Search

検索したいワードを入力してください

ピンクブラウンヘアカラーの特徴7個|ヘアアレンジ3つ

Author nopic iconrasasa
カテゴリ:ヘアスタイル

更新日:2020年08月21日

ピンクブラウンヘアカラーの特徴7個|ヘアアレンジ3つ

ピンクブラウンとは

ピンクブラウンとは、ブラウンカラーにほんのりピンクをプラスした派手過ぎない、品の良いヘアカラーのことを指します。光の当たり具合により、ピンクの出方も変わり、色々なニュアンスを楽しむことができるのも、このカラーの特徴です。

そんなピンクブラウンのブラウンとピンクのバランス、遊び心とおしゃれのバランスについてご紹介しましょう。

ブラウンとピンクのバランス

おしゃれな女子の間で話題となっているブラウンピンクは、ブラウンとピンクのバランスが絶妙に半分にすると美しい色合いが出ます。

半分ブラウンであるとピンクが明るく出過ぎないので落ち着いたカラーを出せますし、ピンクが半分のバランスで含まれていると、ほのかな明るさを出せるヘアカラーにできます。

遊び心とオシャレの良バランス

遊び心とオシャレの良いバランスがとれているのが、ピンクブラウンの良いところです。いたずら心と愛されたいとの気持ちが感じられる可愛い遊び心をちょっぴり出しつつ、女性らしいエレガントさのあるオシャレさも感じさせるでしょう。

落ち着いているカラーですが、パンツからワンピースまで色々なオシャレコーデに合わせ易い、良いバランスがとれる色です。

ピンクブラウンヘアカラーの特徴7個

パッと目を引くピンクブラウンは、女性の顔を美しく、肌の色を白く見せることができます。淡いピンクがかったブラウンカラーにしたいと考えるあなたのために、ピンクブラウンの特徴を7個ご紹介します。

特徴1:肌がキレイに見える

ピンクブラウンのヘアカラーは、肌がキレイに見える特徴があります。肌の白さが一際引き立ち、可愛く見えるでしょう。肌がキレイに見えることで若く見えるメリットもありますし、健康的にも見えます。活発的で元気な印象となり、好印象を持たれることも多くなります。

ピンクブラウンにすると上品さと清楚なイメージにもなりますから、品が漂う肌に見えるのも特徴的です。

特徴2:透明感が出る

肌に透明感が出るのがピンクブラウンの特徴です。顔全体から10代の頃に漂っていた透明なベールに包まれたように見えて、とても美しく、若く見えるようになります。白い肌であればより、キメの整った美しい肌のように見えますから、若返った印象となるでしょう。

ピンクの強い部分に光が当たりますと、パッと明るさのあるピンク色になります。これがより、肌を白い肌にして、透明感を強くします。

特徴3:自然なツヤ感

自然なツヤ感が髪全体から出るのがピンクブラウンの特徴です。ワックスやムースなど付けなくても、ピンクブラウンに染めて、髪の毛をブラッシングしただけで、自然で美しいツヤが有数から毛先までしっかり出ます。

特に、有数には輝く輪が出ますから、頭皮が健康な状態で、キューティクルが整った健康的な髪の毛が生えていると感じるでしょう。よりピンクの色が強い部分にキレイなツヤが出るピンクブラウンです。

特徴4:黒い瞳が映える

黒い瞳が映えるのがピンクブラウンの特徴です。髪の毛を明るいスイートピンクブラウンにすることで、顔の黒い部分が強調されますから、クッキリ見えるようになります。

白目と黒目が大きく見えるようになるので、目元の印象がハッキリと出て、可愛い印象にも見えるでしょう。目が大きくなれば、性格が明るく、優しさのある女性にも見えるので、初対面の人や異性にも好印象を与えることもできます。

特徴5:毛の流れがハッキリ出る

毛の流れがハッキリ出せるのがピンクブラウンの特徴です。黒髪では色が暗くて上手く毛の流れを出すことが難しいですが、髪の毛全体が明るいピンクブラウンはウェーブを上手く出すことができます。

ピンクとブラウンが絶妙に交わるこの色は、明るい、暗いという明暗を上手く出すことができる特徴があります。光の当たり具合により、明るいピンクの部分はより明るく見えることで、美しいウェーブの流れを楽しめるでしょう。

特徴6:全体的に軽やかさが出る

全体的に軽やかな印象に見えるのがピンクブラウンの特徴です。黒髪では重い印象に見えてしまいますが、ピンクがかったブラウンの髪の毛はボリュームがあっても軽やかで楽しい印象に見えます。

光の当たり具合により、さらに軽やかに髪の毛が動くところは表境も楽しく、全体的に動きも軽やかな楽しい女性に感じるでしょう。カールもキレイに出るピンクブラウンは、前髪もバック、毛先まで軽やかな印象となり、個性と遊び心があるようにも見えます。

初回公開日:2018年12月06日

記載されている内容は2018年12月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。