Search

検索したいワードを入力してください

沖縄の絶景スポット32選|奇跡の絶景に出会おう

Author nopic iconmr.paddington
カテゴリ:お出かけ

更新日:2020年08月29日

沖縄の絶景スポット32選|奇跡の絶景に出会おう

沖縄の基本情報

沖縄県は県庁所在地を那覇市に置き、行政区画は11市・5群(ぐん)・11町(ちょう)・19村(そん)で構成されています。

沖縄県の陸地面積は、2,281km2と全国で4番目に小さいにも拘わらず、海洋域は南北に約400km、東西に約1,000kmにも及んでいます。なお、沖縄県の人口は約145万人(2019年1月現在)と全国25位ですが、人口密度は628人/km2で全国9位と高い順位を占めています。

沖縄の地理・気候

沖縄県は、沖縄本島・宮古島・石垣島など人が住んでいる49の島と小さな無人島を含めて360以上の島から成っています。

沖縄県の気候は、沖縄本島以東は温暖湿潤気候帯、以西は熱帯雨林気候帯に属しているため、年間平均雨量が2,000mm以上と押し並べて高く高温多湿です。

その一方、年間の平均気温は概ね22℃であり、フェーン現象やヒートアイランド現象が無いため真夏でも猛暑日になることがほとんどありません。

沖縄への交通アクセス

沖縄へ交通アクセスは空路か海路ですが、基本的に移動時間や運賃を勘案すると飛行機が第一選択肢です。なお、JAL・ANA・LCCなどの国内線は、全国20カ所以上の主要空港から那覇・石垣・宮古に定期運航便があります。

ちなみに、那覇空港への1日当たりの運航便数の5位は、羽田空港(29便)・福岡空港(20便)・中部空港(12便)・関西空港(11便)・神戸空港(9便)となっています。

沖縄の絶景スポット32選

ここでは、沖縄県の全域からピックアップしての絶景スポットを紹介いたしますので、ぜひ沖縄旅行の参考にして下さい。

沖縄には多くの絶景スポットがありますので、特に初めて訪れる人にとっては悩ましい思いをします。沖縄旅行を存分に楽しむためには、旅行に出掛ける前に「離島でリゾート気分に浸る」「琉球王朝の史跡巡りする」「ホエールウォッチングする」など、目的を絞ることが大事なポイントです。

絶景スポット1:与那覇前浜

沖縄本島の南部・宮古島にある絶景ポイントの「与那覇(よなは)前浜」は、白い砂浜が約7kmにも及ぶ沖縄を代表する砂浜海水浴場の1つであり、宮古空港から車で約15分くらいのところにあります。

与那覇前浜の南東端には、向かい側にある木間島(くりまじま)と結ぶ全長約1,700mの木間大橋が架かっています。来間大橋を渡って対岸の竜宮城展望台から一望すると、白い砂浜の全貌を見ることができます。

絶景スポット2:海中道路

沖縄本島の中部・うるま市にある絶景ポイントの「海中道路」は、沖縄本島と浜比嘉島(はまひがしま)平安座島(へんざじま)・宮城島(みやぎじま)・伊計島(いけいじま)の4島を結ぶ、全長が約5Kmの海上道路です。

うるまの海中道路とは、海岸の浅瀬に築かれた片側2車線の土手道(県道)です。良く晴れた日に海中道路をドライブすると、金武湾の遠浅のエメラルドグリーンの絶景が目線の高さで心置きなく楽しめます。

絶景スポット3:万座毛

沖縄本島の中部・恩納村にある絶景ポイントの「万座毛(まんざもう)」は、東シナ海に面した高さが約20mの琉球石灰岩によってできた絶壁です。

万座毛は、「象の鼻」に似た奇岩があることで知られている絶景ポイントですが、断崖の北東部には学術的に貴重な沖縄の固有植物が生育している海岸林地植物群落があります。

絶景スポット4:東崎

沖縄県の西部・与那国島にある絶景ポイントの「東崎(あがりざき)」は、全体的になだらかな緑の牧草地が広がっていることから、海の青と牧草の緑が織りなす見事なコントラストが見所です。

東崎の断崖上に広がる牧草地では、与那国町の天然記念物に指定された馬体が120cmと小さな「ヨナグニウマ」が牧草を食む姿を見ることができます。

絶景スポット5:西崎

沖縄県の西部・与那国島にあるの絶景ポイントの「西崎(いりざき)」は、日本国領土の中で最も遅く日が沈む地点として有名です。

西崎灯台にある「日本最西端の碑」を見るためには、かなりの高台まで昇るためしっかりした服装や靴の装備が必要です。ちなみに、普段から行いが良くかつ運が強い人であれば、ご褒美として「台湾」の山々を望むことができます。

絶景スポット6:由布島

初回公開日:2019年03月22日

記載されている内容は2019年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。