Search

検索したいワードを入力してください

厚い唇を薄くする方法6選|薄い唇と厚い唇の印象とは?

Author nopic icontmm
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2018年11月22日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

厚い唇を薄くする方法6選|薄い唇と厚い唇の印象とは?

唇の印象

自分の唇について考えたことはありますか。唇の分厚さ、濃さ、大きさなど感じる部分は多いことでしょう。この記事では、厚い唇に悩む人が薄い唇にする方法を紹介していきます。

まずは薄い唇と熱い唇とでは印象がどう変わるのか、考えていきましょう。薄い唇、厚い唇それぞれに長所があってメイクやファッションによって可愛く見えたりクールに見えたりします。詳しく見ていきましょう。

厚い唇

厚い唇はプラスの意味では「可愛い・魅力的」、マイナスの意味では「印象が強すぎる」と感じることがあります。プラスとマイナスの印象を認識しておきましょう。

熱い唇の中でもぷっくりした唇は可愛く魅力的に見え、羨ましいと感じる人も多いです。一方で分厚くなりすぎたりメイクの方法を誤ったりした唇は、印象が強くなりすぎると感じてしまう人もいます。

薄い唇

薄い唇はプラスの意味では「落ち着いている・クール」、マイナスの意味では「冷たい」といった印象を受けます。厚い唇に比べて、知的で上品といったイメージを受ける一方、セクシーさで物足りないという声もあります。

キレイめな格好やクールなファッションをする人にとって薄い唇はぴったりです。しかし、可愛らしさやセクシーさでは分厚い唇に敵わないため、分厚い唇に憧れている人も多いです。

唇を薄く見せる方法6選

唇を薄く見せる方法を確認していきましょう。6つ紹介していくので自分にあった方法を見つけましょう。

唇が厚い人は薄くなりたいと考える人が多いです。なぜ唇が厚くなったのか、唇を薄くするにはどうしたらいいのか、掘り下げながら読み進めていきましょう。また、メイクなどで使い分けることができれば、シチュエーションによって分厚い唇、薄い唇を披露できます。早速見ていきましょう。

1:トレーニングする

トレーニングをしましょう。唇の形を変形させる口角トレーニングです。口周りの筋肉や表情筋を鍛えることによって、顔全体の筋肉を引き上げましょう。

方法は簡単です。口を閉じ、上唇とした唇を丸め込むように閉じます。固く口を結んでキープしたら、次は反対に大きく口を開けましょう。これをそれぞれ5秒ずつキープすることを繰り返していくと顔周りの筋肉が鍛えられ、唇が薄くなるかもしれません。

2:マッサージする

続いての唇を薄く見せる方法は「マッサージする」です。口周りや表情筋のマッサージをセルフで行いましょう。

口を閉じた状態で両手を頬に当て、斜め上に引っ張ります。5秒キープを10セット繰り返し、口周りの筋肉を柔らかくしましょう。マッサージやトレーニングは毎日続けることが大切です。理想の薄い唇に近づくために顔周りの筋肉を鍛えていきましょう。

3:呼吸法を見直す

3つ目の厚い唇を薄くする方法は「呼吸方法を見直す」です。口呼吸ばかりして鼻呼吸がうまくできていない人は、整った唇になりにくいです。

唇の形はさまざまな要因によって決まってきます。その1つが呼吸方法です。口呼吸の多い人は常にだらしなく口が開いているため、きれいな唇を作ることができません。意識して鼻呼吸をすることで口呼吸の割合を減らし、整った唇を目指しましょう。

4:メイクでカバーする

4つ目の厚い唇を薄くする方法は「メイクでカバーする」です。実際の唇より小さめにリップを塗ることで、薄い唇を作りましょう。

まず唇全体に肌の色に近いファンデーションやコンシーラを薄く塗りましょう。そして実際の唇より薄くリップを塗ります。仕上げに影になる部分をコンシーラーで修正し、違和感のないように整えます。唇の一部を肌と同化させることで唇を薄く見せます。

5:歯科矯正する

5つ目の厚い唇を薄くする方法は「歯科矯正をする」です。歯科矯正をすることで歯並びが良くなり口周りがスリムにることもあります。

歯科矯正をすると多くの場合歯を数本抜くため、輪郭が細くなります。その影響を受けて唇も変化するため、以前とは見た目が変わります。

6:美容整形をする