Search

検索したいワードを入力してください

本音をさらけ出す人の特徴・方法・心理|怖い/勇気/モテる

Small 544d9b2d 9248 4e3f a4e6 2b0fe068b3dfミルクココア
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年03月07日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

本音をさらけ出す人の特徴・方法・心理|怖い/勇気/モテる

さらけ出す人の特徴は?

あなたの身近に自分のことを「上手にさらけ出す人」がいるはずです。しかも、さらけ出す人の方が周りの人から受け入れて貰えている場合もあります。これは、さらけ出す方法やタイミングを上手に使い分けることができたから起こった現象です。

もし、さらけ出す人物と方法とタイミングを間違うと周りの人にドン引きされる事になってしまう恐れがあります。どのように自分のことを他人にさらけ出すと良いのか特徴を考えて行きましょう。

勇気がある人

他人、自分のことをさらけ出す事ができる人はとても勇気のある人とも言えます。人は他人に対して多少見栄を張ったりして自分の事を良く見せたい、と考えてしまう生き物です。そして自分と他人を比べたりして生きて行きます。

そんな中で、他人に対して自分のありのままの姿をさらけ出すと言うことは自分の偽りのない行動を取る事になります。自分のだらし無い性格やダメな部分、弱い所を他人に見せる事になります。周りの人が自分のありのままの状態を受け入れてくれるかは、さらけ出して見ないと結果は分からないことです。

それをさらけ出す人は、理解した上でさらけ出す訳ですからとても勇気のある人と、周りの人から見られる場合があります。

モテる人

他人に自分のことをさらけ出す事ができる人はモテる人が多いです。自分の弱い所や、ダメな所もさらけ出して他人と向き合おうとしているので、周りの人から見ると考えている事や性格が分かりやすい人と捉えられることが多いです。

人と付き合って行くにはお互いの人間性を探っていかないと、信用する事ができないので何を考えているのか分からない人よりもモテると言う結果に繋がることが多いです。

自分をさらけ出す方法は?

他人に自分をさらけ出すにはどうしたら良いのでしょう。さらけ出す相手との関係性によってもさらけ出し方に多少の違いが出て来ることもあります。人それぞれさらけ出す方法は違いますが、効果的だと考えられている方法に付いて説明して行きます。

自分を偽ったりしないで、さらけ出すためには日頃から自分に対して嘘や偽りを言葉にしないことです。自分のズルイ姿を、周りに見せてもいいけど自分の心に嘘はよくないです。

本音で

自分を偽ったりしないで、さらけ出すためには「どんな時も他人と本音でぶつかる」ことです。良い事も悪い事も本音を言うようにして行く事が重要です。そういう姿を周りに堂々と見せて行く事で、周りの人からも本音で話しをして貰うことに繋がって行きます。

ありのままの自分の発言をできる環境を作る事ができた時、毎日生き生きとした自分で過ごせるように変わるでしょう。本音を言って良いと言う事はわがままや暴言を言って良い訳ではありません。

さらけ出すことは怖いのか?

基本的に人は、他人に対して自分の事をさらけ出すことを嫌がります。それは、自分の弱い部分を他人に見せても良い事がないと感じるからです。それよりも自分のこと全てを知られることを怖いと感じる人の方が多いです。他人の弱い所や、ダメな所を見つけると攻撃してくる人が多いからです。

さらけ出す人の心理は?

他人に、自分のことをさらけ出すことができる人は、どんな気持ちなのでしょうか。他人に自分の事をさらけ出すには自分のことを細かく理解している事が重要なポイントになります。自分自身の事を、日頃から深く分析して理解している人は少ないでしょう。

自分自身の事を、分析しようと考えるほど心に深い傷がある人という事でもあります。トラウマになっている事があるのでしょう。いつの時代も心にトラウマを1つや2つ、抱えていることも不思議な話ではありません。

不安だから

他人に、自分のことをさらけ出すことができる人はとても大きな不安を抱えていることが多いです。自分自身の未熟な部分をよく理解しているからこそ、感じている不安なのでしょう。この不安な気持ちを周りの人が本当に理解してあげることは難しいことです。

自分の中に、いつも不安を抱えている人は不安が解消されることが無いので、常に「大きなストレスを、抱えている」状態になります。このストレスから、少しでも解放されたくて、自分自身のことをさらけ出す方が、楽になれる可能性があるのでは無いかと感じることがあります。

自分の事を理解して欲しいから

他人に、自分のことをさらけ出すことができる人は「自分の事を理解して欲しい」と、感じている人が多いです。それだけ周りの人に「自分に対して愛情を持って欲しい」と要求している事にもなります。

要するに寂しがりやな部分が大きい証拠です。寂しがりやな性格は幼少期の頃からの大人との関わり方が影響していると言われています。この時期からの成長過程で大人からいっぱい愛情表現されて来た人は、スクスクと育ち、愛情不足で育った人は必要以上に寂しがりやになったり他人を信用できない人に育つことがあるようです。

職場でのさらけ出す方法は?