Search

検索したいワードを入力してください

登山家が選ぶ!日本の登山家3・登山家の死亡する理由|女性

Author nopic iconサン
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年03月14日

更新日:2020年09月26日

記載されている内容は2018年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

登山家が選ぶ!日本の登山家3・登山家の死亡する理由|女性

登山家の死亡する理由

登山家はかっこいい仕事ですが、どんなにベテランの登山家でも死亡してしまうことがありますので、いつ死んでもいいという考えで登山家は山を登っています。どうして死亡する確率が高いかというと、山は高い・斜面が危険なので滑ってしまい死亡してしまうからです。山の頂上になると霧などで視界が見えなくなって、ベテラン登山家は慣れていて油断してしまいます。

滑って死亡した登山家のほとんどは、凍死ではなく滑って落ちてくるときに打った傷が致命傷で、あとは怪我をしてしまい助けを呼べなくて死亡した場合になります。昔は、スマホなど連絡手段がなかったので、現在よりも登山者が滑って、死亡してしまう登山家がたくさんいました。

遺体がある山「デスゾーン」

エレベストがは最後まで登ることができた登山家は少なく、ほとんどの方は遺体がそのままの状態で残されていて、登山家はいつ死亡してもおかしくないと分からせています。エレベストを登ると「デスゾーン」という場所に、遺体がたくさん放置されていて白骨化されていますが、服装は当時のままなので有名な方がいると服装ですぐわかります。

エレベストで死亡した登山家は216人しますが、そのうち150人の遺体は放置されていてそのままの状態です。標高が8000mの高い山なので、遺体は腐敗されることがないため、一生エレベストに眠ったままになります。特に、西洋人は山の遺体回収には力を入れていないため海外の登山家は放置です。

凍傷

凍傷が原因で死亡する登山家が多くて、これはベテラン登山家には少ないため、初めて登った方が多い原因と言われています。登山家の栗城史多さんは小指が凍傷が原因で、壊死してしまいますが、9本指を切断しただけで命に別状はありませんでした。しかし、中には凍傷して体温が低くなり死亡してしまう方がたくさんいます。

凍傷は体が異常に冷えすぎて、手の感覚がなくなってしまうのが凍傷です。これが、ひどい状態になると切断しなければいけなくなりますので、最悪の場合体の機能が無くなってしまい死亡してしまうことがあります。そのため、登山家の多くは吹雪の寒さで凍傷になってしまい、手の感覚がないため救助を呼べず死亡します。

登山家の女性の割合

最近は男性が登山家のイメージを振り消して、「山ガール」という登山家が増えましたが、まだまだ男性ほど存在していません。登山家の女性の割合は3割程度で、女性一人で登る方も1割くらいしかいません。山は体力がいるのと死と隣り合わせなので、なかなか興味があるけど躊躇する女性が多いです。

しかし、女性が自分でテントを背負って野宿する女性もいて、仕事の休みの日を利用して山を登る方もいます。山を女性が登るのはメリットもあって、趣味がある男性と出会い結婚するパターンもあります。そのため登山家同士の交流会がたくさんあり、合コンを登山形式で行う業界もあるほどです。なので、女性の登山家も男性より少ないですがいます。

女性の登山家漫画「山と食欲と私」

女性の登山家漫画でなのが、実際に山に登っているのを漫画にした「山と食欲と私」で、女性主人公の目線で書かれているので読みやすいです。また、登山家には重要な食事をアレンジしたレシピなど、作りながら書いてあるので簡単に作れるものばかりです。材料もスーパーで買える食材ばかりなので、できる漫画になっています。

登山家の本はほとんど文字しかない本ばかりでしたが、この本は漫画で読みやすいので子供でも読むことができますし、教育として学校に置いてみると子供の夢ができたりメリットだらけです。ほかの、漫画とは違い勉強しながら楽しむことができて、社会勉強にもなる登山家の漫画になっていてです。

日本の登山家3

登山家は海外が注目されますが、日本人にもプロの登山家がたくさんいて、亡くなってしまう方も多くいる危険な職業です。しかし、成功した方もいて本を出版してミリオンセラーになったりしています。

3位「大谷映芳」

日本の登山家で3位なのが、テレビ朝日の方で初めて登山家になった方です。大谷さんは「NPO法人アースワークソサエティ代表」をしていて、「辺境ディレクター」として有名な登山家です。テレビ朝日のディレクターでも、ラカポシ北稜・K2西稜・クーラカンリを初登頂するほど、当時は素人をびっくりさせた登山家の方です。

また。同じ登山家の植村直己が遭難した際に捜索を手伝い、偶然に4900m地点の雪洞を発見していたりしています。しかし、全くの素人ではなくて大学時代は、早稲田大学の山岳部に入部していたので、学生のため簡単で・安全な山をいくつかの山は登っています。ですが、就職してから山を登っていませんでした。

2位:登山家「青木達也」

登山家で2位にがある青木達也さんは、東海大学出身で在学時にk2登頂の世界最年少記録を更新するなど、若いときから有望があった男性登山家です。しかし、学生だったため簡単に登れるわけではなく、ボンベの酸素が尽きてしまい8200m地点でビバークしました。それでも何とか無事に生還して話題になりました。

現在は、夏場には富士山の山小屋「太子館」でガイドを務めていて、アルパインクライマーとして活躍しています。また、2012年にはキャシャール南ピラーに挑戦しましたが、落石の直撃を受けて負傷しましたが、負傷したことが嘘みたいに初登攀に成功しました。そして、同年に登山家としてピオレドール賞を受賞しました。

1位:登山家「雨宮節」

高齢で登山家有名1位は、「雨宮節」さんで現在は沖縄県宜野座村に住んでいます。雨宮さんは「イエティ」という、山スキーと岩壁登攀の大御所と言われていて、現在も続いている同人組織の創設者でもあります。若いころから登山家に憧れていて、ヒマラヤ鉄の時代にバリエーションルート攻略に情熱を注ぎ、青春時代を登山家として過ごしていました。

そして、雨宮さんの登山家で有名になることになったのは、1978年に難関ルートのダウラギリのサウスピラーを攻略したことで、一晩で一般の登山家から有名人になりました。その後は登山家だけではなく、文部省の公認講師や旅行社のガイドを務めて、沖縄宜野座村に移住しています。