Search

検索したいワードを入力してください

自分を動物に例えるとという心理テスト・面接での答え方の例

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:人の心理

初回公開日:2018年03月09日

更新日:2018年03月09日

記載されている内容は2018年03月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自分を動物に例えるとという心理テスト・面接での答え方の例

自分を動物に例えるという心理テストは?

自分を動物に例えると何かという心理テストは意外に多く、どの動物に例えたかによってその人が心の中で臨んでいるもの、欲望を言い当てるものがあります。動物は占いにおいては大きな力、本能などの意味合いを持つ場合が多く、自分の心の奥底に眠る本能や野望などの意味で考えられていることが多いです。

そのため自分を動物に例えると何かに対して、「ライオン」と答えた場合は強さを欲していたり、プライドの高さなどを表していると言えますし、「犬」と答えた場合は周囲の人への忠誠や誰かに支配されたい欲求などを抱えていると言えます。

自分を動物に例えると何かはその人の本心を映し出すものですので、他にもさまざまな心理テストがあります。

自分を動物に例えるとの例は?

自分を動物に例えると何かというのは心理テストだけではなく、単純に友人同士の会話などでも話題として挙がることが多いです。これは自分がどの動物になりたいかではなく、自分自身の特徴を動物に当てはめてみた場合は何になるかを考えるものですので、自分を動物に例えると=好きな動物というわけではありません。

あくまで客観的に性格を判断して、どの動物に当てはまるかを考えるのが目的です。自分を動物に例えると何になるかを考えてみることで、自分を客観的に見ることができ、自分自身をさらに深くまで理解することができます。

また周囲の人に考えてもらうことで、他の人からは自分がどのように見えているのかがわかりますので、どのような動物の例があるかを知り、それにはどのような特徴があるのかを知っていきましょう。

カメ

自分を動物に例えるとの例としては、カメが挙げられます。カメはゆっくりと動くのが特徴であり、穏やかな人、物静かな人などが該当することが多いです。カメのようにのんびりとしていて、多少のことでは全く動じない肝の強さを持っている人もカメに例えられることが多いでしょう。

また童話のウサギとカメになぞらえて、着実に努力ができる人をカメとする場合もあります。どれだけゆっくりでも一歩ずつ歩を進めていき、諦めることなく努力をすることで勝利、成功を掴むことができたというイメージから堅実な性格を形容してカメという場合もあります。

自分を動物に例えるとでカメと答える場合はさまざまな意味がありますが、どれも好意的であると言えるでしょう。

自分を動物に例えるとの例としては猫が挙げられます。猫は気ままな振る舞い、自由などの印象から、自由人を指して猫と例えることが多いです。またマイペースでのんびりしていたり、意外に怖がり、寂しがり屋などの特徴から、それらの性格に当てはまる人を猫と例えることもあります。

猫はマイペースですし、気の向くままに行動しますので、人間で例えるなら自己中心的と考えられる場合もあります。そのため必ずしも好意的な意味であるとは限りませんので注意が必要です。

しかし、その自己中心さに振り回されながらもなぜか憎まれず、愛されるのが猫の特徴でもあり、周囲の人に愛される世渡り上手な人のことを例えて猫と言う場合もあります。

自分を動物に例えるとの例としては熊も挙げられます。熊には2パターンのイメージがあり、現実の強くて凶暴な熊とマスコットキャラクターとしての可愛いらしい熊です。前者の場合は凶暴な人間性や力強さなどを形容して熊と例えますが、必ずしも好意的な意味とは限りませんので注意が必要です。

後者の意味の場合は可愛らしいという意味で使われますが、それだけはなくおっとりしている、穏やかな様子などを指して例えられることが多いです。どこか間が抜けていたり、おっちょこちょいな様子を例えることも多く、いじられキャラで愛されている人が多いです。

自分を動物に例えると熊になる場合は、熊に対してどちらのイメージを持っているかによって意味合いが大きく違ってきます。

ゾウ

自分を動物に例えるとの例としてはゾウも挙げられます。ゾウは体が大きいので、体が大きくたくましい人を例えてゾウと言うことは多いです。またゾウは優しい性格であり、力強いながらも人間を傷つけることはありません。

そのため強さを持ちながらも優しい人、体は大きくても実は臆病な人をゾウと例えることもあります。ゾウのイメージも人によってさまざまであり、場合によってはサーカスなど芸をしているゾウを思い浮かべる人もいます。

ゾウは大きな体でありながら器用ですし、器用さの形容としてゾウに例えられることもあります。自分を動物に例えるとゾウになる場合もさまざまな意味合いがありますが、基本的にはどれもいい意味で言われていると言えます。

イルカ

自分を動物に例えるとの例としてはイルカも挙げられます。イルカは目にする機会も少ないですし、なかなかイメージが湧きづらくもありますが、単純に日頃はみることができないレアな存在として使われることもあります。

普段は誘ってもなかなか誘いに応じない人を陰でイルカのようと言うこともありますので注意が必要です。自分を動物に例えるとでイルカと例えられる場合は、単純に見た目の可愛さなどを指している場合も多いです。

イルカは水族館ではアイドルのような存在ですし、見た目の可愛さ、華やかさなどを例えていう場合もあります。またイルカは知能が非常に高く、頭の良さの形容として例えられる場合もあります。自分を動物に例えるとでイルカと例えられる場合も、概ね好意的だと言えます。

自分を動物に例えるとの面接での質問の答え方は?

自分を動物に例えるとの質問はお互いが自分をどのように考えているかがわかりますし、周囲の人からどのように見えているかがわかるため面白い質問です。そのためプライベートでさまざまな人と質問し合うことも多いですが、これは就活時の面接などでも使用されることがあります。

面接でも自分を動物に例えると何になるかという質問をする企業は多く、これにどのように答えるかによって評価が違ってきますので注意が必要です。面接で出される質問にはすべて意図があり、意味のない質問はありません。

自分を動物に例えるとの質問も、単にアイスブレイクの意味で問われているのではなく、採用にあたっての明確な意図がありますので、どのように答えればいいかを知っておきましょう。

動物とそれを選んだ理由

自分を動物に例えるとの質問を面接でされた場合は、動物とそれを選んだ理由を伝えることが大切です。単純にどの動物を選んだのかだけでは評価の対象にはならず、どのような理由で選んだのかということが重要視されています。

自分を動物に例えると何になるか、そしてその理由として的確なものを示すことができるかで自己分析がどこまで深められているかが判断されます。自己分析がしっかりできていれば自分の性格についてもきちんと判断できているはずと考えられていますので、面接前には自己分析を徹底して行い、自分の性格を把握しておくことが大切です。

自分で把握している性格に合わせて、どの動物の特徴が当てはまるかを考えて回答していきましょう。

どの動物かではなく選んだ理由が大切