Search

検索したいワードを入力してください

相手の立場に立って考える例・ことわざ・熟語・長所なのか

Small 3903df03 5f85 4ab9 b361 f54d387b355a糧子
カテゴリ:人間関係

更新日:2020年06月05日

相手の立場に立って考える例・ことわざ・熟語・長所なのか

「配慮」は心をくばること。心づかいを意味します。用例としては「配慮に欠ける処置」「当事者の気持ちを配慮する」などがあります。

「慈悲」

「慈悲」は仏・菩薩の衆生をあわれむ心を表し、楽を与える「慈」と苦を除く「悲」とを表します。またいつくしみ、あわれむ心。情け深いことを意味します。用例としては「慈悲の心」「 慈悲を乞う」「 慈悲を垂れる」「お慈悲でございますからお見逃し下さい」などがあります。

四字熟語の例

次に「相手の立場に立って考える」内容の四字熟語をみてみましょう。四字熟語とは日本において漢字4文字で作られた熟語です。探してみると心があたたかくなるような言葉がたくさんあります。皆さんも楽しみながら好きな言葉を探してみてください。

「先意承問」(せんいじょうもん)

「先意承問」とは、相手の気持ちを先に察して受けとり、その要求を満たしてあげることを言います。

「阿諛追従」(あゆついしょう)

「阿諛追従」とは、相手に気に入られるために、お世辞を言ったり相手の言うことに従ったりして機嫌を取ることを言います。「阿諛」は気に入られるために機嫌を取ること。「追従」は逆らわず言うとおりに従うことを意味します。

「遠慮会釈」(えんりょえしゃく)

「遠慮会釈」とは、他人のことを考え、控えめな態度で接することを言います。「遠慮」は控えめにすること。「会釈」はおじぎをして挨拶するということを意味します。このことから、他人を思いやることを言います。否定の語句をつけて、強引に物事を行うことを批判するときに多く使われます。

「惻隠之心」(そくいんのこころ)

「惻隠之心」とは、他人を思いやったり、同情する心のことを言います。「惻隠」は人をいたわったり、思いやることを意味します。孟子の性善説の四端説の一つで「惻隠の心は仁の端なり」を略した言葉です。また「惻」は憐れむ「陰」は自らいたく感ずるをあらわし、憐れみや思いやりの心を意味します。

相手の立場に立って考える方法は?

相手の立場に立って考えることは簡単ではありません。ではどうしたら相手の立場に立って考えることができるのでしょうか。今回、数ある方法の中からわかりやすい方法をピックアップしました。皆さんも自分に合った「相手の立場に立って考える方法」を見つけてみてはいかがでしょう。

相手と自分を置き換える

『店員を例に相手の立場に立って考える』でも少し触れましたが、相手と自分とを置き換える事は相手の立場に立って考えるとき、とても効果的な方法になります。相手の役を演じて疑似体験してみることも1つですが、ここではひとりでもできる簡単な方法を紹介します。

やり方はただ「相手と自分とを置き換えて想像してみる」だけです。想像することが難しいときには目をつむってみると集中力が増し想像しやすくなるので試してみてください。気づいていなかった相手の気持ちにふと気がつき慌てて反省するなど、相手になってみないとわからない発見がきっとあるでしょう。

このように少し想像してみるだけで、次にその相手と対面した際違った見方ができることもあるので、ぜひ気軽にこの方法を取り入れてみてください。

相手と会話を楽しむ

想像するだけでは、相手の立場に立って考えることには限界がある。そう感じたときには、やはり直接接することから相手の理解を深めるとよいでしょう。相手と会話を楽しみながら、また機会があれば食事や行動を共にして関係を築いていきましょう。直接目を見て話をすることは相手の考えていることを知るうえでも相手の立場を理解するうえでもよい方法でしょう。

しかし相手によっては直接接することが難しい場合もあります。そのときはよく観察をしてみてください。話す機会をなかなか持てない相手だったり、苦手意識があったりする相手でも観察をしていると、ちょっとした仕草や行動から発見が得られることがあります。あまり深く考えすぎずに試してみるとよいでしょう。

相手の立場に立って考えることは長所になるのか?

初回公開日:2018年03月11日

記載されている内容は2018年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。