Search

検索したいワードを入力してください

松ぼっくりで工作を楽しもう!工作アイデア5選と下処理の方法

Small 0423f131 5a45 43e0 a916 4bf73c6d1028マジカル
カテゴリ:趣味

更新日:2020年08月29日

松ぼっくりで工作を楽しもう!工作アイデア5選と下処理の方法

松ぼっくりで色んな工作ができる

子供のころ、松林で松ぼっくり拾いに夢中になった経験のある方も多いでしょう。子供のころは拾うだけで終わりでしたが、大人として松ぼっくりを拾ったら、おしゃれなオブジェなどの工作に挑戦してみましょう。

松ぼっくりは、大きさや形に種類があり、それらを組み合わせることで色んな工作をすることができます。これから来るイベントとして、クリスマスの飾りつけの工作にはもってこいのアイテムといえるでしょう。

松ぼっくりに色を付ける方法

松ぼっくりは、そのままでも素材の色を生かして工作を楽しむことができますが、松ぼっくりに、思い思いに色付けをすれば、よりリアルでオリジナリティー溢れた工作をすることができます。

松ぼっくりに色を塗る場合、基本的に油性ペイントを使います。水性絵の具では、色が上手くつかないばかりか、もし衣服に擦れた時に、色が服に付着する恐れがあります。

そこで、松ぼっくりに色付けをする方法を、材料ごとに解説していきます。

カラースプレー

カラースプレーは、ホームセンターに行くとラッカースプレーやアクリルスプレーが売られているので、それらを購入して塗装すると良いでしょう。また、最近では100均でもアクリルスプレーが購入でき色の種類も豊富で便利です。

アクリル塗料は、周りに飛び散ると落とすことが難しいので、塗る場合は周りに注意して塗装します。例えば、紙袋に松ぼっくりを入れて、塗装すれば周りに飛び散らずに済むでしょう。

マニキュア

ネイルアートに使うマニキュアで、松ぼっくりに色が塗ることができます。マニキュアは、100均でも購入でき、その色の数も豊富なので色使いが楽しくなるでしょう。

マニキュアで、色を塗るときには、マニキュアの瓶についている筆で塗っても良いですが、筆を別途購入して、かさにデザインを描きながら塗っても良いでしょう。

塗るには、松ぼっくりのかさを一枚づつ丁寧に塗っていくので、細かい仕事が好きな方に向いています。

油性ペン

油性マジックを使い、松ぼっくりに色を付けていくこともできます。油性マジックで色付けする場合は、他のペイントで傘を塗ってから、アクセントで傘の縁に描くようにマジックで色付けすると良いでしょう。

マジックを使い、傘を全部塗るには、細かい部分が上手く塗れないのと、マジックをかなり消費しますから、他のペイントと併用することをします。

ニス

ニスを松ぼっくりに塗ると、光沢が出て見栄えが良くなります。ニスには、水性タイプと油性タイプがありますが、水性のほうが扱いが簡単で匂いもなくです。

松ぼっくりにニスを塗る方法には、スプレーで塗る方法と刷毛で塗る方法がありますが、ムラなく塗るには、両方併用して塗ると良い出よう。

最初に刷毛塗りでスプレーが届きにくい傘の奥の部分を塗ります。その後スプレーでニスを塗ればきれいに仕上がるでしょう。

アクリル絵の具

アクリル絵の具は、ホームセンターや文房具店で購入できますが、最近では100均でもアクリル絵の具を手に入れることができます。

松ぼっくりに塗る場合、薄く色を付けるのであれば、アクリル絵の具を水で薄めても良いですが、より濃く色を付けたい場合は、水で薄めずそのまま塗ると綺麗に色を塗ることができます。

アクリル絵の具は比較的乾燥が早いので、作業スピードも速くできる利点があります。

松ぼっくりの工作アイデア

松ぼっくりの工作の代表といえば、クリスマスのアイテム作りでしょう。クリスマスツリーにクリスマスオーナメントなど、松ぼっくりを使った工作で簡単に作ることができます。

しかし、松ぼっくり工作は、クリスマスの飾りだけではありません。アイデア次第で置物から壁掛けに至るまで多くのモノを工作することができるでしょう。

そこで、松ぼっくりの工作として、代表的なアイデアをご紹介していきます。

松ぼっくりでクリスマスの飾りを作ろう

初回公開日:2018年12月01日

記載されている内容は2018年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。