Search

検索したいワードを入力してください

パリジェンヌ ファッション8箇条から洗練されたお洒落を学ぼう

Author nopic iconyuuharu
カテゴリ:コーディネート

更新日:2020年08月21日

パリジェンヌ ファッション8箇条から洗練されたお洒落を学ぼう

パリジェンヌとは

パリジェンヌと聞いて、どんな女性をイメージするでしょうか。シンプルなのにお洒落、本当に気に入ったものしかワードローブに加えない、自己主張が強くプライドが高いなど、人それぞれにパリジェンヌのイメージがあるでしょう。

ここでは、実際のパリジェンヌの性格や日常生活、美の秘訣などをご紹介していきます。パリジェンヌの多くは、自分らしく自然体であること、そしてそのための努力も惜しまない自立した女性たちです。

パリジェンヌの性格

パリジェンヌは、自分は自分、他人は他人という自分だけの価値観があり、周囲の意見や流行に流されにくい傾向にあります。

自分の国に誇りを持ち、自分自身にも高いプライドを持っているので、日本人からすると、第一印象は近寄りがたいイメージを持つ可能性があります。

しかし、パリジェンヌは、何よりも自分の個性を大切にし、信念を曲げない自立した大人の女性が多いので、見習うべきところも多いと言えるでしょう。

パリジェンヌの日常生活

パリはファッションの中心地にもかかわらず、ファッションはけして派手ではなく、シンプルを心がけています。パリジェンヌの日常生活も意外に質素で、インテリアも家具も食器も、シンプルで自分が気に入ったものを大切に長く使います。

その代わりに、パリジェンヌは、いつでも自分磨きを忘れません。読書をして知識を深めたり、絵画、音楽、映画などの芸術に積極的に触れる生活をしています。

パリジェンヌの美の秘訣

パリジェンヌは、ナチュラル思考が強いので、できるだけ肌への負担を避ける傾向にあるため、すっぴんか薄化粧の人が多いです。年を重ねた証としてシワやシミがあっても、受け入れています。

何もしないわけでなく毎日の洗顔、角質ケアを丁寧に行い、日本よりも敷居の低いエステサロンで、プロによる定期的なケアも受けています。ナチュラルな美しさを好む彼女達を見習って、見落としがちなスキンケアの基本を見直してみましょう。

パリジェンヌ ファッションの基本8箇条

パリジェンヌのファッションは、シックでシンプルなベーシックスタイルを好みます。それでも量産型ファッション一色にならないのは、ひとりひとりが徹底的に試着や仕立て直しをし、自分を最もきれいに見せる服を身に着けているからです。
 
また、調和を大事にするパリジェンヌは、主張をする時も、TPOに合わせることを忘れません。カジュアルでも肌を見せたドレスアップスタイルでも上品に見えるのは、そのためと言えるでしょう。

1箇条:流行に左右されず個性を生かす

パリジェンヌは、確固たる「自分」というものを持っているので、流行に左右されるということがありません。自分に何が似合うのかを、研究して熟知しているので、自分だけの「定番スタイル」があると言ってよいでしょう。

自己主張をすることを意識しているパリジェンヌですが、TPOは大切に考えているので、けして派手すぎず、どんなシーンでも絶妙なバランスで個性を生かしています。

2箇条:TPOに合ったおしゃれを楽しむ

TPO(時と場所と場合)を大切にするパリジェンヌは、ファッションで大切なのは、その場から浮いて目立つことではなく、美しく溶け込み、調和することだと考えています。

自分が素敵に見える事よりも、一緒にいる人たちや、その人たちと一緒にいる場所や状況におかれたシーンに、自分が溶け込めているかを考えます。それを踏まえた上で、気づかれないようなところに自分らしさを覗かせるのがオシャレ上級者のパリジェンヌ流です。

3箇条:いつも自然体で高いヒール靴は普段履かない

パリジェンヌは、「ぺたんこ靴」を愛用しています。スニーカはもちろん、パンプスやブーツでもヒールのないものを選び、オシャレかつ快適に動けるかが、靴選びのポイントになっています。石畳の多いパリの土地柄もありますが、散歩することも好きなパリジェンヌは、機能性とファッションを兼ね備えた靴選びをします。

快適に動けると、自然と姿勢も正されるので、パリジェンヌは背筋をピンと伸ばし颯爽と歩く人が多いでしょう。

4箇条:全体はベーシックでシックな色味で統一

パリジェンヌのファッションの基本はシンプルでシックなベーシックスタイルです。コーデネイトは、可愛ささよりも「大人のカッコいい女性」を意識している人が多いです。

パリジェンヌのファッションは、けして作りこみ過ぎず、使う色は三色以内という暗黙のルールが存在します。白や黒、グレー、ネイビー、ベージュ、ダークブラウンなどを好んで着る傾向があります。特に、黒のワントーンコーデは年間通じて多く見られます。

5箇条:女らしさを取り入れ上品なセクシーさを

初回公開日:2018年09月28日

記載されている内容は2018年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。