Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】服を簡単にリメイクする方法|バック/ビジュー

Author nopic iconmasakanomarble
カテゴリ:コーディネート

更新日:2020年08月21日

【特徴別】服を簡単にリメイクする方法|バック/ビジュー

服を素敵な小物にリメイクしよう

最初に服を小物にリメイクする方法をご紹介します。お気に入りの服、思い出のある服、傷んでしまってもバックやクルミボタンにすれば、また使うことができます。

ジーパンでつくるトートバッグ

サイズが合わなくなったり、なんとなく着なくなってしまったジーパン、どこの家にも一着くらい眠っているのではないでしょうか。丈夫なジーパンはの生地は重いものを入れても大丈夫、大き目のトートバックにリメイクするのにピッタリです。

作り方

使うのはジーパンのウエストから太ももの部分までです。太ももの部分から下は切りとって縫い合わせ、ウエスト部分をバックの口にします。プリント柄の入った子供用のジーパンなどで作っても可愛いバックになります。なんとなく元の形がわかるデザインも素敵です。

縫うのが簡単な四角いポーチ

着なくなったスウェットやキャラクターのトレーナーなどをリメイクして、ちょっとそこまでのお出かけに便利なポーチを作りませんか。モコモコのファーの服も裏に、芯を貼れば素敵なポーチが縫えます。

作り方

見た目難しそうなポーチですが、意外と簡単にリメイクできます。生地は服を広げて、大きくとれそうな部分を四角く切ります。縫うのも切るのも直線なので、初心者さんでもあまり難しくないでしょう。

可愛い模様の生地はクルミボタンにリメイク

小花柄のプリント、おしゃれなチェック柄に、レトロな水玉柄など可愛い模様の服は、捨てる前にクルミボタンにリメイクしましょう。クルミボタンのキットは百均でも購入できますし、短時間で手軽に作ることができます。

作り方を簡単にご紹介します。クルミボタンのキットは外側と内側の2個に分かれています。服は丸くカットしてクルミボタンの外側をくるみます。くるんで余った布は内側にまとめて、そこに内側のボタンを被せます。

セーターはフェルト化して

縮んでしまったニットの服もフェルト化すれば、いろいろなものにリメイクできます。ゴシゴシこすってフェルトにすれば、切りっぱなしで使えるので便利です。コースターやランチョンマット、ポーチや携帯ケースなど、素朴な味わいの可愛らしい小物になります。

フェルト化させる方法

何度も洗濯機を回さなくても、フェルト化する方法を動画でご紹介します。フェルトは羊毛が熱や摩擦などで縮ませて作るので、フェルト化リメイクにはウールの服を使ってください。

初回公開日:2018年03月11日

記載されている内容は2018年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。