Search

検索したいワードを入力してください

一周忌の服装のマナー・「平服で」と言われた時の服装・夏の服装

Author nopic iconsevathchan
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2018年03月14日

更新日:2020年03月08日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

一周忌の服装のマナー・「平服で」と言われた時の服装・夏の服装

一周忌の服装は喪服か平服か

一周忌の法要では、喪服や準礼装で参列するのが一般的です。しかし四十九日を過ぎると「忌明け」といって、その後の法要は故人へのお悔やみではなく、先祖霊や仏様になられた故人への仏事としての色合いが濃くなります。

そのため一周忌以降は、服装や法要も簡略化されています。喪服ではない黒やグレーの服でも構いません。ただし法要は色々な人が集まる儀式であるため、無難な礼服で参列しているケースが多いす。

一周忌の法要に招かれたら、特に指定のない場合は喪服で参列します。服装は周囲に合わせるのがマナーなので可能な限り、ともに参列する親族などに服装を確認しましょう。そのうえで「平服で」と決まれば、グレーや紺・黒などの地味な色の服装を心がけます。

一周忌での基本的な平服のマナー

まず「平服」とは普段着のことではありません。ですから一周忌法要で「平服で」と指定があった場合、ジーンズやTシャツ・派手な柄のシャツなどカジュアルすぎる服装や、女性の場合はミニスカートやショートパンツなど肌を露出する服装は好ましくありません。

基本的に黒・紺・グレーなどの地味な無地の服装で、男性はジャケットを着用します。女性はワンピースやアンサンブルなどで、ともにシンプルなデザインのものを着用します。また余計な装飾や、光るアクセサリーなどをつけないようにしましょう。

平服での参列とはいえ、一周忌法要は仏事にあたります。そのため葬儀やお通夜と同じように、殺生をイメージさせる革製品や毛皮、アニマル柄の服や小物などを身につけないようにします。また、髪型もおしゃれよりも清潔感を重視しましょう。

一周忌法要での男性の服装

男性が平服で一周忌法要に参列する場合、ジャケットの着用は一般的です。色は黒・紺・グレーなどの抑えた色合いで無地のものにします。3つボタンや細身のデザインなどは「遊び着」として認識されることが多いため避けましょう。

ネクタイやシャツもシンプルなものを着用します。シャツは白、ネクタイはグレーや紺などの地味な色にし、柄物は控えましょう。ネクタイは「ディンプル」などの、くぼみをつけるような結び方はせず、ネクタイピンも目立たないものにします。

小物については、靴や靴下は黒が無難です。かばんも黒にし、革製品などの着用を避けます。さらに一周忌法要なので、ベルトのバックルなども派手なデザインや光る素材は避けるようにします。

一周忌法要での女性の服装

一周忌法要に平服で参列する場合、女性も黒・紺・グレーなどの地味な色を着用します。一般的には無地のワンピースやアンサンブル、ツーピースなどを身につけます。特に女性の場合は「肌を露出しない」ことが大切です。

そのため平服の場合でも、スカートはひざより少し長めにします。ひざ丈ギリギリだと立ち振る舞いの時にめくれてしまうことがあるため、スカートを履くことに慣れていない人は特にひざ下5~10㎝くらいの方がいいでしょう。

ジャケットや上着の中に着る服も、キャミソールなど胸元の見えるものは避け、シャツやブラウスなどにしましょう。真珠のネックレス以外のアクセサリーはせず、化粧も控えめにします。

一周忌での服装は、おしゃれよりも清潔感が大切です。女性の髪型も高く盛るようなまとめ方や、長いままで垂らしたりせず、なるべく下の方で一つにまとめます。

一周忌は喪服っぽい服装でいい?

一周忌などの法要に平服で参列する場合、黒一色の服装はかえってマナー違反に見えることがあります。「平服で」と指定するのは、親族同士なので堅苦しいことをせずに故人を囲んで集まりましょう、といった施主の気遣いでもあるからです。

その時に一周忌だけど平服でいいのかと迷うと、施主が平服を指定した意味がなくなります。また平服の黒とは違い、喪服の黒は特殊な方法で染色した「スーパーブラック」です。そのため、喪服と一般的な平服を並べると黒の違いがすぐにわかります。

一周忌に限らず「喪服っぽいだろう」という理由で、黒一色の服装で参列するとかえって失礼にあたることがあります。そういった意味でも平服か喪服での参列か、参列する時には服装を確認する必要があります。

一周忌に使えるマタニティ用の服装

臨月を迎えた妊婦などは、一般的な喪服や平服が入らないことがあります。この場合はマタニティ用のスーツやワンピースを着用します。ただしフォーマルな場に使えるマタニティ用の服は手に入りにくく、一時期しか着用しません。

そのため一周忌までに余裕があるなら、レンタルサービスを利用するのも一つの方法です。また量販店や大きいサイズを扱う店舗などでは、フォーマルにも使えるゆったりしたワンピースが見つかることがあります。

いずれにせよ、一周忌ではマタニティ用の服装も、平服ならば黒・紺・グレーなどの地味なものにします。靴などは母体に負担のかからない、身につけやすいものにします。

服装によっては身体が冷えることがあるので、ジャケットの着用が難しければ伸縮性のあるカーディガンや、ストールなどを使用するようにしましょう。

妊娠中で一周忌法要を欠席する場合

一周忌の法要に招かれた場合、服装よりも母体の体調を考える方が大切です。状態によっては無理をせず欠席することも検討しましょう。妊娠中に一周忌の法要を欠席するのは失礼には当たりません。

一周忌の案内を受け取り、欠席を決めたら施主に連絡しましょう。法要での会食や引き出物の手配をしていることがあるため、連絡は早めにします。その後で家族と連名にして香典を包むか、個別に香典を郵送するなどして対応します。

子どもの制服が派手な場合、一周忌の服装はどうする?

一周忌に「平服で」と言われた場合、一般的には子どもの服装も大人のマナーに準じます。黒・紺・グレーなど地味な色のフォーマルウェアを着用し、シャツやブラウス・靴下は白にします。入学・入園式での服装をイメージすると分かりやすいでしょう。

制服がある場合は制服を着用します。しかし学校や幼稚園のなかには赤いジャケットなど、華やかなデザインのものが少なくありません。そういった場合も学校指定の正装であることから一周忌に着ても問題ありません。

気になるようなら事前に施主に相談するといいでしょう。その上で制服ではない服装をするなら、上着のボタンは金などの光るものは避け、靴は黒いものを着用します。また髪型も長い髪は一つにまとめ、カラフルな髪飾りは避けましょう。

幼児や赤ちゃんの一周忌での服装