Search

検索したいワードを入力してください

コンビニで買える菓子折り11選【安くてすぐ買える】

Author nopic icon0413nao
カテゴリ:プレゼント

更新日:2020年09月19日

コンビニで買える菓子折り11選【安くてすぐ買える】

コンビニで菓子折りは買える?

多くのコンビニでも、菓子折りは買うことができます。レジ後ろの棚に陳列している場合が多くコンビニによってその種類はまちまちですが主流はおせんべいやクッキーの詰め合わせの場合が多く、価格は1000円前後から置いてあります。

ビジネスシーンで急に菓子折りを用意しなければいけない時や、菓子折りを準備していなく近くに菓子おりを買える店舗がなかった場合も、コンビニでしたら比較的簡単に見つかりやすいので、便利です。

菓子折りの選び方

菓子折りとは挨拶のおまけの品物です。菓子折りに使えるものについてははっきりとした決まりはなく、場面や相手との関係によって変わります。

簡単な挨拶の場面ではコンビニのお菓子でもいいですが、冠婚葬祭のようなフォーマルな場所でコンビニのお菓子を渡すのは、ひんしゅくを買ってしまうでしょう。

コンビニなのか専門販売店なのか、購入場所についても事前にしっかり検討しておきましょう。

菓子折りの選び方1:相場

菓子折り相場は大まかに2000円から1万円くらいです。幅広くなっているのは、菓子折りを出す場面がさまざまあるからです。

簡単な挨拶やお礼の場合は2000円から3000円程度が相場で、高くても4000円を超えることはなかなかありません。一方謝罪の際の菓子折りはもっと高く、5000円から1万円ほどになっています。

コンビニでは800円から3000円くらいのお菓子を買えます。安くて美味しいお菓子を探しましょう。

菓子折りの選び方2:コンビニ菓子折りは買うのが簡単

菓子折りを買う場所としては、和菓子の専門店のようなところから百貨店やデパート、スーパーまで、さまざまな選択肢があります。もちろんAmazonのようなサイトで買うこともできます。

そんな中、コンビニで菓子折りを買うメリットはどんなものがあるでしょうか。コンビニの菓子折りを選ぶメリットは、やはり安いこと、そしてどこにでもあるため簡単に買えるということがあります。

菓子折りの選び方3:コンビニのロゴのないものを選ぼう

コンビニでお菓子を選ぶ際に注意しなければいけないのは、それがコンビニで買ったものだとバレてしまうことです。入社の挨拶のときの菓子折りがコンビニのものだとバレてしまうと、人によってはケチくさいやつだと思われてしまう可能性があります。

また、時間がなくて謝罪に行くのにコンビニの菓子折りを買ってしまった場合は、バレると余計に怒らせてしまいます。コンビニ菓子折りを買う場合は、すぐにそうとわかってしまうロゴ入りラッピングのものは避けましょう。

菓子折りの選び方4:結婚式や葬式にコンビニ菓子折りはやめよう

先述の通り、菓子折りの相場は場面によって変わります。中でも冠婚葬祭や謝罪のときの菓子折りは価格が高くなります。このような場面でコンビニの菓子折りを渡すのは失礼になりますし、なにより重要なイベントのときには、それなりの物を渡すべきです。

結婚式だけでなく、彼氏や彼女の身内の弔事の後に実家に行く際のお供えものになる菓子折りなどは、コンビニではなくしっかりとした店のものを選びましょう。

コンビニの菓子折り

ここからは、菓子折りとして、コンビニ商品をご紹介していきます。コンビニでもしっかりとした見た目のお菓子は買えるので、ぜひ探してみてください。

羊羹・煎餅・クッキーなど、菓子折りにおなじみのものは大体コンビニで買うことができます。どこで買うか迷ったら、一度行ってみてください。

コンビニで買える菓子折りにお菓子
  1. コロンバンビスキュイ
  2. ハイセレクション
  3. コロンバンの焼きショコラ
  4. 水ようかん詰め合わせ
  5. 湖水のそよ風
  6. 穂の香は
  7. ビーナスストーリー
  8. 草加煎餅詰め合わせ
  9. サンフィガロ
  10. ジュエリースイーツ
  11. アントステラクッキー

コンビニの菓子折り 1.コロンバンビスキュイ

コロンバンビスキュイは全国のセブンイレブンで購入できる、個別の袋クッキーの詰め合わせです。24個セットと33個セットの2種類があるので、人数によって使い分けましょう。

33個のほうがクッキーの方がクッキーの種類が多いです。また、専用の袋があり、コンビニ商品でありながら菓子折りとしてそのまま持っていって渡しても恥ずかしくないようにできています。

日持ちもするのでハズレもないでしょう。

初回公開日:2017年11月19日

記載されている内容は2017年11月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。