Search

検索したいワードを入力してください

山ガールファッションコーデ・ブランド

Small 1fe0e3eb 9350 4642 a6fc 6c1496e186fbakiko28
カテゴリ:コーディネート

更新日:2020年08月21日

山ガールファッションコーデ・ブランド

山ガールとは

山ガール(ヤマガール)とは、ファッションスタイルを山でも楽しむ女性のことです。かっては山登りと言えば男性のアウトドアスポーツとしてファッションとは真逆のものでした。

2000年代の後半頃になるとアウトドアブームとなり中でも女性の登山愛好家が急増しました。それによりアウトドアブランドをファッショナブルに着こなす女性の姿が多く見られるようになりました。アウトドアグッズとは防水加工の上着などはもちろんですがコーディネイトとして機能性もプラスされた山スカートも登場しました。

パワースポットブームも流行し「富士山」をはじめさまざまな山に登ったり「野外フェスティバル」に行ったり、もっと身近では「散歩」といったさまざまなアウトドアにファッションを取り入れ「雰囲気山ガール」まで登場しています。ユーキャン新語・流行語大賞の2010年候補語60語に「山ガールは」はノミネートされました。

山ガールファッションコーデ

「春」の山ガールファッション

春とはいえ山はまだ肌寒い季節です。薄手のジャケットは必ず持参してください。特に山の天気は変わりやすいので、急な雨風に対応できる「撥水加工」「防水加工」「防風加工」のジャケットは1枚あると便利です。特に山では思わぬケガや虫に遭遇してしまう危険があります。できるかぎり露出は少ないファッションに心がけ肌を守ってください。

「長ズボンは履きたくない」という方には可愛いレギンスを組み合わせたファッションです。レギンスに短パンやスカートを組み合わせた山ガールファッションは機能性と安全性をプラスした山ガールならではのファッションでしょう。

また歩いているうちに厚くなった場合には、ウィンドブレイカーなどの上着は腰に巻いても可愛いです。カラーコーディネイトで山ガールファッションを楽しみましょう。

「夏」の山ガールファッション

夏の山ガールファッションで気を付ければならないのは「日焼け対策」と「暑さ対策」です。山では太陽を遮るものが何もない場所もたくさんあります。日傘をさした山ガールはいません。木陰もない場所では自分で太陽光をシャットアウトできる山ガールファッションにしましょう。

そのためにも「UVカット」用品は必需品です。UVカット加工のTシャツやクール手袋、そして帽子はつばが広い物を選びましょう。熱いからと肌を露出し過ぎると日焼け跡が残ることもありますので長袖がです。

「秋」の山ガールファッション

山の秋はとてもロマンチックな気分にさせてくれます。山ガールファッションも秋をイメージした紅葉に似合うカラーでファッションコーディネートにしてみましょう。山は平地より肌寒く感じます。薄手ジャケットとベストを上手く組み合わせるといいでしょう。ベストをプラスするだけでも秋らしい山ガールファッションコーデになります。

「冬」の山ガールファッション

冬は重ね着で山ガールファッションを可愛くコーデしましょう。小物もかわいいものをチョイスしジャケットやベストやシャツそして小物類も秋色や素材で演出しましょう。山ガールファッションも季節の中で冬は一番楽しめる季節です。空気も澄んだ低山ハイキングとして、また雪の美しい山を見ながらと山ガールを満喫できる場所もたくさんあります。

温かいタイツにショートパンツを組み合わせた山ガールファッションや、冬用のパンツにニット帽、可愛いヘアーバンド、ネックウォーマーなどのアクセントも山ガールファッションをいっそう楽しくしてくれます。また冬は色が寂しくなる季節ですから思いっきり派手なカラーの山ガールファッションで気分も上昇させましょう。

山ガールブランド

山ガールファッションのブランドはほぼ男性と変わりありません。そんな中に可愛い女性用がありますので、あなたのファッションコーデ次第で幾とおりものファッションコーデを楽しめます。それぞれのブランドには特徴があります。山ガールファッションの一部にチョイスするといい商品のご紹介をします。

モンベル(mont-bell)

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。