Search

検索したいワードを入力してください

食費節約の方法とコツ・食費節約レシピ|一人暮らし/夫婦

Author nopic icontotoro
カテゴリ:節約

更新日:2020年08月29日

食費節約の方法とコツ・食費節約レシピ|一人暮らし/夫婦

食費節約の方法・コツ

食費を節約する、一見難しそうですが実はそうではありません。工夫や手間を惜しまなければ食費を節約することができます。もちろん、ひもじい思いをしてまで節約するのではありません。知恵とアイデアを絞って節約するのでお腹もお財布もほっこりします。

節約の基本はもちろん自炊です。外食するとその1食分にかかったお金は、自炊の3食分くらいのお金に匹敵します。すこし外食を控え食費節約に目を向けてみましょう。またお酒が大好きな人もお酒を続けながら食費を節約することも可能です。賢く、楽しく節約し毎日の食事を楽しみましょう。

具体的にどのように食費節約するのかテーマ別にみていきます。一人暮らしからファミリー層まで、それぞれに合った節約の方法を紹介していきます。

一人暮らし

食費を節約するためには、食材の値段の安いお店を利用することが大切です。値段の安い店をいくつか把握しておけば効率よく食費を購入することができるので食費節約につながります。業務用スーパーは価格設定が全体的に安めなのでです。

一人暮らしの人にな食費節約のための買い置き食材を紹介します。冷凍うどんは200g×5食で130円前後の価格です。またパスタも比較的安い価格ですので常備しましょう。小麦粉も優秀なコスパ食材です。パンを作ったり、クッキーを作ったり、ナンを作ったり、バリエーションはさまざまです。まとめ買いをして賢く活用し食費節約を心がけましょう

夫婦二人

夫婦二人の場合も、もちろん、自炊が前提になります。食材を安く買うことは当然ですが、醤油、砂糖、油など、長期的に保存ができる調味料類は大きいサイズのものでそろえて、こまめ買いをしないようにします。小さいサイズだとすぐになくなってしまいます。他の調味料となくなる時期が一緒になってしまい、結局買うものが増え、食費節約どころかかえって支出が増えてしまいます。

業務用スーパーを賢く利用しましょう。だしの素やコンソメは粉で1kg買い、醤油や油は大型サイズを買うようにしましょう。お米や調味料をまとめて買う時期は、前もって計画しておくようにし、その分の出費は別に分けておくようにします。

子供がいる場合

子供がいる家庭の食費節約方法は、基本的に夫婦二人の場合と変わりありません。ここではお米に注目します。食べ盛りの子供がいるので、お腹いっぱい食べさせてあげたいですし、量を減らすなんてご法度です。そこで登場するのが小麦粉です。

小麦粉は安価なのに、使い道が色々あって魔法の食材です。お米を食べる機会を減らしてその代わりに小麦粉でパンやナンを作って食べるようにして、積極的に食費節約しましょう。

また、あまりにも安いお米には注意してください。安すぎるお米は少し冷めただけでパサパサになってまずいです。お米の価格は一般的に5キロで2000円程度です。この価格が標準ですので参考にしてください。

本当は、10kgのお米を買った方がお得で食費節約につながるのですが、新鮮さも大事です。冬場は10キロ買いしても大丈夫ですが、夏場は5キロを買って、使いきったらまた5キロを買うという形が良いでしょう。

食費節約レシピ

夫婦2人分の食費節約レシピ

ミートソーススパゲティ

夫婦二人分の食費節約レシピを紹介します。肉類の中で安価に手に入るのが挽肉類です。挽肉は余っても冷凍保存できるのでとても便利です。ひき肉を使った節約レシピの代表格はミートソーススパティです。

レシピの中にホールトマトとありますが、ホールトマトも業務用スーパーでまとめ買いするとお得です。賞味期限も長いので買い置きしておきましょう。

チキンカツ

鶏むね肉は、もも肉より安価でヘルシーですので食費節約食材として大変です。チキンカツは鶏肉を2~3時間漬け込む作業が必要になるので時間に余裕がある時に下ごしらえしておきましょう。

初回公開日:2017年11月05日

記載されている内容は2017年11月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。