを感じていたり、社会に出ることが怖かったり。

または、試験や面接に落ちることが怖かったり、上司や同僚とのコミュニケーションをとるのが怖かったり、色々な理由が考えられます。

あるいは、試験に落ちることを繰り返すことで自分を否定されたような気持になることを恐れている、というような場合もあるでしょう。もともと、人とのコミュニケーションをとるのが苦手だという人もいるのではないかと考えられます。

新しいことを始めるのですから、不安や怖いという気持ちがあるのも当然といえば当然です。不安や怖い気持ちをそのままにせず、自分が何に対して不安なのか?自分は何を怖がっているのか?を明確にして、対処していきましょう。

ニートの就活するブログの紹介

一口にニートからの就活といっても、人それぞれにおかれた環境やシチュエーションも違います。それらによって、就活への考え方や取り組み方も違ってきます。ここでは、いくつかの例としてブログを紹介しました。結婚を機に就活を考えた方やいくつもの会社の試験を受けた方などのブログです。これから、就活を始めようと考えておられる方、お役立てください。

こちらは、元ニートの方と一緒にお仕事された方のブログです。
就職が決まったあとのことを気にして、なかなか1歩踏み出せない方もいることでしょう。周囲の人がどんな風に見ているのか?考えているのか?を知ることができるのではないでしょうか。

状況別ニートの就活方法

ニートから脱け出して就活を始めようとしても、どこから?何から?と迷ってしまうこともあるでしょう。そして、おかれている状況も人によって違います。ここでは、状況によって異なる就活の仕方を紹介していきます。

高卒

高校を卒業してから、働く機会がないまま過ごしてきた方の場合です。就活を始める前に、これから始まる集団生活や団体行動について意識を向ける必要があります。仕事をするうえで、周囲の人とのコミュニケーションをとることはとても大切なことだからです。

また、敬語や正しい言葉づかいなどを身につけておくことも大切です。できれば、何かの資格をとっておくと就活に有利に働くこともあるでしょう。

求人情報を探すときには、幅広い視野で色々な業界を見てみるといいです。その際には、休日や給料、会社側からの労働条件をしっかりとチェックしましょう。

ハローワークや大手求人サイトで探すのもいいですが、卒業校の進路相談の先生に相談するのもいいでしょう。具体的に、いつごろまでに就職する!と決めて行動すると、モチベーションもあがるのではないでしょうか。

大卒

就活をしてみたものの内定が出ないまま卒業してしまったり、一度は就職したけれど思っていたような仕事ではなく退職してしまった…などの理由で、大卒ニートと呼ばれるようになった方たちの場合です。

大卒ニートは「オーバースキル」という理由で、アルバイトも採用が難しい場合があります。ですから、最初から正社員を目指して就活する方がいいのではないでしょうか。

大卒ですと、国や民間が行っている「就活支援制度」を利用することができます。あるいは、人材紹介サービスに登録したり、無料の転職エージェントを利用する、などといった方法もあります。

1人で行動するよりは、頼れる機関があるのなら利用する方が、情報も多いです。ブラック企業かどうか?も働く前に知ることができます。

既卒

就職先が決まらないまま学校を卒業して既卒になり、「既卒ニート」と呼ばれるようになった場合です。新卒の時と比べると応募できる求人が減ってしまうのは現実としてありますが、正社員になる可能性はあります。しかし、空白の期間が短い方が有利なのは確かなので、早めに就活に取り掛かる方が得策といえます。

既卒者には、既卒者用の求人サイトがあるので、そちらに登録しておくといいでしょう、そして、「既卒者歓迎」の企業をみつけたら、どんどん応募していく方がいいです。既卒者は面接が苦手だともいわれていまので、質問を予測して回答を用意しておくといいでしょう。

ニートの就活支援の紹介

いざ、ニートから脱出しようとしても、何から始めていいのかわからなかったり、わからないことが多くて不安になったりすることもあると考えられます。就活するにあたって、準備や対策が必要なのはわかっていても、全て1人で行うとなると大変です。そういう人たちのためにあるのが、「就職支援」です。

働くことに悩んでいる若者に対して行われている就労支援です。
多くのニートが苦手だとしているコミュニケーションの訓練もあります。協力企業による職場体験もあります。

仕事をみつけたい若者がいろいろなサービスを無料で受けられます。各都道府県にあり、ハローワークを併設しているところもあります。

ニート状態になっている若者に対して、働くために必要な支援から働き始めたあとのサポートまでしてくれる存在です。ニート状態になっている本人だけでなく、その家族のためのプログラムもあります。

ニートの就活の面接の注意点

初回公開日:2017年08月19日

記載されている内容は2017年08月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。