Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】よく使える褒め言葉一覧・「さしすせそ」の法則

Author nopic iconひろたむ
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年04月10日

更新日:2020年01月28日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】よく使える褒め言葉一覧・「さしすせそ」の法則

男女別の良く使える褒め言葉の一覧を見てみよう!

皆さん、褒め言葉を日常でよく使っていますか。褒められるのは嬉しいし、相手のことも褒めたいけど、なんて褒めていいのかわからない、という方は多いのではないでしょうか。

ここでは、実際に使える褒め言葉一覧を紹介します。

仕事で使える褒め言葉

仕事での人間関係はとても大切です。それを円滑にするのが褒め言葉です。まずは、仕事でも使える褒め言葉を男女別に紹介していきます。

男性編

女性の先輩が、男性の部下・後輩を褒める場合は、「仕事が早くなったね」「成長したね」「仕事をあなたに任せてよかった」「期待しているよ」「今日はありがとう」「とても助かった」などの仕事ぶりや結果に関する褒め言葉がおすすめです。

また、女性の後輩が上司や先輩を褒める場合は、「勉強になります」「すごい、ありがとうございます」「さすがですね」「尊敬します」など慕っていることが伝わる褒め言葉がおすすめです。

「ありがとう」という言葉は年や役柄問わず、誰から言われても嬉しい言葉です。役にたった、人助けをした、やって良かったと思える最高の褒め言葉でしょう。恥ずかしい、後で言おう、やって当たり前などと思わず、日々感謝を忘れないことが大事です。

女性編

男性の先輩が女性の後輩や部下を褒める場合は、「気が利くね」「一生懸命頑張っているね」「本当に助かるよ」「配慮してくれてありがとう」「あなたは会社に必要な人だ」など周りへの気遣いや、頑張っているところを認められる褒め言葉が良いでしょう。

また、男性の後輩が女性の先輩や上司を褒める場合は、「ありがとうございます」「先輩のおかげで頑張れました」「心強いです」「憧れます」「こんなことができるのですね」などの褒め言葉がおすすめです。

一言

次は、プライベートでも使える一言褒め言葉を紹介していきます。

男性が喜ぶ一言は?

「かっこいい」「頼りになる」「男らしい」「すごいね」「さすが」「そういうところ好き」などの一言褒め言葉は、男性は喜ぶでしょう。

女性が喜ぶ一言は?

「かわいい」「美人」「○○がきれい」「癒される」「がんばってるね」「よくやったね」「えらい」などの一言は、女性が言われて嬉しい褒め言葉でしょう。

褒め言葉の「さしすせそ」の法則

あなたは、料理の調味料「さしすせそ」って聞いたことがありますか。料理をおいしくさせるための基本の調味料です。言葉にも、人間関係を良好にする言葉の調味料「さしすせそ」の法則があります。「さしすせそ」の法則とは、男性が女性に言われて嬉しい言葉の集まりです。キャバクラなどでもよく使われている恋愛のテクニックの一つです。

では、さっそく見ていきましょう。

「さ」→「さすがですね(相手が自慢話を始めたり何か良いことをしたら、この褒め言葉を使うチャンスです。)」「最高」

「し」→「知らなかった(すでに知っている事も、知らないふりをして聞くのもテクニックの一つです。)」

「す」→「すごいですね(お世辞とわかっていても、褒められたら嬉しいです。)」

「せ」→「センスいいですね(着ている服や身に着けている小物、連れて行ってくれた店やスポットなど。)」

「そ」→「そうなんですか」

「さしすせそ」の法則 子どもへむけての褒め言葉

授業で生徒に褒めるとき、親が子どもさんを褒めるときなどの場合に参考にしてみてください。

「さ」→「さすがだね」「最高」「サプライズ」

「し」→「知ってたの」「じょうずだね」

「す」→「すごいね」「すばらしい」

「せ」→「センスあるね」「絶対次はできる」

「そ」→「そのとおり」「その調子」「そうだね」

上の法則を頭に入れ子どもを褒める上でのコツも紹介しておきます。

①褒めポイントを見つけたらすぐ褒める:子どもは記憶が曖昧で後から言われてもあまりピンとこなかったり忘れてしまったりしてしまうのでその場ですぐに褒めてあげるとよいでしょう。

②経過を褒める:良い結果がでた時だけ褒めがちですが、それではできそうなことしか挑戦しない子どもになりがちです。頑張っている経過に注目してあげることが大切です。

③「具体的に褒める」(例)「~ができてえらいね」「~してくれて助かった」

「たちつてと」の法則

「さしすせそ」の法則とは逆に、言ってはいけない言葉があります。

「た」→「たいしたことないね」(相手の自尊心やプライドが傷つきます。)

「ち」→「違うよ」(相手を真向からひていするのはよくありません。「それもいいけど、こういうのはどうかな」と一度相手の考えを受け入れましょう。)

「つ」→「つまらない」(場の雰囲気が一気に悪くなります。)

「て」→「てきとうでいい」(好意は素直に受け入れましょう。)

「と」→「とんでもない」(すべてを否定する言い方です。相手を傷つけてしまいます。)

チャラいと受け取られる褒め言葉の特徴

チャラいと受け取られる褒め言葉の特徴をいくつか紹介します。

①「世界で一番○○」「今まで出会った中で一番〇〇」と大げさに褒める。褒められるのは嬉しいものですが、大げさすぎると、それは本心で言っているのかなと疑ってしまうでしょう。

②「めっちゃかわいい」女の子ならかわいいと言っとけば間違いないという心の内が聞こえてくる言葉です。

③同じ褒め言葉をほかの女の人にも言っている。「誰にでも言っているんだ」と思われたら一気に信用を失ってしまいます。その人に合った褒め言葉を探して褒めましょう。

④「胸が大きいね」「きれいなお尻だね」などとやたらと体について褒める。初対面やまだ親しくなっていないうちに言われると、体目的かなと疑われてしまいます。

⑤「痩せたね」と言う。細くなりたいとは女性の多くが思うことですが、変わってもいない体型を褒められても嬉しくありません。それどころか、太ったのにそう言われるとよく見てないんだなとガッカリされます。