Search

検索したいワードを入力してください

メイク初心者にメイク方法・道具・アイライン

Author nopic iconmiKan
カテゴリ:メイク・コスメ

更新日:2020年08月29日

メイク初心者にメイク方法・道具・アイライン

メイク初心者にメイク方法

「彼をドキッとさせたい!」「モデルさんみたいな顔になりたい…」「垢抜けたねっ!」「仕事の身だしなみとして、ちゃんとメイクしたい!」などなど、メイクを始めたのにはいろいろなきっかけがあるでしょう。メイクはあまりしたことがなくて慣れていないメイク初心者は、まずメイクの復習をしましょう!なりたい自分になるには、お勉強も必要ですよ。

下地って必要なの?

メイクで大切なのは「ベース作り」というのは、メイク初心者でも聞いたことがあるでしょう。ベース作りの基本の手順は
①スキンケア(化粧水や乳液)
②日焼け止め
③化粧下地
④リキッド、クリーム、パウダーなどのファンデーション
⑤フェイスパウダー

メイク初心者だと「下地ってそんなに大切?」と思いがちです。しかし、下地の一番の役割の「肌色を整える」だけでなく、「メイク崩れを防止する」という大切な役割もあります。下地を塗るか塗らないかで、メイクの完成度がまったく違うことを忘れないでください。

肌に合わせた下地の色って?

下地の一番の役割は、肌色を整えることです。下地にも、さまざまな色のものがあります。ここでは、色別に下地の効果をご紹介します。

イエローはメイク初心者に下地カラー

日本人の肌は、基本的に黄色です。ですから、イエローの下地は、肌なじみがいいと言われています。メイク初心者の人は、無難なイエロー(黄色)を選ぶのをします。

自然な色で、肌を均一に整えてくれるだけでなく、気になるシミやそばかすの部分には、重ね塗りすることでカバーもできます。

また、イエロー以外の下地を選んだときでも、シミなどのカバーに重ねづけするのことができます。イエローの下地は、1本持っておくととても便利な下地です。

グリーンは赤みを抑えられる下地!

顔にでる赤みが悩みな人は、意外と多いものです。そういう人には、グリーンの下地がです。

淡いグリーンの下地は、ファンデーションではなかなか消せない赤みも、うまくおさえられます。ファンデーションのみを赤みに塗っても、その部分が浮いてしまいます。

ただ、顔全体にグリーンの下地をしてしまうと、トーンが暗く落ちてしまうので、グリーンの下地は赤みの出ている部分だけに使うのがです。

ブルー系下地で肌に透明感を引き出す!

ファンデーションはツヤ感は出せますが、透明感まで出すのは難しい。そういう時に使えるのが、ブルー系の化粧下地です。

ブルーのイメージとは違いますが、ブルー系の化粧下地は肌のトーンをアップさせてくれます。肌をぱあっと明るくしてくれます。

肌の内側から透明感を出してくれるので、一見すると素肌のようにみえます。ナチュラルメイクにしたい人は、ブルー系の下地を使うのがです。

ピンクで血色をよくすることができる

仕事などの疲労は、肌にまで現れます。疲れているとくすみがでてしまい、血色が悪く見えてしまいます。

そういう場合は、肌に血色を与えてくれるピンクの下地を使い、クマも隠してしまいましょう。寝不足が続いている人にも、ピンクの下地がです。イキイキとした肌色を作ることができます。

正しいメイク下地の塗り方は?

下地を塗る時には、メイク初心者の人は「スポンジ」を使うことをします!メイク初心者さんでも、手で下地をぬるよりも、簡単にムラなく塗ることができます。

メイク下地の塗り方の手順

1.手の甲にパール粒大のメイク下地を出します。

2.顔の5点、額・両目の下・あご先・鼻筋に下地をのせます。テカリやすい部分は多めにつけると崩れにくくなります。

3.スポンジで下地を肌に密着させるには、顔の中心部から外側に向かって均一に伸ばしていきます。下地は、ここでしっかり塗りこまないと、時間とともに浮いてきてしまいます。

4.次にあごの下に下地を伸ばします。首となじむように意識してましょう。顔と首の色が違うと違和感がありますよ。

5.額中央から生え際に向かって伸ばします。髪の毛の生え際までムラなく塗りましょう。

6.鼻筋と小鼻は、上から下に向かって下地を伸ばします。鼻は、特にテカリやすい部分。細かい毛穴もカバーするように、丁寧になじませましょう。

7.つぎに、スポンジに残った下地で、まぶたと目の際に塗ります。よく動く部分なので軽く塗ってください。

8.スポンジで下地を全体的におさえて、なじませましょう。下地が多めだったら、ティッシュでおさえながら余分な分をとってしまうのもアリです。

9.鼻の周りなど細かい部分は、スポンジの角を使って丁寧に押さえます。この一手間によって、メイクの持ちが一段と上がります。

やさしい、すっきりアイラインがメイクの印象をつくる!

アイラインってきつい印象になりそう、まっすぐ綺麗に線が描けないなど、メイク初心者さんには悩みのたねになるのが、アイラインです。しかし、人の第一印象は目です。

正しいアイラインの使い方をマスターして、みんなから好印象をゲットしましょう。

アイラインをひくメイク道具は?

アイライナーには、ペンシルタイプ、リキッドタイプ、ジェルタイプの3種類があります。

ペンシルタイプのアイライナー

ペンシルタイプのアイライナーは、他のアイライナーよりも「芯が硬い」のが特長です。芯が硬いとラインがぶれにくく、メイク初心者さんや不器用な方でも書きやすいです。

メイク初心者さんには、適度な芯の硬さのものがです。あまり芯がしっかりしていると、なかなか色が乗らないので、ラインを引くのが難しいでしょう。

鉛筆のように削って使うタイプよりも、芯を繰り出して使うタイプのもののほうが、芯が柔らかい傾向があります。

リキッドタイプのアイライナー

リキッドタイプは、筆ペンやフェルトペンの「柔らかいペン先」が特徴です。1本で細いラインも太いラインも描ける便利さがありますが、ペン先が安定しないので、メイク初心者さんにはちょっと難しいとも言われます。

しかし、ペン先が安定しやすいフェルトペンタイプなら、硬い芯のペンシルタイプより、メイク初心者さんには描きやすいでしょう。

ジェルタイプのアイライナー

初回公開日:2017年10月17日

記載されている内容は2017年10月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。