Search

検索したいワードを入力してください

40代の人に髪型10選|若見えや小顔に見せるコツ!

Author nopic iconblueocean
カテゴリ:ヘアスタイル

更新日:2020年08月21日

40代の人に髪型10選|若見えや小顔に見せるコツ!

40代の人に髪型とは

40代の髪型は一番難しい年齢です。なぜなら、可愛いは卒業、でも大人を演出しすぎると違和感が出てしまうからです。

可愛らしさと女性らしさの割合が難しく、髪型に悩む方が多くいらっしゃいます。前までは似合っていた髪型が似合わなくなったら、自分の骨格や、顔の形を活かした髪型にする、もしくは、最も手っ取り早い方法を試してください。それがボブスタイルです。可愛いと女性らしさを叶えてくれます。

最新のトレンドは?

最新のトレンドのお手本にするべきなのは、女優の吉田羊さんです。吉田さんの髪型はいわゆるボブスタイルです。ボブスタイルだけれども、40代にこそ試してほしい要素が詰まっています。「40代 髪型 ボブスタイル」のキーワードにピンときたら、吉田洋さんの髪型をお手本にしましょう。

髪質・長さ別40代に髪型10選

40代になると髪型選び難しくさせる理由が出てきます。それは、髪の毛が抜けることです。若い時は髪の毛が抜けてもすぐに新しく健康的な髪が生えてきます。これはターンオーバーがしっかりと行われている証拠です。

しかし40代にもなると、髪が健康に育ち切らないうちにターンオーバーが行われてしまいます。その結果、髪の毛がどんどんと薄く細くなっていきます。これを髪型でカバーするなら、パーマなどで対策しましょう。

1:ワンレン風ボブ

40代ならではの悩みを解決してくれる強い味方がボブです。ただのボブだと可愛すぎる印象になってしまうので、ワンレンボブをします。40代だと髪の毛が細くなる、ツヤがなくなる場合があります。仮にロングヘアの場合だと、この悩みが浮き彫りになる場合があります。

そんな時は髪を綺麗に見せてくれる、女性らしいワンレンボブに頼りましょう。大人っぽさと可愛らしさをバランスよく表現できる髪型と言えます。

2:外ハネワンレンボブ

同じボブでも外ハネに仕上げることで、イメージが変わります。ワンレンボブはレイヤーを入れない代わりに、まとまりのあるヘアスタイルが完成します。そこが、40代にとって、艶がない髪の毛が細くなっている悩みと合流します。

ただ、裏を返せば動きのないペットリとした髪型に見られます。そうならないために、ボブの髪型に外ハネというアレンジを付け加えましょう。ポイントは毛先のみにカールをつけることです。

3:前下がりボブ

40代女性に髪型に前下がりボブもです。ボブスタイルですがより、クールでキャリアウーマンの印象が強くなります。また、ボブスタイルの丸みと前下がりのシルエットが印象的なので、女性らしさと凛とした強さを感じさせます。

40代で可愛い髪型は卒業したい女性らしさは感じさせたい方にです。そんな時は、前下がりでクールな印象にして髪色は自然なカラーにしましょう。雰囲気を和らげることができます。

4:ふんわりボブ

40代で可愛さを追求したいなら、パーマボブをします。ボブにパーマを加えることで可愛らしい雰囲気が漂います。顔周りすぐにカールを持ってくるほど、若く可愛い髪型になるのでです。その際は、程よくカールを取り入れるようにしてください。

40代の方で、もう少し落ち着いた髪型にしたいならあご先にカールがくるようにしカール効果を狙いましょう。可愛さを表現でき40代にピッタリな髪型になります。

5:パーマロング

40代がロングヘアを髪型に選ぶなら、ナチュラルなカールをします。大きめのカールや細かいカールは、場合によっては若すぎて見えることがあります。40代の年齢とそぐわない髪型になってしまっては違和感が残ります。大きくゆるやかなカールがポイントです。

控えめにカールをつけることで、40代にあった髪型にも対応できます。ロングヘアに軽くカールを足すだけで、可愛さと大人っぽさを両立することが可能です。

6:くせ毛風カール

ナチュラルなくせ毛風パーマも40代の髪型に最適と言えるでしょう。控えめなパーマは毛先中心にかけるようにしてください。また細かいカールではなく、大きめカールでゆるくが鉄則です。

前髪を短く、斜めに流すことで若さと可愛さを表現することができます。またこのパーマスタイルはスタイリングが楽という点からもです。何かと忙しい40代女性の強い味方な髪型と言えます。ヘアスタイルを時短したい方は試してください。

初回公開日:2018年12月04日

記載されている内容は2018年12月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。