Search

検索したいワードを入力してください

手作りに挑戦!かんざしの6つの作り方/とんぼ玉の作り方

Author nopic iconmeharizusi0509
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年09月14日

更新日:2019年02月26日

記載されている内容は2018年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

手作りに挑戦!かんざしの6つの作り方/とんぼ玉の作り方

かんざしとは

かんざしは日本の伝統的な髪飾りです。着物を着た時に長い髪をまとめ花を添えるために用いられます。かんざしは種類が多くあり、材料もひとつずつ違います。

かんざしは古くは縄文時代から存在していたもので、一説によると魔除けの意味も込められていたので、身につけていたとされています。かんざしは挿頭花(かざし)と呼ばれていた生花が由来で、今でも神社の奉納舞楽で見ることができます。

かんざしの歴史

かんざしは2つの説があります。1つは縄文時代に魔除けとして使われ、先の細い棒に呪力が宿ると信じれられていたため髪にさすことで魔除けになることから髪挿しがかんざしになったという説です。

2つ目は平安時代、神事などの際に男女ともに花や葉がついた枝を頭に飾る習慣がありそれをかざしと呼んでいたのがかんざしになった説です。そして、かんざしが装飾品として使われるようになったのは江戸時代からだと言われています。

かんざしの種類

かんざしの歴史は古く種類もたくさんあります。「 玉かんざし」や「バチ型かんざし」などをはじめとして、現代では代表的な物は以下のものがあげられます。

種類と特徴別にご紹介します。

       種類       特徴
玉かんざし一本の棒に丸い飾り玉が一つ付いたシンプルなかんざしです。主にとんぼ玉や絞り、珊瑚、翡翠などが用いられています。
バチ型かんざし三味線のバチの形に似ていることからバチ型と呼ばれています。他にも銀杏型や扇形とも呼ばれています。
平打ちかんざし形状は玉かんざしと同じで、装飾部分が玉ではなく薄く平たい飾りがついています。飾り部分は円形や亀甲型、ひし形、花形など、透かし彫りや模様が入っているものもあります。
くし型かんざし名の通り髪をとかす櫛の形をしているかんざしです。 前髪を止める形で刺します。日本髪を結う時によく見られます。
花かんざし今ではつまみ細工で手作りの花かんざしを作る方も多く、形は舞妓さんがよくさしているかんざしです。 可愛らしさと華やかさから、振袖姿によく似合います。

手作りかんざしの6つの作り方

かんざしの種類がわかったところで、手作りでかんざしを作ってみましょう。 かんざしを作る道具は100円ショップで手に入ります。自分だけの特別なかんざしを作ってみましょう。

ここからはかんざしの作り方を紹介していきます。どれも手に入りやすい材料で簡単に作ることができるので自分の好きなものを作ってみましょう。かんざしは和装以外に洋装にも合うのでひとつ持っておくとヘアアクセサリーとしても重宝します。

作り方1:とんぼ玉のかんざし

一番オーソドックスなとんぼ玉のかんざしの作り方です。とんぼ玉はかんざしの中でも控えめなアクセサリーなので、年代を問わずどなたでも使うことのできるかんざしです。とんぼ玉を作る材料は100円ショップの手作りコーナーにあるアクセサリーコーナーで全て手に入ります。

大きめのビーズを使って代用する作り方や他にもとんぼ玉が付いたヘアピンなどからとんぼ玉だけを取ってかんざしに加工するのもいいでしょう。

作り方2:水引きのかんざし

水引は今ではアクセサリーを作る材料として出ています。ご祝儀袋などで見かける水引ですが、アクセサリーパーツをつけて今では飾りとしても使われています。

水引のかんざしの作り方は上記動画を参考にしてください。水引は結び方を変えるだけでいろんな形ができます。いろんな形を作ったら後はかんざしのパーツと繋げるだけなので作り方もさほど難しくありません。色によってはシンプルにも華やかにもなるでしょう。

作り方3:つまみ細工のかんざし

つまみ細工のかんざしの材料も全て100円ショップで手にはいります。 つまみ細工は小さなパーツを何枚も重ねて作っていくことでお花の形になり、併せて使うと可愛らしく華やかなかんざしになります。

特別な材料も必要はなく100円ショップでほとんど手に入れられます。また、針や糸も使わないので手芸が苦手な方でも簡単に作ることができます。つまみ細工の基本の作り方を二つ紹介します。

丸つまみ細工

上記動画は丸つまみ細工の作り方です。用意する材料は木工用ボンド、ピンセット、洗濯バサミ、30mmx30mmの正絹生地です。100円ショップで売られているちりめん風生地はおすすめです。

作り方も簡単で生地を小さい三角形に2回折って、ひらひらする方を上にもちピンセットではさみ直しヒラヒラを両側にたたみ小さな三角形を作ります。つまんだ所をボンドで固定し花びらの方を丸く整え五つ作って花の形に仕上げます。

剣つまみ細工