Search

検索したいワードを入力してください

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

Author nopic iconPlusPixel
カテゴリ:ビジネスマナー

更新日:2020年02月27日

初心者でも分かるスローガンの作り方4つ・コツやポイント

スローガンの作り方のコツや気を付けるべきポイント

スローガンの作り方には、コツのようなものがあり、このコツを上手くスローガンに取り入れていくことで、より良いスローガンになってきます。

ここでは、作成したスローガンをより良いものにしていくために、スローガンの作り方のコツをご紹介させて頂きます。また、スローガンの作り方において、気を付けるべきポイントも併せてご紹介させて頂きます。

印象に残るようなフレーズにする

多くの人から注目されるスローガンにするためには、印象に残るようなインパクトのあるフレーズを含めるという作り方が、大切になってきます。

印象に残るようなインパクトのあるフレーズが含まれたスローガンは、人の目に留まる機会も増えます。ただ、作り方によっては、伝えたい主張が伝わりにくくなってしまう場合がありますので、ご注意下さい。

心を動かすような前向きな言葉を選ぶ

スローガンというものは、自分の目標を達成するためのものや、誰かに主張を伝えるためのキャッチコピーのようなものになります。

そのため、スローガンの作り方のコツとしては、基本的に、思わず人の心を動かせるような、前向きでポジティブな内容の言葉を選ぶ必要があります。

はっきりとしない中途半端なスローガンにしない

スローガンの作り方において、シンプルで短いものにするということが挙げられますが、「幸せ」「社会」「価値」などといった、抽象的な言葉を用いてしまうと、短くシンプルだとしても、主張がハッキリと伝わらず、中途半端に伝わってしまう可能性があります。

スローガンには、抽象的な言葉は使わないで、具体的で伝わりやすい言葉を用いるようにしましょう。

将来の展望を意識して作ると良い

ビジョンや将来の展望などを意識してスローガンを作成すると、ビジョンや将来の展望などに対して、繋がる言葉が次々と浮かんできやすいので、とても作りやすくなってきます。

ビジョンや将来の展望などから浮かんできた単語を組み合わせているうちに、スローガンのヒントが見つかるでしょう。

スローガンの作り方をしっかりと覚えておこう

いかがだったでしょうか。スローガンは、学校、企業、政党、個人などの主張を示す顔になるものであり、結束や目標を達成する意志などを高めてくれます。

そのため、決して安易に作るのではなく、スローガンの作り方を参考にして頂き、学校、企業、政党、個人などの主張を示す顔として、堂々と胸を張って伝えられるようなスローガンを作って下さい。

スローガンを加工する方法と使われる場面を知ろう

最後に、スローガンを加工する方法、スローガンが使われる場面など、より良いスローガンを作って頂けますように、ご参考にして頂けるような二つの記事をご紹介させて頂きます。

初回公開日:2018年08月16日

記載されている内容は2018年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。