Search

検索したいワードを入力してください

自分を知る方法31個|おすすめの心理テストアプリ8選

Author nopic iconaki.
カテゴリ:人の心理

更新日:2020年02月15日

自分を知る方法31個|おすすめの心理テストアプリ8選

6:誰にも負けない特技は何か

誰にも負けない特技はありますか。実際の勝ち負けは問題ではありません。あなたが「誰にも負けない」と自負することが重要です。あなたが自信を持つ特技は、自分を知る上で非常に重要なカギとなるでしょう。

7:今までで一番嬉しかったできごとは何か

今まで生きてきて一番嬉しかったできごとは何ですか。嬉しかったことはたくさんあるでしょうが、その中で「一番」と言われると、戸惑う人も少なくないでしょう。

嬉しいできごとはあなたの価値観を知るきっかけとなります。他の誰かにとっては特段大したことのないできごとでも、あなたにとっては飛び上がるほどハッピーだったことがあるでしょう。自分を知るためにゆっくりと人生を振り返ってみてください。

8:今までで一番悲しかったできごとは何か

今までで一番嬉しかったできごととは逆に、今までで一番悲しかったできごとを思い出してみましょう。悲しいできごとを思い出すのは辛く苦しい作業です。できることなら触れたくないと、心の引き出しにそっと鍵をかけている人もいるでしょう。

しかしながら悲しみと向き合うことは自分を知るきっかけとなります。そして、さらに良い人生を歩むためにも必要です。悲しみの奥にある学びに気づけば、悲しみを乗り越えることが可能です。

9:どんな人と一緒にいるのが心地良いと感じるか

あなたはどんな人と一緒にいるのが心地良いと感じますか。その相手は自分を知るためのキーパーソンとなります。あなたが心地良いと感じる人はおそらく、あなたが目指す理想の人です。あなたはそんな風になりたいと常日頃から思っているのでしょう。

なぜその人といると心地良いのか、一つ一つリストアップして熟考してみましょう。自分の性格や志向が明確になってくるはずです。

10:十年後の自分はどうなっていたいか

ぼんやりとした未来像ではなく、十年後と時間を限定してイメージしてみましょう。十年後のあなたはどんな風になっていたいですか。

仕事、恋愛、結婚、趣味、友人関係、暮らしぶり、リアルに思い描いてください。十年後ならそれほど難しくないはずです。そうすれば現在のあなたに必要なもの、欠けているものがはっきりと分かってくるでしょう。

11:両親はどんな人か

あなたの両親はどんな人ですか。自分を知るには親の存在は無視できません。わたし達人間は親の影響を大きく受けて育っています。親との縁が薄く、良い思い出がないという人も少なくないでしょう。しかし両親が揃って初めて、わたし達は生を受けこの世に誕生します。

両親について考えてみましょう。受け継いだ物や受け継がなかった物などを熟考しているうちに、自分という人間が明確になってきます。

12:どのような幼少期を過ごしたか

人の性格や思考、行動パターンのほとんどは、幼少期に作られていると言っても過言ではありません。幼少期は心は無垢で、真っ白なキャンバスに例えられます。そこに濃い色の絵の具が塗られれば、ちょっとやそっとのことでは消えないでしょう。

自分を知るには、自分の幼かった頃に想いを馳せてみましょう。あなたはどんな子供でしたか。大きなできごとはありましたか。それが現在の自分にどう繋がっているのか考えてみてください。

13:目標としている人はいるか

あなたには目標としている人がいますか。または尊敬している人はいますか。

目標としている人、尊敬している人を知ることは自分を知るきっかけとなります。あなたが憧れる人は、あなたがを持っていない物を持っているはずです。そしてあなたが将来それを持つ可能性は十二分にあります。目標とする人に一歩でも近づけるよう日々精進することが重要です。

14:好きな言葉は何か

真っ白い紙を用意して、好きな言葉を書き出してみましょう。深く考えず「心地良いと感じる言葉」を思いつくままに、どんどん箇条書きにしていくのがポイントです。

全て書き出したら改めて見直してみましょう。そこに何かパターンは見いだせませんか。「自分はこういう物が好きなんだな」と分かれば、自分を知るきっかけとなるでしょう。たまにそのリストを見返すことをおすすめします。瞬時に幸せな気持ちになれます。

15:嫌いな言葉は何か

初回公開日:2018年12月03日

記載されている内容は2018年12月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。