Search

検索したいワードを入力してください

イエベの人の6つの特徴|イエベに似合うメイクのコツ6つ

Author nopic iconsuhimama
カテゴリ:雑学

初回公開日:2018年09月13日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2018年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

イエベの人の6つの特徴|イエベに似合うメイクのコツ6つ

イエベの特徴3つめは「唇の色が肌の色に近いこと」です。

イエベの人の唇の色は、温かみのある色が多く、サーモンピーチやコーラルのように黄色寄りのベージュに近い色や肌になじんだ赤色をしています。

赤みが出やすく目立ちやすいブルべの人と違い、イエベの場合は、メラニンの量が多く、イエローよりの肌色が、唇や頬の赤みを抑えてくれるので赤みが目立つことなく、全体的にナチュラルで赤みの少ない肌色をしていることです。

特徴4:日焼けしやすい

イエベの特徴4つめは、「日焼けがしやすい」ことです。

黄色よりのベージュの肌色をしたイエベの人は、肌の色を決めるメラニンの量が多いので、紫外線をあびると、日焼けしやすく日焼後の肌の状態にも特徴があります。

日焼けをすると赤くなり、時間の経過で元の状態に回復するブルべの人と比べて、イエベの人は、日焼けをしても赤くなりにくく、日焼け後の肌は元に戻ることなく、すぐに黒くなることがイエベの特徴です。

特徴5:シワができにくい

イエベの特徴5つめは「しわになりにくい」ことです。

「イエベ」か「ブルべ」を決めるポイントとして血流の血管の色の他に、肌の色を決めるメラニンの量が関係しています。

メラニンの量が多いイエベの人はしわやみずみずしさを失う原因となる紫外線の影響を肌の奥の真皮まで及ぶことが少ないのでしわになりにくいです。

特徴6:茶クマになりやすい

イエベの特徴6つめは、「茶クマなりやすい」ことです。

青味がかったベージュのブルべの人に比べて、イエベの人は肌色を調整するメラニンの量が多いので、肌に紫外線や疲れの影響が出やすく、シミやクマになりやすくなります。

疲労や疲れがたまると青や黒っぽいクマができるブルべと比べて、イエベの人はメラニンの影響で茶色の「茶クマ」になりやすいので、ケアすることが大切です。

素肌力に自信が欲しい人に「ETVOS」

紫外線や疲れの影響で肌にお疲れが出やすい方にコスメが「ETVOS」です。

「ETVOS」は2007年に日本で初めてクレンジングフリーのミネラルファンデーションを発売した会社で、肌が持ってる基本的な機能を高める「ヒト型セラミド」配合のスキンケアががあります。

「ETVOS」から発売されているアイテムは、全商品が医学博士監修の元で開発されていますので素肌力にこだわりのある方にもです。

イエベに似合うメイクのコツ6つ

黄色がかったベージュのイエベの人は温かみがあり明るい印象が魅力です。

イエベの人がブルべのメイクをすると、バランス悪くなり肌がくすんで見えたり、思いどおりの発色を楽しむことができない場合がありますので注意してください。

ここからは、イエベの魅力を引き立たせるイエベの人に似合うメイクのコツについて、色や、アイテムの使い方のポイントと一緒に6つご紹介します。

コツ1:暖色系のカラーを使う

イエベの人に似合うメイクのコツ1つめは「暖色系のカラーを使う」ことです。

温かみのあるカラーのイエベの人はオレンジ系やイエロー、黄色の強いゴールドのように暖色系が肌によくなじんで肌を綺麗に見せてくれますのでします。

イエベの人が暖色系を使ったメイクをすることで、明るく元気で魅力のある印象になりますので、元気が欲しいときにもぴったりです。

コツ2:アースカラーを使う

イエベの人に似合うメイクのコツ2つめは、「アースカラーを使うこと」です。

パーソナルカラーの「イエベ」は、春夏秋冬に分ける場合、温かみのある春と秋になりますので、サーモンピンクやコーラル、ベージュやブラウンのような暖色系のアースカラーがとても似合います。

季節にあわせて暖色系のアースカラーを取り入れることで元気な印象の中にも女性らしい色気を演出することができるのでです。

コツ3:オークル系の下地やファンデを使う

イエベの人に似合うメイクのコツ3つめは、「オークル系の下地やファンデーションを使うこと」です。

イエベの人のベースメイクカラーは、オレンジやイエローカラーの入ったオークルを使うことで、自然に肌になじんで、ツヤのある肌になります。

黄色よりのベージュの「イエベ」は、ベースメイクにイエローベージュが合う印象がありますが、イエベの肌にイエローベージュを重ねると、肌になじみにくく、白浮きしやすくなるので注意してください。

コツ4:瞳の色に近いアイシャドウを使う

イエベに似合うメイクのコツ4つめは「瞳の色に近いアイシャドウを使うこと」です。

イエベの人の髪や瞳の色は、ブルべの人に比べて、茶色っぽく温かみのある色をしていますので、瞳の色に近いカラーのアイシャドウを使用することで、雰囲気になじんだ魅力のある目元になります。

瞳に近いカラーのアイシャドウに合わせてアイライナーやマスカラもブラウンや暖色系のアースカラーを選ぶとバランスがよくなるのでです。

コツ5:ベージュ系・オレンジ系のチークを使う