Search

検索したいワードを入力してください

大食いのコツ・痩せの大食いのメカニズム・大食い大会

Small 33c06fb9 f39c 4805 ae15 f3b68e7ea71aemi
カテゴリ:雑学

更新日:2020年08月29日

大食いのコツ・痩せの大食いのメカニズム・大食い大会

大食いのコツとは?

大食い対決や大食い選手権、バラエティー番組で大食いタレントが活躍するなど、何かと目にすることが多くなった「大食い」ですが、どうしてあんなにたくさんの量を食べられるのだろう、何かコツがあるのでは、と思ったことはありませんか。

大食いメニューを提供する店では、「○○分以内に完食できれば無料」としているところもあり、中には賞金や食事券などをもらえる場合もあります。大食いのコツがあれば自分もチャレンジしてみたい、食費が浮くかも、と考えたことはありませんか。大食いタレントやフードファイターなどが行なっているコツを見ていきましょう。

咀嚼しないで飲む

大食いのコツでまず挙げられるのは、「咀嚼しないで飲む」ことです。咀嚼することで、満腹信号が脳に伝わるのが早くなるので、それを避けるために、大食いをする人、フードファイターなどは、咀嚼しないで飲むようにしています。満腹を感じる前にできるだけ食べ物を詰め込むようにしています。

「カレーライスもホットドックも飲み物です」という大食い世界の名言(迷言)もあります。

ただし、咀嚼せずに飲むのには、危険が伴います。食べ物が喉に詰まらないように、大食いの人は練習したり、上手く飲み込むコツをそれぞれ持っています。

水分をとらない

食べ方を工夫する

食べ方を工夫することも大食いの重要なコツです。例えばラーメンなど麺類は、スープを吸ってしまうと伸びてかさが増すので、先に麺から食べる、麺を別の器に移して食べたりします。

また、肉類は咀嚼をなるべく少なくするため、先に食べやすい大きさにひたすら切り分けてから食べるのもコツです。

ピザなどは二つ折りにして面積を減らし、さらに具の面を表にすることで油やチーズで飲み込みやすくするのもコツです。

ハンバーガーは、パンズとパティにばらして食べるのもコツです。そのままかぶりつくよりも効率的に早く詰め込むことができます。なるべく水分をとらないようにすることも大事ですが、パンやホットドッグなどは、水につけて柔らかくして飲み込みやすいようにしているフードファイターもいます。

さらに味が単調で飽きがこないように、調味料を持参している人も少なくありません。「味チェン」が効果的なコツのひとつになっています。

胃を広げる

大食いのコツで重要なことは、もうひとつ、「胃を広げる」ことです。そのために大食いタレントやフードファイターなどは普段から胃を広げるトレーニングをしています。

水を飲んで胃を広げるトレーニングをする

普段から水を飲んで胃を広げるトレーニングをしている大食いタレントやフードファイターも多いです。少しずつ飲む量を増やしていき、大量の水で胃を広げます。中には1回で3ガロン(12リットル)の水を飲んで胃を広げているフードファイターもいます。

自分に合った食べ物でトレーニングする

はじめは柔らかく飲み込みやすい食べ物から量を増やしていき、胃を広げるのも大食いのコツです。また、食べ物の種類によって、向き不向きがある人もいます。ラーメンなど麺類が得意な人、猫舌で熱いものが苦手な人など、大食いを目指すなら、自分にあった食べ物で胃を広げるトレーニングをするのもコツです。

胃の柔軟性も大事

胃を広げるだけでなく、胃の柔軟性、柔らかさも大食いのトレーニングでは重要です。胃は筋肉でできているので、鍛えることで広がるだけでなく柔軟性もアップします。

さらに、胃が柔軟性を上げることで、周りの内蔵を避けたりすき間を見つけながらどんどん広がっていきます。普通の人でも胃を鍛えることで、かなり胃が大きくなり大食いが可能になります。

大食いの前日に胃を広げておく

さらに、普段のトレーニングだけではなく、大食いに挑む前日にも胃を広げておくことが大事です。前日には、消化の良い食べ物を摂り、あらかじめ胃を広げておくのも重要なコツです。

「食べ放題にいくから前日から何も食べてない」と良く聞きますが、空腹で食べ物が入っていない状態では胃は縮んでいるので逆効果です。いくら空腹でもたくさんの食べ物が入らなくなっています。

自分の限界を知っておく

胃を広げるトレーニングをするのと同時に、自分の限界を知っておくことも大食いの重要なコツです。無理して詰め込むことで胃を痛めてしまうこともあります。少しずつ胃を広げるトレーニングを行ない、無茶をしないことも必要です。

痩せの大食いのメカニズム

初回公開日:2017年12月08日

記載されている内容は2017年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。