Search

検索したいワードを入力してください

有名になりたい人の心理・有名になる方法・おすすめの職業

Author nopic icon三尾根忠方
カテゴリ:自己啓発

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2020年03月10日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

有名になりたい人の心理・有名になる方法・おすすめの職業

有名になりたい人の心理とは?

昔と違い、現代はネットやメディアソースの発達などで情報供給が多く、いろいろな考え方や嗜好も増えました。何十年も前でしたら、男はこうあるべき、女はこうするべき、日本人ならばこんな人にならなくてはいけないという見えない縛りもありました。

しかし、今ではそういった先人に敷かれたレールはありません。自由になりましたし、職業も多種多様。性別に関係なく仕事も選べます。

そんな中では単に「有名になりたい」と強く思う人も増えてきました。誰にだって承認願望はあり、自分のことをたくさんの人に認めてもらいたいと考える人は多いです。その中ではさらに「有名になりたい」だけが突っ走って、どんな形でもいいからとにかく有名になりたいという人もいます。

そんな人たちはどういった心理でいるのでしょうか。ここではそんな有名になりたい人、それから有名になりたいと願い人を理解するために、いろいろと調べてみましょう。

テレビに出たい人

有名になりたい人が真っ先に思いつくのはテレビに出たいということではないでしょうか。世界中にあるメディアの中でも、ネットが発達した現代においてもやはりテレビの影響力は大きいです。ですので、有名になりたい人がテレビに出たいと考えるのはごく自然なことです。

誰しも他人に認めてもらいたいという承認欲求がありますが、特にこういった有名になりたい人と普通の人はどう違うのでしょう。

まず挙げられるのは、極度の目立ちたがりであることです。子どものころから目立ちたがりで、いつも注目されている人は成長してもそれが収まらない場合があります。そのときはより強い刺激を求めて、より有名になりたいと強く願うように変化していきます。

そして、もしテレビに出ると、それで満足する人もいますし、もっと出たいという人もいます。こういった人の多くは芸能人になってそれを職業にしてしまいます。

とにかく有名になりたい人

ただ、有名になりたい人もすべてが芸能人になる、あるいは芸能人に憧れているわけではありません。ただ単に有名になりたいと考える人もいます。それは特になにかするわけでもなく、なにかの結果を残そうとしたあとの話でもなく、ある日突然有名になっていればと考える人もいます。

有名になるというのはリスクが伴います。有名になるとプライベートが削られてしまい、私生活が窮屈になります。また、ネットなどでありもしない誹謗中傷に悩まされることもあるでしょう。それでも有名になりたいという欲求がある人もいます。

有名になるにはなにか、例えばスポーツや仕事などで大きな成果を出して有名になるのが普通です。ですが、なんの努力もなしに有名になりたいと思う人もいるかもしれません。

現代的な有名になる方法とは?

努力の成果のいかんに関係なく、誰でもが有名になれる現代です。努力もなにもせずに、簡単に有名になりたいという欲求を満たす方法はあるのでしょうか。

実はそんな方法が存在します。

しかもその方法は特に努力も必要ではありません。強いて言うならば、根気よく続ける、それを世界に公表する勇気と努力は必要ですが。手っ取り早く有名になってしまう方法、例えば今から寝て、明日の朝起きたときには世界中の人があなたの名前を知っているということもありえます。

その方法は、インターネットです。インターネットになにかを書くだけで、もしかすれば、あなたは明日には超がつくほどの有名人になっているということもあります。

怖いのは努力をしなくてもなれることで、逆に言うと、意図せずに有名人になってしまうことも考えられます。ですので、便利なネットですが、ときに使い方には注意が必要です。

SNSで有名になりたい人におすすめの方法

現代に生きる人にとって、老若男女問わず、SNSをひとつは利用しているでしょう。SNSとはソーシャルネットワーキングの略称で、アプリなどになっているその母体に参加し、自分のアカウントを開設すれば、あとは自由に自分の意見などを述べることができるようになります。

元々は会話のツールなどで利用していた人が大半でしょう。かし、今やSNSはビジネスにも活用されています。広告も雑誌やテレビなどのメディアに出さず、SNSに広告料を払って掲載する企業も増えています。

このようにSNSは、例えば自分が今何気なく思ったことを世界中に広めることができるツールになりました。これを利用することで誰もが有名になるチャンスを持っています。有名になりたい人は人気のSNSに登録すれば、それだけでまずはワンステップ前に進んだことになります。

では、ここで具体的にどんな方法で有名になるのかを見ていきましょう。

YouTubeを利用して有名になるには?

SNSというとこれまでは文字を多用したコミュニケーションツールが多いですが、ご存知の動画サイトであるYouTubeもまた有名になりたい人が利用できるツールになります。

YouTubeで有名になるには、とにかく視聴者が興味を引くことを動画にすることです。もちろん勝手に誰かが撮影した映像などを使用するのは法的に許されません。そのため、自分で撮影をするという手間はあるものの、視聴者がおもしろいと感じ、閲覧数が増えれば、それだけで有名人です。

すでにユーチューバーと呼ばれる人たちがいて、広告を貼ることで億を超える額を稼ぎ出している人もいます。すでに企画は出尽くしているように見えますが、視聴者の興味などは常に移り変わります。ですので、YouTubeもいまだにチャンスが少なくないはずです。

Twitterを使って有名になりたい?

日本であればTwitterの利用者も多いので、ここでいろいろなことをつぶやくことで有名になることができます。

その際は奇抜な発想や発言が注目されることは間違いありませんが、必ずしも誰も話題にしていないことについて語る必要はありません。それは有名になってからで、最初はハッシュダグなどをつけて、すでに話題になっている内容に対してつぶやいていくことが有名になりたい人の常套手段です。

最近はネット掲示板の話題をまとめる、いわゆる「まとめサイト」がTwitterの投稿に対しても行うようになっています。ですので、Twitterで有名になるチャンスが大きくなりました。特に仮名ではなく本名でつぶやく人ほど注目されやすいです。

ただ、先にも書いたように、ネットでは批判も多く、私生活に悪影響が出る可能性もある点は覚悟しなければなりません。

Facebookで有名になる手もある

SNSといえば、世界的にはこちらのFacebookがほかのSNSよりも利用者が多いとされています。ですので、Twitterだけでなく、Facebookも有名になりたい人にとって外せないツールになるでしょう。

Facebookでもやはり奇抜な発言などが必要ですが、この場合はちゃんと友だちがいることが重要です。基本的には友だちに向かってしか発言が発信されない点はTwitterと違います。ですので、現実世界と同じように、Facebookないでもちゃんと友だちを作っていく必要があります。

そして、ある程度有名になれたら、ファンページを作るなど別の方法で閲覧してくれる人を増やすこともできます。

Instagramも有名になるツール

Instagramは写真を中心にしたSNSです。特にSNSの中では美しい写真に特化した傾向にありますので、Instagramを利用して有名になりたい人はまずきれいな写真を撮ることを心がけます。

Facebookも投稿には毎回写真があるといいですが、メリハリのためにときどきつけない人もいます。Twitterも画像に関しては同じです。ただ、Twitterは文字数が少ない分、洗練された文章を考えなければなりません。

そんな中、Instagramはもちろんキャプションとして文字を打つ作業はありますが、ひと言添える程度です。大切なのは写真のクオリティーになります。言葉で表現することが苦手な、有名になりたい人はInstagramがおすすめです。