Search

検索したいワードを入力してください

イヤホンジャックの掃除方法|綿棒/ボンド/エアダスター/エタノール

Author nopic iconやなみす
カテゴリ:ガジェット

更新日:2020年08月29日

イヤホンジャックの掃除方法|綿棒/ボンド/エアダスター/エタノール

イヤホンジャックのお掃除は大事なメンテナンス!

イヤホンジャックのホコリやよごれ、気にしていますか?

イヤホンはスマホや音楽プレイヤー使用者には必須のアイテムです。通勤・通学時やちょっとした空き時間のヒマつぶしにはかかせないアイテムです。

耳につけるイヤホンのお手入れについては気にしている方も多いと思いますが、そのイヤホンを使うためにはかかせないパーツ、イヤホンジャックについてはいかがでしょう。イヤホンと同じように、イヤホンジャックにもお掃除・お手入れが必要となります。

掃除しないとどうなるの?

イヤホンジャックのお掃除をしていないと中にホコリやちいさなゴミなどがたまってしまい、接触不良から雑音が入るようになる・音が聴こえなくなる等の不具合が出てきてしまいます。イヤホンから聴こえてくる音の調子が悪いとき、原因はイヤホンじゃなくて、イヤホンジャックの方にあるのかもしれません。

ホコリも少しの内はお掃除で対応できますが、放置しておくとイヤホンジャック故障の原因になってしまいます。例えば、スマホを保証外で修理することになると、その金額は3万円近くかかってしまうこともあります。そうならないように、日頃からお掃除をして良好な状態にしておきましょう。

イヤホンジャックのお掃除方法をご紹介!

綿棒を使ったお掃除方法

綿棒をイヤホンジャックの中に入れ、内部を軽くこするようにして汚れを取り出す方法です。注意していただきたいのは、通常サイズのものを使用しない、ということです。一般的なサイズのものはイヤホンジャックに入れることはできません。無理に入れてしまうと、イヤホンジャックの故障の原因になったり、綿棒の綿部分がつまってとれなくなってしまいます。

イヤホンジャックのお掃除をするときは「細軸綿棒」を使うようにしましょう。あまり耳にしない商品ですが、ホームセンターには工業用、ドラッグストアにはベビー用として、この細軸綿棒が販売されています。他には無印良品の細軸綿棒がを集めています。

本来の用途である耳掃除はもちろん、キーボードのお掃除やお化粧にも使いやすい細軸綿棒は、手元にあればいろんな場面で活躍してくれるでしょう。

爪楊枝を使ったお掃除方法

爪楊枝をイヤホンジャックの中に入れ、内部のゴミを取り除く方法です。爪楊枝は先が尖っているため、ティッシュやガーゼで先端を包み、あまり力を入れずにお掃除すると良いでしょう。

ティッシュやガーゼの繊維がイヤホンジャック内部に残ってしまうと、それが接触不良の原因になり、かえって音が聴こえなくなってしまうので注意が必要です。

エアダスターを使ったお掃除方法

エアダスターは、パソコンなどの精密器械の掃除によく使われます。一般的なものはスプレーに細いノズルを取り付け、そこから吹き出す風を使って、細部に入り込んだゴミやホコリを吹き飛ばします。イヤホンジャックからノズルを離して、たてた状態で風を送り込んでゴミを飛ばしましょう。

パソコン内部にも使用できますが、そのときは電源を抜き、念のために時間を置いてから使用しましょう。スマホに使用するときは、電源を落としてください。また、エアダスターは横・逆さにしたり、しばらく吹きかけ続けると冷却液が出てきて、霜が付いてしまいます。必ずたてた状態で使用しましょう。

アルコールを使ったお掃除方法

まずエタノールとアルコールについて簡単に説明しましょう。エタノールとはアルコールの一種ですが、一般的に「アルコール」というとエタノールのことを言います。このエタノールもその使用目的によって、エタノールの濃度やその他の成分量が変わってきます。

私たちがよく目にする一般的な消毒用アルコール、もしくは掃除用のアルコールを使ってのお掃除ですが、こちらはできる方法ではありません。アルコールは水が入っているため、イヤホンジャックから本体内部にまで流れ込んだ場合、本体が故障する危険があります。

スマホやパソコンのイヤホンジャック掃除に使用する場合、次にご紹介する無水エタノールを使用しましょう。

無水エタノールを使ったお掃除方法

スマホやパソコンなど精密機械のイヤホンジャックを掃除する場合、無水エタノールを使用しましょう。無水エタノールは名前の通り水が入っておらず、その純度は99.5%です。揮発性が高く、すぐに蒸発してしまいます。イヤホンジャックの他にも、窓ガラスのお掃除やシールの除去などにも使うことができます。

イヤホンジャックのお掃除をするときは、細軸の綿棒にエタノールをつけて、内部をやさしくなぞってください。エタノールは汚れを取り除くためのものなので、使用する前にイヤホンジャック内のほこりを除去しておきましょう。

この無水エタノールですが、取り扱いには注意が必要です。先にご紹介したとおり、無水エタノールは純度・揮発性が高い液体です。使う場合は必ず換気を行い、火の近くで使用しないようにしてください。

また、エタノールは化粧水にも入っている成分ですが、この無水エタノールは純度の高さのため、肌に悪い影響を及ぼすことがあります。ゴム手袋を使用するなど、直接触れないようにしましょう。

ボンドを使ったお掃除方法

ボンドを使った掃除は主にネットで広まった方法ですが、こちらもアルコールと同じように、できる方法ではありません。

やり方は、イヤホンジャック内にボンドと、引き抜くときの持ち手用に一緒に爪楊枝を入れ固まったら引き抜くというものです。この方法では、ボンドがイヤホンジャックから本体に流れて故障の原因になったり、ボンドのカスが残って接続が悪くなるなどのトラブルが起こる可能性があります。

他にも、ボンドを引き抜くときにイヤホンジャックが一緒に抜けてしまう、なんてことも考えられます。そうなってしまうと、修理に出さないと直すことはできません。

イヤホンジャックのほこりの掃除方法は何がいいの?

初回公開日:2017年10月01日

記載されている内容は2017年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。