Search

検索したいワードを入力してください

気分を害する人の特徴・謝罪方法・敬語・類語|お詫び/手紙

Author nopic iconNaNa
カテゴリ:ビジネスマナー

初回公開日:2018年04月11日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年04月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

気分を害する人の特徴・謝罪方法・敬語・類語|お詫び/手紙

気分を害する人の特徴

「気分を害する」とは、人や物事など、何かの原因によって機嫌を損ねたり不愉快になることを意味します。

日常生活の中で、どれだけ気をつけて振舞っていたとしても相手の気分を害することもあるでしょう。相手の気分を害した原因が自分にある時は、大人としてきちんと謝罪することはとても大切です。

今回の記事では、「気分を害する」ということについてお話しします。相手の気分を害してしまった時の謝罪方法や、「気分を害する」という言葉の言い換え方などをきちんと知っておきましょう。

まずは、気分を害する人の特徴についてご紹介します。

無神経な発言をする

他人の気分を害する人は、無神経な発言をすることが多々あります。無神経な発言をする人は、自分の発言が失礼にあたると理解していないので、発言に対して悪びれる様子も見せません。そして相手が怒っている理由がわからず「どうしたの?何を怒ってるの?」と質問してさらに相手を怒らせてしまうこともあります。

失礼な発言を無意識でするような人は人に不快感を与えることは間違いありません。他人の気分を害することのないよう、「これを言われたら相手はどう感じるのか。」ときちんと相手の立場に立った言葉を選んで発言するようにしましょう。

自己中心的

気分を害する人の特徴として、自己中心的な性格であることが挙げられます。団体行動をしていたとしても、自分が納得できなければ平気でその場の空気を壊すような行動や発言をします。他人がどのように感じているのかということはあまり重要ではなく、自分が満足することしか考えられない傾向があります。

その結果、どんな状況であっても周囲の人達を振り回すので、周囲の人達が気分を害してしまいます。

誰かと共に行動している時は、自分の意見ばかりを優先することは決して褒められたことではありません。相手も自分も心地よいと感じることができるように、きちんと配慮した行動をとりましょう。

気分を害することへの謝罪方法は?

人の気分を害してしまったのであれば、きちんと謝罪しなくてはいけません。次は、周囲の人達の気分を害してしまった時の謝罪方法についてお話しします。

直接謝罪

周囲の人の気分を害してしまったのであれば、直接謝罪することが一番良い方法だと言えるでしょう。直接会って謝罪することは、気持ちが一番伝わりやすいのは間違いありません。

大人になるとプライドが邪魔して、丁寧な謝罪ができないと感じてしまうこともあるでしょう。ですが自分に非がある時は、きちんと自分の間違いを受け止めて誠心誠意謝ることが大人としての大切なマナーでしょう。

「自分が悪かった。」と心から反省している姿を見れば、相手も謝罪を受け入れてくれるのは間違いありません。きちんと謝罪することは、より良い人間関係を保つことにもつながるということを覚えておきましょう。

直接会いに行って謝罪するには、相手の都合と自分の都合を合わせなくてはいけません。直接謝罪するならば遅くとも2週間以内には都合をつけて会いに行くようにしましょう。

手紙で謝罪

直接会って謝罪するのが難しい場合は、手紙で謝罪するのも良いでしょう。きちんと気持ちを込めて、直筆で手紙を書きましょう。直筆の手紙はプリントされた機械的な手紙よりも、とても気持ちが伝わりやすいと言えます。ですから、謝罪の気持ちをきちんと伝えるためには、直筆で書くということがとても大切なポイントです。

謝罪のための手紙ですから、便箋は華美すぎるものを避けシンプルなものを選ぶよう心がけてください。あまりにも華美だったり、可愛すぎる便箋などを使用してしまうと、心から謝罪しているように見えないこともあるので気をつけましょう。

手紙は相手に届くまでに少々日数がかかりますので、できるだけ早く書きましょう。相手の気分を害してから1週間以内に送ることを目安としてください。

メール

直接会っての謝罪も手紙での謝罪も難しいという場合は、メールで謝罪しましょう。ですが、メールでの謝罪は心からの反省が伝えにくいのできちんと言葉を選んでメールを打つことがとても大切です。謝罪の気持ちを伝えるために、正しい敬語を使って読みやすくまとめることを心がけてください。

またメールで謝罪する場合は、相手の気分を害してから謝罪のメールを送るまでに、日にちを開けすぎないこともとても大切です。

直接会っての謝罪や手紙での謝罪は都合によっては少しであれば日数が開くこともあるはずです。ですがメールはいつでもどこでも打つことができるものだと認識されています。ですから、あまりにも日数が開いてから謝罪のメールを送るということは、「最初は全く謝罪するつもりがなかったのか?」という印象を与えかねないと言えます。

できれば相手の気分を害してしまった当日か、その翌日中には謝罪のメールを送るべきだと言えます。

気分を害するの敬語は?

メールで謝罪する場合は、丁寧な敬語を使ったメールで謝罪することはとても大切です。「気分を害する」という言葉は、どのように言い換えれば丁寧な謝罪という印象を与えることができるのでしょうか。

次は、気分を害するという言葉の敬語についてお話しします。

丁寧語