Search

検索したいワードを入力してください

勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉一覧!紫色・白色など色別紹介・プレゼントに向いている?

Small 9658538b 09f7 47a6 ba12 0439a2804539りすぞー
カテゴリ:花言葉

初回公開日:2017年10月06日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉一覧!紫色・白色など色別紹介・プレゼントに向いている?

勿忘草(忘れな草・ワスレナグサ)の特徴

勿忘草(ワスレナグサ)は、花弁の数は5枚からなり1枚の大きさは6㎜~9㎜径、花冠には白や黄色の小班点のある小さな花です。暑さと湿気が苦手で夏を越せないことから1年草として分類されます。

Myosotis scorpioides(ワスレナグサ属・サソリの尾のような)という学名があ、Myosotisという言葉は、ハツカネズミを意味するギリシア語の「mys」と、耳を意味する「ous」が組み合わさった語です。

和名勿忘草(ワスレナグサ)・忘れな草
英名Forget me not
学名Myosotis scorpioides
別名シンワスレナグサ(真勿忘草)・ミオソティス
科・属ムラサキ科・ワスレナグサ属
原産地ヨーロッパ
開花期3月~5月(最盛期は4月)
花の色白・ピンク・青・紫
誕生花2/7・2/29・3/13・3/15・4/5・4/6・4/17・4/21・4/24・5/14・5/15

勿忘草(ワスレナグサ)の名前の由来

勿忘草はドイツでは「vergissmeinnicht(私を忘れないで)」英国では「forget-me-not」日本でも同様に「忘れな草」「勿忘草(ワスレナグサ)」と呼ばれています。

勿忘草という花の名前はプラーテンの詩として有名な、中世ドイツの悲恋伝説に登場するドナウ川を舞台とした伝説の騎士の言葉に由来します。

勿忘草(忘れな草・ワスレナグサ)の花言葉

勿忘草(忘れな草・ワスレナグサ)の花言葉は「真実の愛」と「私を忘れないで」で、花言葉も中世ドイツの悲恋伝説に由来します。

西洋に伝わる勿忘草の花言葉は「true love(トゥルーラブ):真実の愛」と「memories(メモリーズ):思い出」で、「思い出」は「私を忘れないで」という花言葉と結びつくものがあります。

勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉1:「真実の愛」という意味

西洋では男女平等の意味を込めてパートナーを「配偶者であり親友である」とする思想を持っている人が多いことから「真実の友情」という意味もありますが、ドナウ川の詩から付けられた花言葉と言われているため「真実の愛」の方が正しいという意見があります。

マーガレット(Marguerite)、アンチューサ(Anchusa)、スミレ・菫(Violet)も「真実の愛」という花言葉を持っています。

勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉2:「私を忘れないで」という意味

花名をそのまま花言葉にした「私を忘れないで」は、ドナウ川を舞台とした伝説のルドルフがベルタに最後の力を振り絞って伝えた「私を忘れないで」という由来と、アダムが存在を忘れないように名付けた「私を忘れないで」という由来があります。

ドナウ川を舞台とした伝説のほうが「私を忘れないで」という言葉を深く感じる詩となっているため、花言葉や花の名前の由来として語られることが多いです。

勿忘草(忘れな草・ワスレナグサ)の種類

勿忘草(ワスレナグサ)は、広義にはムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称で、狭義にはワスレナグサ属の一種である真勿忘草(シンワスレナグサ)の和名になります。

園芸業界で勿忘草(ワスレナグサ)として流通しているのは、ノハラワスレナグサ (M. alpestris)やエゾムラサキ (M. sylvatica)あるいはそれらの種間交配種です。

勿忘草(ワスレナグサ)の種類1:真勿忘草(シンワスレナグサ)

伝説の勿忘草(ワスレナグサ)と、園芸種として売られているものは別種で、ヨーロッパ産の基本種と他のワスレナグサ属と区別するために、「true forget-me-not」という英名がつけられています。

茎は高さ20〜50cmになり、基部から長い匐枝を出します。上部の葉は無柄で長楕円形、下部の葉は柄があって倒披針形です。枝先にサソリ形花序をだし、直径6〜9mmの花が次々に開きます。

勿忘草(ワスレナグサ)の種類2:ノハラワスレナグサ (野原勿忘草・野原忘れな草)

ノハラワスレナグサ (野原勿忘草・野原忘れな草)は園芸業界で勿忘草(ワスレナグサ)として流通しているもので、学名はMyosotis alpestris(ワスレナグサ属・亜高山の、または草木帯)です。

花が直径3mmと小さく、萼は深裂していてカギ状の毛が密生しています。原産地はユーラシア・北アメリカで、花が咲く季節は5月・6月・7月・8月・9月となっています。

勿忘草(ワスレナグサ)の種類3:エゾムラサキ(蝦夷紫)

エゾムラサキ(蝦夷紫)も園芸業界で勿忘草(ワスレナグサ)として流通しているもので、学名はMyosotis sylvatica(ワスレナグサ属・森に生じる)です。

草丈20~40cmの多年草で、茎には開出する粗い毛がまばらにあり、花は直径6~8mm(淡青紫色)です。ワスレナグサ属の中で唯一の日本在来種で、花が咲く季節は5月・6月・7月となっています。

紫色の勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉