Search

検索したいワードを入力してください

【髪型別】黒髪のハイライトの入れ方・色・ローライト

Small 20ffcb6d 5d8c 45b9 82a0 712db484aaf5かの
カテゴリ:ヘアスタイル

更新日:2020年08月21日

【髪型別】黒髪のハイライトの入れ方・色・ローライト

髪型別黒髪のハイライトの入れ方とは?

ハイライトとは、ヘアカラーリングにおいてベースである色味に対して、ブリーチやカラーリング材を使い部分的に明るい部分を作り出すことです。

そして全体的に立体感を作り出す手法で、ハイライトでポイントカラーリングをした髪の毛は、周りの髪よりも引き立ってくれるので、髪色全体が少し明るいトーンになります。重くなりがちな黒髪であったも、ハイライトを上手に入れることで動きが出て、軽い印象を与えることが可能となります。

モデルのミランダーカーさんや海外セレブではハイライトはおなじみです。外国人風のヘアカラーリングにしてくださいというオーダーが増えたのもこの影響でしょう。最近では日本の若者を中心に大で、ミセス層には白髪をぼかすカラー手法として注目されています。

ハイライトが日本での理由には、地毛が黒髪が多く、外人のような柔らかさのない硬くい髪質。猫っ毛といわれるような柔らかさ髪質が少ない日本人の髪に、透明感と抜け感を与えたうえに、おしゃれでこなれた印象に見せてくれるからでしょう。

髪質をしっかりと見極めてもらってから、ブリーチを使うのかハイトーンのカラーリングでいけるのか美容師さんに確認をしましょう。ダメージ毛でのブリーチは復活不可能となります。要注意です。

ボブ

「ボブ」とは前髪をそろえ後ろ髪を短めに切りそろえた髪型で、アゴから肩までの長さのことです。

立体感のあるハイライト

太目のハイライトを表面に出るギリギリのラインで入れてもらうことで、大人っぽい立体感のあるスタイルに仕上がります。短い髪の毛でも動きが演出でき綺麗な印象を与えます。表面にあまりハイライトを作ると色味が抜けたときに、黒髪なのでより金髪が強調されます。上手にバランスを見てもらうのがポイントです。

無造作スタイルに3Dカラーリング

無造作にレイヤーのたくさん入ったボブにスタイルです。くしゃくしゃっとスタイリングを普段されている方でも黒髪だと動きに変化が感じにくいです。そんなときはハイライトを細かく重ねて入れてもらいましょう。綺麗な艶と立体感が光ります。

金髪だけでは黒髪なのでゴスロリ系に近づいてしまうので、ちゃんとブリーチ後にアッシュなどの色味はいれてもらいましょう。こちらも色が抜けたときに金髪が目立つことのないように、表面に出過ぎないようにバランスを見てもらうことが大切です。

フェイスラインのハイライト

前髪を重くデザインしている方にハイライトです。黒髪でも顔周りだけにハイライトを入れるだけで遊び心のあるラフ感と、重くならないおしゃれ感が引き立ちます。

こちらはハイライトを太目に数本入れても、細く連続で入れてもかわいいスタイルですが、表面にですぎず、黒髪とかぶるくらいの位置にいれると、より立体感が引き立ちます。

ロング

「ロング」とは一般的に脇の下より長い女性の髪型を指します。

職場で目立たないハイライト

カラーリングの色味制限のあるOLさんや、目立ちすぎるハイライトはちょっと抵抗があるという方にハイライトです。

ベースが黒髪のロングなので14トーンくらいの一番明るいハイライトを使うと良いでしょう。ブリーチまではしなくてよいです。色味が抜けたときに金髪になって結局目立ってしまう可能性が高いです。細かく筋状のハイライトをたくさんいれて馴染ませることで、ロングの髪の毛をかき上げたとき、毛流れがとても綺麗で大人の女性感を演出してくれます。

デザインハイライト

黒髪ロングの重い印象を少しでも軽やかに、そしてアイロンやコテで巻いても生きるハイライトの入れ方です。ブリーチを使ってホイルワークをしていきます。ホイルに包まれた部分以外はダメージがないのもアイロンやコテを日ごろ使う方にはポイントになります。

太さは個人の好みで構わないです。顔周りに多めにほしかったり、バックは馴染ませるように細めのハイライトを細かく入れてもいいでしょう。ただし、全体のバランスがおかしくならないように美容師さんのセンスも大切になってくるハイライトです。

ハイライトとグラデーションカラー

とてもの外国人風ハイライトの定番はグラデーションカラーであったり、細かいハイライトをひたすら入れるスタイルです。

上からのせるダブルカラーのアッシュのセレクトも重要になってくるので、黒髪の場合暗すぎない色を深めに入れてもらい1週間後に綺麗な色味が出てくるくらいが長持ちのポイントになるでしょう。比較的ダメージは大きいので覚悟をしておいて、日頃のケアもしっかりしましよう。

全体に細かいハイライトを入れて、毛先にはグラデーションカラーを施します。
ハイライトというのは、毛先にいく程先細りになりがちなのですが、毛先をグラデーションカラーで染めることで明るさを補うことができます。そしてより外国人に近い自然なグラデーションが作りだすことができます。

色味もすぐに落ちてきて派手になりやすいので、頻繁に色味だけ美容室に入れてもらいにいくと綺麗に保てます。それを怠ると黒髪に金髪多めで少し派手な印象になります。

セミロング

「セミロング」とは概ね肩に触れる程度から脇の下までの長さの髪型のことです。案外長いなと感じる方も多いのではないでしょうか。

ボヘミアンハイライト

黒髪のセミロングになると、少し重たい印象が強くなってきます。そこにハイライトを入れることで軽さを演出していきます。ブリーチを使わずに(どうしても上がらない方はカラーリング材にブリーチ材を少し混ぜてもらうと良いでしょう)ベースの黒髪より2~3トーン明るいハイライトを筋状に細かく入れると立体感が、そして束感も演出してくれます。

パーマスタイルのハイライト

ランダムなウェーブをつけて黒髪であっても少し軽やかなデザインにしておきます。パーマのカールに合わせて顔周りにハイライトをグラデーション風にいれていくと、少し個性派でおしゃれなスタイルに変身します。

ミディアム

初回公開日:2017年11月25日

記載されている内容は2017年11月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。