Search

検索したいワードを入力してください

モビールの作り方アイデア16選|モビールの飾り方アイデア

Author nopic iconnui
カテゴリ:趣味

初回公開日:2018年10月30日

更新日:2020年03月07日

記載されている内容は2018年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

モビールの作り方アイデア16選|モビールの飾り方アイデア

モビールとは

モビールは元々デンマークで古くから室内装飾品として用いられてきました。それをアメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーが、モンドリアンの抽象画から発想を得て、1932年に動く抽象画として作りました。これをマルセル・デュシャンという芸術家がモビールと名付けたそうです。

最初カルダーのモビールは床置き式でしたが、宙に浮かぶ図形を作りたいと模索した結果、天井から吊るすようにしたといいます。

天井からつるす飾り

モビールは紙やプラスチック、フェルト、木材などの軽い素材で作ったモチーフを、糸や棒などでバランスよく吊るした飾りです。

吊るせるならモチーフは何でもいいので、アイデア次第で自由自在にアレンジでき、作り方も簡単です。一点で留めるので風が吹くとクルクルと回るのも、モビールの楽しさです。

またベビーベッドの上によくモビールが飾られる理由は、赤ちゃんを楽しませると共に、目や脳の発達を促すためもあるそうです。

モビールの作り方

モビールを作る時は、バランスを取るのに少しだけ手間がかかりますが、そこがモビール作りの醍醐味でもあります。

また吊るすモチーフも、重さに耐えられるなら何でもよいので、何を吊るすか考えるのも楽しいはずです。ここでは基本的なモビールの作り方についてご説明します。

材料

モビールの材料は、基本的には吊るしたいモチーフと、モビールを支える棒、モビールを繋げる糸などがあればできます。

作り方によって、棒の代わりにワイヤーだったり、繋げる糸がピアノ線、テグス、毛糸だったりもします。

モチーフは布で作ったマスコットや、使わなくなったトランプ、写真、紙、木、金属、フェルト、ビーズ、粘土で作ったモチーフなどさまざまです。とにかく自由な発想で、吊るしたいものを選んでみてください。

手順

作り方はそれほど難しくなく、基本的にはモチーフに糸などを繋げたら、天秤になる棒か針金の端に取り付けるだけです。

モビールの少し手間のかかるところとして、バランスを取る点があります。しかしこれもてこの原理を使えば簡単です。バランスを保つための支えの天秤にモチーフをセットして、支点を左右に動かしながらバランスを整えます。

最初はシンプルなパターンから始めて、モビールの作り方のコツを掴んでみてください。

モビールの作り方のアイデア16選

モビールの作り方のアイデアを16個ご紹介します。たくさん作り方をご紹介するので、何か気に入る作り方が見つかるでしょう。

どれも簡単にできるものばかりなので、気になったら、気軽に挑戦してみましょう。きっとお部屋のインテリアのアクセントになってくれるはずです。

作り方1:気球

気球はゆらゆら揺れるモビールにぴったりのモチーフです。材料は画用紙(二色が可愛いです)、糸、ワイヤーです。

作り方は、まず気球の形に切った画用紙を6枚用意します(二色使う際は一色につき三枚用意します)。画用紙を縦に半分に折り、折ったまま貼り合わせます。2枚と4枚の組を作ります。

4枚組の真ん中に、結び目を作った紐を通して、その上から2枚組を貼りつけて気球は完成です。これをワイヤーの天秤に取り付けます。

作り方2:クリスマス

クリスマスに合うようなモビールには、白や銀色を主色にしたものや、赤・緑・白を主色にしたものを選ぶとクリスマスっぽくなります。また、モコモコしたファーや毛糸やフェルトを使った、温かみのある素材も似合います。

モチーフは、クリスマスツリーや、ツリーに飾る丸いボールやキャンディーや星などのモチーフなどのクリスマスにまつわるものや、雪の結晶、雪玉など冬にまつわるものが合うでしょう。

作り方3:桜