Search

検索したいワードを入力してください

パリジェンヌのファッション春の5つの基本アイテム

Author nopic iconpine
カテゴリ:コーディネート

更新日:2020年08月21日

パリジェンヌのファッション春の5つの基本アイテム

パリジェンヌとは

パリジェンヌとは、パリで生まれ育った女性のことを指す、フランス語の言葉です。パリで生まれ育った男性のことをパリジャン(Parisien)と言い、女性形がパリジェンヌ(Prisienne)です。

パリジェンヌという言葉自体は「パリで生まれ育った女性」という意味しか持っていません。しかし、モードの中心であるパリにはおしゃれな女性が多いこともあり、暗におしゃれな女性の例えとして使用される言葉でもあります。

パリジェンヌの由来

パリジェンヌという言葉の由来は、フランス語にあります。パリジェンヌという言葉は、実際にフランスでも呼ばれている呼び方です。

日本語でいえば道産子や江戸っ子の「子」、英語でいえばNewYorker(ニューヨークの人)やLondner(ロンドンの人)の「er」が、フランス語では「ien」もしくは「ienne」となります。

フランス語には男性形と女性形があるため、女性の場合はパリジェンヌとなります。

パリジェンヌの歴史

パリジェンヌの歴史は、19世紀後半までさかのぼります。1700年代末のフランス革命によって自由を得たパリ市民は、19世紀後半ごろからモードという文化を生み出し、自らそれを楽しむようになりました。

この時代にファッション誌やオートクチュールが生まれ、パリの女性たちはこぞって着飾ることを楽しみました。このように先陣を切ってモードを楽しむパリの女性たちは、いつしかおしゃれの代名詞となりました。

パリジェンヌのファッション

モードの中心にいるパリジェンヌたちには、定番のアイテムや着こなしのルールがあります。おしゃれなパリジェンヌたちが、意外にもあまり服を持たないことは有名ですが、彼女たちのファッションルールに則(のっと)れば、服が少なくてもおしゃれに毎日を過ごせます。

パリジェンヌたちのファッションルールとは、いったいどのようなものなのでしょうか。定番アイテムや着こなしのコツを紹介します。

パリジェンヌの春の5つの基本アイテム

パリジェンヌには、かならずクローゼットに入れている基本アイテムがあります。それが何かは季節によって変化しますが、着回ししやすいシンプルなものが多いです。

その中でも、春の基本アイテムは一般にパリジェンヌを想起させるアイテムが多く、どこに住んでいて、どんな仕事をしていても、何歳でも着用可能なものばかりです。

まずはおしゃれの定番中の定番、パリジェンヌの春の基本アイテムを5つ紹介します。

アイテム1:トレンチコート

数あるコートの中でも特にシックなトレンチコートは、パリジェンヌには必須のアイテムです。トレンチコートはオフィスや学校、デートにも使えるため、日本でも重宝されています。

また、中に何を着ていても、トレンチコートを羽織るだけでシックなイメージになる便利なアイテムです。着回し力にも優れており、腰を絞って愛らしい雰囲気にしてみたり、着崩してファッショニスタ風にしてみたりと、意外にも汎用性が高いのも魅力です。

アイテム2:無地Tシャツ

さまざまな使い方のできる無地Tシャツは、パリジェンヌも重宝しています。インナーとして着る、重ね着する、そのまま着るなど、シンプルなTシャツが1枚あるだけで、コーディネートの幅はぐっと広がります。

襟ぐりが深い有数スのインナーにする、キャミソールと重ね着する、スキニーデニムと合わせてスタイルの良さをアピールするなど、さまざまな場面に対応します。襟の形や深さで何着か持っておくのがです。

アイテム3:ボーダーアイテム

数年前、男性にモテないアイテムの象徴として話題になったボーダーも、実はパリジェンヌの必携アイテムです。一般に、ボーダーはカジュアルなイメージのため、女性らしさが強調されないというのが理由とされています。

しかし、自立したパリジェンヌたちはそもそも男性ウケなどあまり気にしません。アイテムの性質を理解し、ボーダーをトレンドに合わせてコーディネートするため、いつの時代もおしゃれにボーダーを着こなします。

アイテム4:デニム

パリジェンヌとデニムは切っても切れない関係です。パリジェンヌたちはスキニーデニムの着用率が高めです。よく歩くためかパリには細い女性が多く、スキニーデニムも様になります。

パリジェンヌが好むのは、シンプルな有数スと細身のデニムの組み合わせですが、同じようなアイテムを着用していても、それぞれ違った印象を受けます。シンプルコーデでも自分らしさを演出できるのは、パリジェンヌの強みでしょう。

初回公開日:2018年10月26日

記載されている内容は2018年10月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。