Search

検索したいワードを入力してください

バーの会計・一杯目・服装・席のマナー|人数/本を読む

Author nopic iconチルヲ
カテゴリ:ビジネスマナー

初回公開日:2018年01月31日

更新日:2020年07月24日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

バーの会計・一杯目・服装・席のマナー|人数/本を読む

バーの種類

一口にバーといっても、いくつかの種類があります。そこで、バーの種類について以下からご紹介していきます。

バーという響きには、大人の雰囲気が漂います。同じお酒を楽しむ場所でも、居酒屋とは違ったイメージがあります。バーと居酒屋が大きく異なる点は、主役がお酒だというところです。バーでは食事はあまり取り扱われていません。

行ったことがない人には少々敷居が高いイメージのあるバーですが、1人でゆっくりとくつろいだり、誰かと落ち着いて会話をしたりしながらお酒を楽しむには、最適の場所です。

オーセンティックバー

ホテルなどにある本格的なバーで、高級感があります。格式のある昔ながらのカクテルやウィスキーなどが置いてあり、食事はほとんど扱っていないところが多いようです。席はカウンターがメインであり、ボックス席が少ないのが特徴です。

ショットバー

比較的、店の数が多いバーです。お酒がメインなのはオーセンティックバーと変わりませんが、ドレスコードがなく、ずっとカジュアルな雰囲気です。気軽に入りやすく、初心者におすすめのバーになります。

ダイニングバー・カフェバー

お酒だけでなく、食事もメインであり、料理を楽しめるという特徴のバーです。お腹が空いた状態で行くのなら、ショットバーよりも、ダイニングバーやカフェバーの方が無難でしょう。

その他・趣味のバー

ジャズバーなどの音楽を楽しむバーや、競技を楽しむダーツバー・ビリヤードバーなどです。客の人柄や趣味に合った雰囲気のバーです。

バーで扱うお酒の種類

バーでは、日本酒からウィスキー、ハイボールなど、いろいろな種類のお酒を取り扱っています。しかし、せっかくバーに来たからには、ぜひカクテルをいただいてみましょう。

カクテルとは、お酒をベースにして、果汁などを混ぜ合わせて作る飲み物です。アルコール度数はカクテルによって違い、ノンアルコールカクテルもあります。

ショートカクテル

ショートカクテルとは、短時間で飲み切るカクテルのことを言います。氷などを入れずにグラスに注がれ、作り立ての冷たいうちに短時間で味わうカクテルです。

ギムレット、ホワイトレディ、マルガリータ、マティーニ、ダイキリなどがあります。

ロングカクテル

ロングカクテルは、ショートカクテルと逆で、長時間かけてゆっくりと味わうカクテルです。グラスに氷が入った状態のカクテルや、お湯割りのカクテルなどがこれにあたります。

カシス・オレンジ、カルーア・ミルク、スクリュー・ドライバー、ジン・トニック、カミカゼ、ホット・カンパリ、モヒートなどがあります。

バーでのメニューの頼み方は?

バーには、メニューを置いている店と置いていない店があります。メニューが置いてある場合は、その中から好きなお酒を頼みましょう。メニューが置いていない場合は、バーテンダーに相談します。

この時、「おまかせで」と言うのはやめましょう。バーテンダーは、バーに訪れた1人1人の客が、その人に合ったお酒の楽しみ方ができるように配慮しています。常連の客なら、その人の好みに合ったお酒を用意することが可能です。しかし、初めての客の場合、好みが分からないため、その人に適したお酒を振る舞うことができません。

バーテンダーに「甘いのがいい」「アルコール度数の弱いのがいい」など自分の好みを伝えて、注文を相談するのが正しいマナーです。

バーで1杯目を頼む時のマナーは?

バーで最初に頼むお酒は、アルコール度数の弱いお酒にするのがマナーです。初めからアルコール度数の高いお酒を飲むと、来て早々に体調を崩して帰らなければならなくなってしまう可能性があります。

最初の1杯目は、あまりアルコール度数の高くなく、どのバーにも置いてあるようなポピュラーなお酒を頼むと良いでしょう。おすすめは、ジン・トニックです。ロングカクテルですので、お酒をゆっくりと体に馴染ませることができる上、ポピュラーなカクテルですので、その店の味を知ることができます。体をお酒に慣らすという意味では、ハイボールもおすすめです。

バーの会計の時のマナーは?