Search

検索したいワードを入力してください

セリアの織り機でできるグッズ3つ|織り機以外の手作りグッズ

Author nopic iconYuki.N
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年10月05日

更新日:2019年02月26日

記載されている内容は2018年10月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

セリアの織り機でできるグッズ3つ|織り機以外の手作りグッズ

セリアの織り機

織り機でDIYというと、なんとなく難しそう、敷居が高そうというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし、最近では100円均一ショップのセリアでも、初心者でも簡単に取り組むことのできる織り機が販売されていて、コースターやブレスレットといった小物を作ることができます。

大きな布を織るのは大変ですが、太い糸を使って小物をざっくりと織るのであれば、初めての人やお子様でも大丈夫です。

手織りツールセットでDIY

セリアでは、「手織りツールセット」という名前で織り機が販売されています。木枠1個と、そうこう2つ、シャトル2つがセットになっていて、この織り機と糸があればすぐに作品を作ることができます。

セリアには毛糸や糸も売っていますから、この手織りツールセットと一緒にお好みの糸を購入すれば、帰ってすぐにDIYに取り組むことができてしまいます。

セリアの織り機でできるグッズ3つ

セリアの手織りツールセットでは、どのような作品が作れるのでしょうか。セリアの手織りツールセットで作れるグッズを3つ、作り方と一緒に紹介していきます。

小さな作品であれば、家事や仕事のスキマ時間を利用してササッと作ることができます。素敵な作品を作ってみてください。

グッズ1:コースター

セリアの織り機を手に入れたら、さっそく作品作りに挑戦してみましょう。手頃な大きさで、織り機を使った最初の作品にぴったりなのが、コースターです。

デザインに特に決まりはないので、余った糸や毛糸を利用して作ってもよいでしょう。途中で糸を変えてもデザインのように見えて、オシャレです。

作り方

1.縦糸を木枠に掛けていきます。

2.横糸に使いたい糸を付属のシャトルに巻き付けます。

3.横糸を通しやすいように、付属のそうこうをセットしておきましょう。

4.縦糸を一本ずつ飛ばすようにして、横糸を通します。次の段に横糸を通すときは、先ほど下になった糸が今度は上になるように拾って糸を通します。

5.好きな高さまで横糸を通したら、縦糸を切りましょう。

6.縦糸を2~3本ずつまとめて結び、できあがりです。

グッズ2:ブレスレット

ブレスレットも手頃な大きさなので、練習がてら作るのにちょうど良い小物です。コースターより幅が細くなりますので、縦糸は細めの糸を使い、4~6本ほど、お好みの幅になるようにかけるとよいでしょう。

ウッドビーズや大きめのアクリルビーズ、天然石などがあれば、糸に通しながら織り込んでいってもよいでしょう。フリンジになる縦糸の端にビーズを付けても素敵です。

作り方

1.縦糸を好みの幅になるように木枠に掛けていきます。

2.横糸に細い糸を使う場合は、付属のシャトルではなく、毛糸用のとじ針や布団針などの太めの針を使うとよいでしょう。

3.縦糸を一本ずつ飛ばすようにして、横糸を通します。次の段に横糸を通すときは、先ほど下になった糸が今度は上になるように拾って糸を通します。

4.好きな高さまで横糸を通したら、縦糸を切りましょう。

5.縦糸をまとめて結び、できあがりです。

グッズ3:マフラー

織り機に慣れてきたら挑戦したいのが、マフラーです。マフラーは長いので織るのが大変そうと感じる方も多いでしょう。

しかし、セリアでは超極太の毛糸も売っていますので、超極太毛糸で織ってしまえば、時間はあまりかかりません。太い糸なら2時間ほどで織ることができますので、編み物とたいして変わらない時間で作ることができます。

長い物を織るときはセリアの織り機を2つ用意し、テーブルの両端に固定して織っていきます。

作り方

1.織りたい長さ分のテーブルや机の両端にひとつずつ、セリアの織り機を仮止めします。マスキングテープなどを使って固定すると作業しやすいでしょう。

2.織り機を固定したら、2つの織り機にまたがるようにして縦糸を掛けていきます。

3.好みの横糸をシャトルを使って、縦糸に通していきます。太い糸を使うと早く織ることができます。

4.好きな高さまで織ったら縦糸を切りましょう。

5.縦糸をまとめて結び、できあがりです。

織り機が気になる方におすすめのサービスはこちら

ブレスレットやマフラーをどんな色の糸で織ろうか迷ったら、ファッション通販サイトも参考にしてみるのもおすすめです。

ファッション通販サイトでは、トレンドや着こなしもわかるので、イマドキのファッションに合わせやすい小物を作るにはどのような糸を使うとよいのか、アイデアが湧いてくるでしょう。