Search

検索したいワードを入力してください

就活・就活説明会・就活の面接に疲れたときの対処法

Author nopic iconたんたん
カテゴリ:転職・就職

初回公開日:2017年08月15日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年08月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活・就活説明会・就活の面接に疲れたときの対処法

就活に疲れたときに心がけたいこと

就活・就活説明会・就活の面接に疲れたときの対処法
※画像はイメージです
出典: Sleeping Dog | Fancycrave

新たなる人生ややり甲斐を求める為に、就活に励んでいる方もいらっしゃるでしょう。しかし、就活は必ずしも上手く行くとは限らず、時には「自分は駄目な人間ではないのか?」と落ち込むこともあります。中には追い詰められてしまい、就活そのものが出来なくなってしまったという方も少なくありません。

情緒不安定な状態になり就活そのものが困難になっていれば、就活に疲れていることが考えられます。では、就活に疲れた時にどう対処すれば良いのかご紹介します。

就活に疲れたときの対処法~既卒者の場合~

学校を卒業したものの、就職先が見つからないとなると、焦りが出てくるのは当然です。しかし、就職先が見つからないのは、駄目な人間だからという訳ではありません。新卒であろうが既卒者であろうが、就職先が見つかるか見つからないかは「縁」によります。

疲れたと感じる原因は色々ありますが、既卒者の場合は自分自身を攻めていることにあります。何十社・何百社受けても内定がもらえないとなると、「自分は駄目な人だ」と思い込んでしまうのです。就活は「縁」によるものが大きいので、自分自身を攻めても意味がありません。

そこでしたい既卒者が就活で疲れた時の対処法は、「縁が無かっただけ」と考えるようにすることです。タイミングが悪かっただけと分かれば、自分自身を攻めることもないので、精神的な負担はかなり軽くなります。

就活に疲れたときの対処法~転職の場合~

転職活動に疲れた時の対処法は、転職活動から一度離れて他の活動に取り掛かることです。先程にも述べましたが、就活が上手くいくかどうかは「縁」による作用が大きくなっています。つまり、転職先が見つからず疲れたと感じているのならば、思い切って休むべきです。転職活動に疲れた状態のまま会社を回っても、結果が得られることはありません。

例え素晴らしい経歴を持った人であっても、疲れた顔をしていれば門前払いを受けるのがオチです。むしろ経歴も何もないものの、元気でエネルギッシュな人を採用します。だからエネルギーを蓄える為にも、転職活動から離れて趣味等に興じるようにしましょう。また、今までやりたくても出来なかったことにチャレンジしてみるのもです。

就活で疲れたときの対処法は?~その他の場合~

無職の方が就活で疲れた時の対処法は、気持ちを切り替えることです。気持ちの切り替えが上手く行けば疲れも吹っ飛び、次につなげることが出来ます。でも、もし気持ちの切り替えが出来ず自分自身を攻めていたのならば、「こんな会社に入らずに済んでラッキー!」と考えるようにしましょう。

よく考えてみて下さい。採用担当者は初対面の人に対して、書類だけで判断しているのです。書類だけで人を判断するような会社に入れば、今とは比べ物にならないほど酷い目に遭っていたことでしょう。就活は会社が人を選んでいると思われがちですが、同時に求職者が会社を選んでいる場でもあるのです。

だから「会社に落ちてしまった」と落ち込むのではなく、「落ちて清々した」という気持ちを持つようにしましょう。

就活説明会に疲れたときの対処法

就活には欠かせない説明会は、会社を知る絶好のチャンスです。しかし、毎回似たような説明で窮屈な場に長時間閉じ込められると、疲れるのも当然です。では、就活説明会に疲れた時は、どうすれば良いのでしょうか。答えは「説明会に参加しない」です。

そもそも、今はわざわざ会場をおさえて大規模な説明会をせずとも、動画で会社概要をまとめて流した方が効率的です。事情により動画配信が出来なかったとしても、ネットで調べれば、会社についての情報は幾らでも手に入ります。つまり、会社説明会に参加することは、無駄な行為そのものなのです。

説明会に参加してなければ、面接で落とされるということはあり得ません。万が一「不参加」が理由で落とされたのならば、単に会社と縁がなかっただけの話と思うようにしましょう。

就活の面接に疲れたときの対処法は?

就活・就活説明会・就活の面接に疲れたときの対処法
※画像はイメージです
出典: Workspace #7 - DesignersPics.com

面接はどんな人でも緊張するもので、何回も続けば疲れも出て来ます。では、面接で疲れた時には、どう対処すれば良いのでしょうか。面接は、「企業が数多くの求職者から、何人か選ぶために行うもの」でもあります。しかし同時に「求職者が企業を選ぶ為の場」でもあるのです。

面接時に「ここは自分に合わない会社だ」と判断したのならば、そのまま辞退しましょう。面接を辞退したからとは言え、何かされる訳ではないので大丈夫です。どんな人であっても仕事を自由に選ぶ権利はあり、法律でも保証されています。

就活に疲れた・やめたいと思ったら休んで良いの?

就活に疲れたら、「やめたい」と思うのは当然です。どうせどの会社を受けても内定は貰えず、自分は社会に不必要な人間だと攻めていることでしょう。では就活に疲れたら、本当にやめても良いのでしょうか?冷酷な回答になってしまいますが、答えは「NO」です。

攻めている暇があれば自分を変えていこう!

自分自身を攻めてばかりいると、疲れは溜まっていく一方です。疲れたまま他の会社へ面接に行っても、落とされるのがオチです。何処の企業でも疲れた顔をしている人よりも、未経験でもはつらつと元気な顔をしている人の方を採用します。自分自身を攻めていて落ち込んでいる暇があるのならば、何がどう駄目だったのかを冷静に分析しましょう。

そして出来る範囲内で良いので、駄目な部分を改善するようにします。分析をして自分を変えている間、就活は一旦お休みです。駄目な部分が改善出来れば、就活の再スタートです。心機一転で取り組めば、意外と早く就職先は見つかります。

就活は出来る範囲内で良いので続けよう

就活に疲れて限界を感じているのならば、休んでもらっても構いません。根を詰め過ぎると冷静さを失ってしまい、良い結果が得られないからです。しかし、就活に疲れたからと、完全に辞めるのはNGです。就職をしなければ収入はなく、生活そのものが成り立たなくなります。

今は色んな働き方があります。正社員が駄目ならば、フリーターとして働くという手もあります。いざとなれば、「永久就職」という手段もあります。世間的には正社員として働いた方が良いという風潮があるものの、どのように働くのかはその人の自由です。でも生活の為の収入源は、如何なる理由があっても確保はしておくべきです。だから無理をしない範囲内で良いので、就活は続けるようにしましょう。

就活に疲れたときの休憩方法

就活・就活説明会・就活の面接に疲れたときの対処法
※画像はイメージです
出典: Lazy Sunday - DesignersPics.com

就活に疲れた時は、素直に休憩するのが一番です。しかし、普段から忙しくしているからこそ、休憩となるとどうすれば良いのかは、意外と分からないものです。そこで、体だけでなく疲れた心も癒す効果がある休憩方法を二つご紹介します。