Search

検索したいワードを入力してください

恐妻家の女性と上手くいく旦那の特徴|精神年齢が低い/気が弱い

Author nopic iconサトゥ
カテゴリ:結婚

更新日:2020年08月21日

恐妻家の女性と上手くいく旦那の特徴|精神年齢が低い/気が弱い

奥さんが怖くてもラブラブ!恐妻家の夫あるある

最近は、「草食系男子」「肉食系女子」といった言葉がよく使われるようになりました。言葉通り、草食動物のように大人しい男性が増え、肉食動物のように積極的な女性も増えたと言われています。

上記のような男性・女性が増えたこともあり、夫婦でも女性の方が力強く、男性の方が穏やかであったり優しかったりする場合が多いと言われています。中には、奥さんが怖くて逆らえないという旦那さんも増えていると言われており、そのような家庭は「恐妻家」などと呼ばれています。

そこで今回は、「恐妻家の夫」をテーマにして、恐妻家でもうまくいく夫の特徴や恐妻家でよくあることなどをご紹介していいます。

思わず頷いてしまう!?恐妻家あるある

早速、恐妻家の家庭や夫によくあるエピソードや出来事、事例などをご紹介していきます。

もし、以下でご紹介するエピソードや事例に思わず頷いてしまうようであれば、恐妻家の家庭である可能性もあるでしょう。

恐妻家あるある【1】:夫が妻の言いなり

恐妻家の家庭の特徴として、さまざまな物事の判断権や主導権が、奥さん・妻にあるという点が挙げられます。恐妻家の家庭とは、そもそも夫が妻に対して、頭が上がらない家庭を意味します。ですから、恐妻家の家庭では、妻の方が夫よりも主導権などを握っている場合が多く、妻の主張や考えが優先的になりがちなのです。

上記のような妻に対して、夫は不満に思う方もいれば、特に不満や疑問を抱くことなく従う方もいますが、妻の意見が優先になったり、妻の言いなりになったりする夫が多いと言われています。

恐妻家あるある【2】:家事や雑用を夫がやる

恐妻家の家庭では、妻よりも夫が家事や雑用をする家庭が多いと言われています。ゴミ出しや掃除、郵便物の受け取りや買い物などを夫がやっているという家庭も多く、妻の指示や命令に従ってそれらをこなしているという夫もいます。

上記のような夫は主夫というわけではなく、共働きであったり、妻が専業主婦であったりする場合もあります。その為、家庭における役割分担は、夫の方が比率的多めになることが多いと言われています。

恐妻家でも仲良し!恐妻家と上手くいく夫の特徴

上記では、恐妻家の家庭でよくある事例やエピソードをご紹介しました。上記の内容だけ見ていると、恐妻家の夫婦はあまり仲良くないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、恐妻家の夫婦でも、上手くいっている夫婦はたくさん存在します。むしろ、とても仲が良い恐妻家の夫婦もいると言われています。

そこで続いては、恐妻家の妻と相性が良い夫の特徴や性格をご紹介していきます。

恐妻家と上手くいく夫の特徴【1】:気が弱い

気が弱い男性や自分に自信がない男性は、気が強い女性との感じる方もいらっしゃると考えられます。

恐妻家と上手くいく夫の特徴【2】:草食系

上記でもご紹介したように、草食系と呼ばれる男性が、近年増えています。草食系の男性の定義は、状況や人によってさまざまですが、一般的には恋愛や仕事、その他の物事に対して、あまり積極的でなかったり、おっとりしていたりするという特徴が挙げられます。

一方で、恐妻家の妻は、属性に当てはめるとすれば、肉食系と言えるでしょう。肉食系とは、草食系と反対に、恋愛や物事に対して、何事も積極的に向き合うタイプを意味します。

お互いに積極的な人同士の場合、それぞれの希望や言い分がぶつかってしまい、揉めたり喧嘩になったりしてしまいがちです。しかし、草食系の夫と肉食系の妻の場合は、物事に積極的な妻と、それに従う夫という構図が成立しやすく、更にお互いにストレスを感じにくい為、恐妻家であっても仲の良い夫婦になる可能性があるのです。

恐妻家と上手くいく夫の特徴【3】:精神年齢が低い

実際の年齢に対して、精神的な年齢のことを「精神年齢」と呼びます。実年齢と精神年齢は、必ずしも一致するわけではありません。人によって、実年齢よりも精神年齢が高い方もいれば、低い人も存在します。

精神年齢が低い男性は、母性本能をくすぐる一面を持っていたり、自分を導いてくれる存在に依存したりする傾向があると言われています。その為、主導権や決定権を握りがちな恐妻家の妻とも、ストレスを感じることなく付き合える可能性があると予想できます。妻の方も、精神年齢が低い夫は扱いやすく、また思わず面倒を見たいと感じる可能性があるので、仲の良い夫婦になれる可能性があると言えるでしょう。

恐妻家で有名な芸能人

続いて、恐妻家で有名な芸能人や夫婦をご紹介していきます。芸能人や有名人に当てはめてみると、恐妻家という関係性がいまいち理解できないという方も、どのような関係性が恐妻家であるのか、しっくりくる可能性があります。

恐妻家の芸能人としては、木下博勝さんとジャガー横田さんなどが挙げられます。パワフルで力強いジャガー横田さんに対して、優しく少々気弱な木下博勝さんは、「尻に敷かれている」という印象を受けますが、同時に「お似合い」と感じている方も少なくないと予想できます。

また、川崎麻世さんとカイヤさんなども、恐妻家のイメージがある夫婦と言えるでしょう。カイヤさんは過去に、所謂「鬼嫁」と言われるキャラクターで、を集めていた時期もありました。2人の関係性は、バラエティー番組などでも取り挙げられており、恐妻家として代表的な夫婦と言えるでしょう。

恐妻家の夫は浮気しやすい?

気が強い妻に対して、言い返したり反論したりすることがなかなかできない、恐妻家の夫ですが、浮気をする気にはならないものなのか、気になる所です。続いては、恐妻家の夫が浮気しやすいかどうかについて考察していきます。

結論から言うと、恐妻家の夫が浮気をしやすいかどうかは、結局の所は家庭や夫婦によって異なると言えるでしょう。気が強い妻に対して納得してたり、妻が家庭の方針の主導権を握ることに対して不満を感じていなかったりすれば、夫は妻や家庭にストレスを感じていないので、浮気をしようとは考えない可能性もあります。また、浮気がばれた時の妻の反応を考え、怖くて浮気をしようとする気にならないという夫もいるでしょう。

一方で、妻に反論などはできないものの、そんな状況や自分に対して不満を抱いている夫の場合は、浮気をしてしまう可能性もあるでしょう。妻とは反対のタイプの気弱な女性を求めたり、自分の愚痴を聞いてくれる女性に心を開いたりする可能性は、ゼロではありません。

尻にしかれると出世できる!?

世の中には、夫婦になったり付き合ったりすることで、男性を出世させる女性がいると言われています。恐妻家の妻もまた、男性を出世させる可能性がある女性のタイプの1つと言われています。

男性は、ある程度のストレスがない状態だと、安心しきってしまい、無気力になってしまいがちです。恐妻家の家庭の場合は、妻の気が強かったり主導権を握っていたりすることが多い為、男性にとって適度なストレスやプレッシャーになることがあり、夫の気力ややる気が出やすいという見解もあります。

とはいえ、ストレスやプレッシャーは、度が過ぎると心身に対して良くない影響を与える可能性があります。恐妻家といっても、限度や礼儀があることは、覚えておく必要があるでしょう。

恐妻家の家庭も、相性や付き合い方次第でラブラブになれる

いかがでしたでしょうか?今回は、「恐妻家の夫」をテーマにして、恐妻家の夫によくある事例や恐妻家の家庭でも上手くやっていける夫の特徴、恐妻家の芸能人や恐妻家の夫の浮気事情などを考察・ご紹介しました。

恐妻家の家庭は、奥さんの方が主導権を握っていたり力関係が強かったりするケースが多いと言われています。その為、旦那さんは奥さんの言いなりになっていたり、話を聞いてもらえなかったりすることもあるでしょう。

しかし、旦那さんが草食系であったり気が弱かったりする場合は、2人のバランスや力関係が絶妙にマッチして、むしろ仲が良い夫婦になる可能性もあります。恐妻家だからといって、夫婦の仲が悪くなるとは限らないので、パートナーとの付き合い方や向き合い方を工夫してみることをします。

初回公開日:2017年08月19日

記載されている内容は2017年08月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。