Search

検索したいワードを入力してください

指を組む心理と指を組む癖がある人の心理・性格・心理テスト

Author nopic iconみずにゃん
カテゴリ:人の心理

更新日:2020年07月07日

指を組む心理と指を組む癖がある人の心理・性格・心理テスト

指を組む心理と指を組む癖がある人の心理・性格・心理テスト

人の本心や性格というものは、隠そうとしても隠せるものではありません。普段、無意識にとっている仕草からその人の心理がわかります。今回は、指を組む心理と指を組む癖がある人の心理と性格をご紹介します。

指を組む心理

指を組む仕草は、精神的に不安定な状態の現れです。例えば緊張して落ち着かないとか、どうしようかと悩んでいる、よく考えたいなどの状態を示します。そして、そのような不安定な状態の自分を、指を組むという仕草によってバランスをとっています。自分の感情をコントロールしている、あるいはしようとしている状態です。

机の上で指を組むという仕草をする場合があります。これは今から聞く話や話す相手に対して何かしら期待をしている、つまり好意的な心理が働いている仕草です。また何か考え事をしている時にも指を組む仕草をします。

寝てるとき

寝てるときに指(腕)を組んで寝ている人は、日頃の不満を抱え込んでいると考えられます。その不満を胸の上で指(腕)を組み胸の緊張を和らげることで不満を逃がしているのでしょう。そして不満を逃し、深い眠りを得ようとしています。

寝相・寝方

起きている時は、人に自分を良く見せようと装ったりするものですが、寝ている間は違います。寝ている間はまさに無意識の状態です。寝相・寝方には、その人本来の性格があらわれます。

寝ている間は隠された本当の自分が現れますが、それを自分の目で見て確認することはできません。自分がどのような寝相・寝方をしているのか、家族や身近な人に頼んでチェックしてもらいましょう。それによってあなたの知らないあなたの深層心理がわかります。

祈るように指を組む

神さまに祈りをささげる時のように指を組む場合は、何かをお願いしたい時、何か相手に対して期待をしている時の仕草です。

手を後ろで組む

人の話を聞くときなどに頭の後ろで指を組む人がいます。これは、リラックスしていることを現しています。なぜなら、後ろに両手の指を組む姿勢でいる間は突然のトラブルが起きても対応できません。つまりこの場では、突然のトラブルなどは起きるはずがないと思っているからです。

腰の後ろで両手の指を組む

腰の後ろで指を組む場合があります。これは、相手を警戒している現れです。仕草は、話す以上にその人の心理を読み取ることができます。手の仕草から自分の心理を読まれないよう無意識のうちに隠しています。

手を握らず指は緩めて

手の指を組むときに力を入れず、指を緩めて脱力しているようにしている場合は、リラックスしています。相手も話をスンナリと聞いてくれるでしょう。特に女性が話しながら手を握らずに指を緩めているようなら、自分のペースで話せていると感じています。

指を組む以外の寝相が教える性格

人は、いろんな形で眠りにつきます。寝ている時は、誰もが無防備です。人に良く見せようなどと考え装う事などできない無意識の状態です。寝相によってその人の性格がわかります。さまざまな寝相からわかる性格をご紹介します。

横向き

横向きに眠るという方は左右どちらを向いて寝ているでしょう。横になる方向は、利き手が関係しています。右利きの人は右が下になり、左利きの人は左が下になって眠ります。

横向きになって眠る人は常識的な人です。社会との適応が上手くいっている人に多く見れる寝相です。

うつ伏せ

うつ伏せで眠る人は保守的な人です。大切な何かを身体で守っているのでしょう。どちらかというと消極的で神経質タイプです。また時間に正確な面を持っています。

初回公開日:2017年10月21日

記載されている内容は2017年10月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。