Search

検索したいワードを入力してください

【生まれ月別】月星座を調べる方法・相性の調べ方|12月

Author nopic iconとみー
カテゴリ:占星術

更新日:2020年02月07日

【生まれ月別】月星座を調べる方法・相性の調べ方|12月

月星座と太陽星座について知ろう

皆さんは「月星座」というものがあるのをご存知でしょうか。普段雑誌やテレビなどでよく見る占いは「太陽星座」といわれるもので、この占いは社会での自分の性格や他人とのかかわり方など表面的なものを知る事ができる占いです。

今回は「太陽星座」と「月星座」とありますが自分の人生や潜在意識などを知る事ができる「月星座」をご紹介いたします。「月星座」は生まれ持った性格や内面、心の中にある深い部分を知る事ができます。

「本当に自分」や「生まれてきた意味」「自分の使命」などを知りたい方はぜひ「月星座」を調べてみてはいかがでしょうか。

自分の月星座の調べ方(早見表)

太陽星座は誕生日で知る事ができますが、月星座では生まれた年が必要です。調べる方法としては占星術の本やインターネットで調べることができます。自分の月星座を知りもっと毎日の生活を過ごしやすくしてみてはいかがでしょうか。こちらのサイトで調べてみましょう。

星座別月星座の性格と特徴をご紹介

星座別月星座の特徴と性格をご紹介いたします。

月星座が牡羊座の方の特徴

月星座が牡羊座の方は一言でいえば「行動派」思い立ったらすぐに行動を始め、前向きに何でもトライしていく傾向があります。なんでもすぐ行動にうつしたくなる性格ですので、なかなか物事がうまく進まない場合イライラとしたり心は穏やかではなくなってしまう事もあるでしょう。

牡羊座は自分を第一優先と考えているので、自分のペースについてきてくれる人を望んだり、人の歩調に合わせるのではなくオリジナルを求める事もあります。今社会の中で人に合わせ、自分には向いてない事を続けて心が疲れていたりする月星座が牡羊座の方は、今の置かれている状況をもう一度見直してみるのもオススメです。

オリジナルや自分らしさが出せる環境に身を置くことが、自分らしい生き方なのではないでしょうか。自分のやりたい事を真剣に探し見つめ、切り開いていく事が良いでしょう。

月星座が牡牛座の方の特徴

牡牛座が求めるものはズバリ「安定」です。心の安定、経済的な安定、家庭での安定など穏やかな気持ちになれる事を望んでいます。賭けなどには興味がなく地に足がついた着実を好む傾向があります。

自分自身の心が安定する環境に身を置くので、穏やかな時間を過ごせている方が多いのではないでしょうか。自分の心が安定しているので、周りや場の空気を和ませる力があります。優し雰囲気なので友人はあなたといると居心地が良く感じるでしょう。

月星座が双子座の方の特徴

月星座が双子座の方は「ワクワクが大好き」な方が多いのではないでしょうか。面白そうな事や気になる事はなんでもトライしたり、行ってみたい場所など、たとえ海外でも行ってしまう。そんなアクティブな星座です。

双子座はとなりの星「牡牛座」のような安定を求めるというよりは、きになった場所に行きたいという気持ちが強くなるため、一定の場所にとどまる事は少ないでしょう。仕事では毎日ルーティーンのような同じ内容を続けるのではなく、毎度違う事をするイベントや多方面で活躍できるでしょう。

しかし注意が必要なのは、三日坊主だという事。飽きっぽい性格なのでその一瞬一瞬を集中する事が大切です。

月星座が蟹座の方の特徴

月星座が蟹座の方の特徴は「深い愛情」です。家族や環境、友人、自分の居場所などに深い愛情を持ち自分よりも相手を思う気持ちが強い方が多いのではないでしょうか。蟹座に与えられた使命は「愛情と守り」です。自分で作ってきた愛をしっかりと守る事が大切でしょう。

しかし蟹座は固い甲羅に覆われていますが、心の中はとても繊細です。何か問題などが起こると、動揺しひどく落ちこんでしまう事もあるでしょう。月星座が蟹座の方はその繊細な心を自分で守るために、しっかりと付き合う人を選び慎重になる事が必要といえるでしょう。

優しく穏やかで明るい性格なので、人からも愛されそしてお互いに愛情深く生きる事が蟹座の喜びです。

月星座が獅子座の方の特徴

月星座が獅子座の方の特徴はズバリ「主役」です。獅子にふさわしい存在感と自分自身も目立つ存在でいたいと、おもっている方も多いのではないでしょうか。自分を信じる事ができるので存在感は増し輝いています。そんなあなただからこそ人気者にもなれるのでしょう。

獅子座の特徴に「真面目と正義」もあります。不正などを嫌い真っ向から勝負する力強さはまるでスーパーマンの様でかっこいい存在となるでしょう。今自分に自信がもてていない獅子座の方は肩の力を抜き自分を見つめなおしてみるも良いでしょう。そこから何が向いているのか、何ができるのかがわかり自分の武器となるでしょう。

初回公開日:2018年03月09日

記載されている内容は2018年03月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。