Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】スーツのかっこいい着こなし方法・スーツ

Small 316d4d63 0574 4423 a963 eec6a739ecb6えん。
【男女別】スーツのかっこいい着こなし方法・スーツ

スーツとは

スーツとは、男性なら上下共に同じ布から作り上げた揃いの洋服を指します。それと一緒にチョッキも同じ布から作り上げることもあります。女性なら、スカートと上着の場合とスカートとブラウスの場合があります。

日本では男性なら「背広」女性なら「スーツ」と言い換えることもあります。スーツは、公式の場(冠婚葬祭など)で着るフォーマルな洋服としてや、専門作業などでの作業着としても着られています。

19世紀の英国にて生まれたのが歴史の始まりとされ、アメリカでは仕事着として広まったため、「働く大人の仕事着」として親しまれてきました。それが今では、ファッションの一部として愛され、普段の服装にもスーツを着用する人が増えてきています。

男女別スーツのかっこいい着こなし方法

スーツとは今ではサラリーマンからOL、就職活動などでも着用されることが多い世の中で、どのような格好がかっこいいと思われ、どのような格好がダサいと思われているのでしょうか。

ダサい、かっこ悪いと思われているスーツの着こなしで一番多いのが「パンツのサイズが合っていない」です。これは、細身なのにパンツだけダボダボだったり、裾丈を軽く引きずっていると、ダサく見えてしまいます。

また「シャツが黄ばんでいる」「全体的に地味すぎる」なども理由として挙げられます。スーツのイメージは、やはりパリッとしてキッチリしているイメージが強いためか、よれよれなシャツや、黒×白で合わせているスーツだとかっこ悪いという印象が強いです。

では、どのようなタイプの人はどんな風に着こなせば、かっこいいスーツの着方になるのかを紹介します。

低身長

低身長だと「スーツは似合わない」と諦めている人が多いですが、少しのツボを押さえるだけでかっこいいスーツの着こなし方にできます。

ただ一式を買ってくるだけではダメです。しっかりと試着して、自分の背丈にあったパンツの裾丈、ジャケットの肩幅を選びましょう。そして何よりも、ポイントが相手の目線を自分の顔に持ってくることです。

「おしゃれは足元から」と良く言いますが、それだと低身長というものが邪魔してきます。ですが、ネクタイ・シャツ・ジャケットからなるVゾーンで攻めましょう。

また、小柄な人は派手目よりも、重量感のあるダークカラーを選びましょう。ネクタイは、無地やストライプといったシンプルなもので、シャツは無地のものを選ぶとかっこいいとは言えませんので、シャツはチェック柄や柄物を選びましょう。靴もベーシックな茶色か黒を選びましょう。アウターを悩む人も多いですが、ロングコートはNGです。

高身長

高身長の方は、やはりスーツもうまく着こなせていると感じているでしょうが、高身長でもダボダボのパンツや、肩幅があっていないジャケットを着ていれば「スーツに着られている」ように見えてしまします。

高身長の方に多いのは「細すぎる」ということです。細すぎると、ジャケットがどうしても合わないことが多いので、しっかりと仕立ててもらいましょう。かっこいいスーツの着こなしとしては、ジャケットパンツ共に大切になってきます。

カラーは、ライトなグレーやストライプといったものでも大丈夫ですが、あまりにも短いパンツの裾丈にしてしまうと、足首がもろに見えてしまうので注意しましょう。高身長で細身で小顔なら、ネクタイは無地やストライプよりも、チェックや太めのストライプを選ぶと良いでしょう。

また、高身長で肉付きが良く、丸顔ならネクタイは大人しめのカラーがかっこいい着こなしです。

細身体系

細身な人に一番注意してほしいのは、「ダボダボのスーツを選ばないこと」です。「細いから何でもいい」とは思わないでください。自分に合ったスーツでなければ、似合うものも似合いませんし、合っていないものを選んでしまうと、かっこいいからかけ離れていくことは確かです。

何も恥じることなく、しっかりと裾丈やパンツの太さ、ジャケットの肩幅を試着して仕立ててもらいましょう。細身だと、どうしてもジャケットとパンツのセットを買おうとして、中々合うものがないでしょうが、かっこいい着こなしをするため、店員さんに色々と聞くことも重要です。

細身の方は、ストライプやチェックのダークカラーのスーツがです。あまり派手すぎると、チャラついて見えてしまいます。派手目にするのは、ネクタイやシャツにしましょう。

ママさん

女性は結婚して子供を出産すると、数年後にはスーツを着ることになる人が多いです。もちろん、その時の流行りなどもありますが、押さえておくといいポイントというのは必ずあります。

子供の入学式や、卒業式などでかっこいいと子供に感じてもらえる着こなしのポイントとして、一番は「スーツのカラー」です。ピンクでも、淡い色のものを選びましょう。ブルーなどのスーツも今はありますが、青空のような鮮明な色よりも淡い色がベストです。

主役がどちらなのかというところが、重要なポイントです。また、自分の年相応のスーツを選びましょう。20代前半ならスカートは短くてもいいですし、フレアがふんだんに使っていても問題ありませんが、40代手前のママがひらひらのスカートをはいているより、落ち着いたストレートプリーツやタイトスカートがベストです。

男女別かっこいいスーツ

スーツといっても色んなスタイルがあります。「シングルスーツ」「ダブルスーツ」「スリーピース」の三つが一番良く目にするスーツです。

「シングルスーツ」は、前ボタンの配列が一列になっているジャケットのデザインのものです。「ダブルスーツ」は、前ボタンが二列になっているジャケットのデザインのものです。「スリーピース」は、ジャケット・ベスト・パンツの三点セットのものです。男性ならこの三つの中から選び、柄や色などを選びましょう。

女性は、ワンピース一体型やジャケットとパンツ(またはスカート)のものの中から選びましょう。ただ、女性の場合は就活や仕事着になら、ジャケットとパンツのものを選びましょう。ワンピース一体型は、どちらかというと冠婚葬祭の時をします。

では、これをふまえた上で、どう選べばいいのかを紹介します。

30~40代に

男性の場合

20代の頃は、そこまでスーツにこだわらなくてもいいですが、30~40代になればそこそこ稼いでいる状態を維持しているので、生地などにこだわることで長く着れるスーツを手に入れることができます。

また、30代男性が着こなすときにしたい色は、ネイビーとグレーです。また、ストライプ柄がベストです。ネイビーを選ぶときは、無地のネクタイとシャツでも問題ありません。ネイビーは落ち着いた色ですので、大人の気品を出してくれます。グレーだと大人の高級感を出しつつも、若々しく見せてくれるのでかっこいいと感じられるでしょう。

初回公開日:2017年12月15日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。