Search

検索したいワードを入力してください

童顔メイクのポイント5選|童顔に似合うメイクとは?

Author nopic icon凛心
カテゴリ:メイク・コスメ

更新日:2020年08月29日

童顔メイクのポイント5選|童顔に似合うメイクとは?

童顔メイクとは

童顔メイクの特徴は思わず触れたくなるようなふわっとした肌にほんのりと血色感のある頬、黒目が大きくクリっとした目にぷるっとした唇などです。童顔メイクは素肌の美しさを活かしてふんわりとした雰囲気を作ることが大切です。

童顔の特徴

童顔とは実際の年齢女よりも若く見える顔立ちのことを言います。年を重ねても若く見えて可愛らしい印象の童顔女子は、守ってあげたくなると男性からのも高いです。童顔の人は全体的に丸くふっくらした輪郭の中に、ぱっちりした目・小さめの鼻や口という特徴があります。

また肌が綺麗というのも大きな特徴で、すっぴんやすっぴん風メイクでも綺麗な肌が必要不可欠です。

童顔のメリット

童顔の一番のメリットは何と言っても実際の年齢よりも若く見えるということではないでしょうか。大人の女性からすると実際の年齢よりも若く見られるのは嬉しいことですし、悪い気がする人はいません。

また童顔の人はかわいらしい印象に見えることが多く、男性からすると可愛らしく守ってあげたいと感じるので男性からのも高くなります。童顔の人は柔らかい雰囲気の人が多く、性格がよさそうと印象もよくなります。

童顔のデメリット

では、童顔のデメリットはどんなものがあるのでしょうか。まずは大人っぽい服装が似合わず、着たい服があっても顔が服に負けてしまって似合わないということです。

恋愛面では得をすることが多い童顔ですが、仕事場では童顔の人はどうしても頼りなく責任感がなく見えてしまいます。職場の後輩にも先輩扱いしてもらえず、リーダーシップが取りづらいなど仕事ををする上では童顔はデメリットになることがあります。

童顔メイクのポイント5選

童顔には憧れるけど自分は童顔ではないからと諦めている人も心配しなくて大丈夫です。童顔はメイクによって作り出すことができます。そんな童顔メイクのポイントは「ファンデーション・アイメイク・眉毛・リップ・チーク」の5つです。5つのポイントを詳しく見ていきましょう。

1:ファンデーション

童顔メイクの鉄則は「赤ちゃんみたいなモチモチしたふわふわな肌」です。いかにもメイクしたというメイクではなく、ベースメイクは何も塗っていないかのようなすっぴん風に仕上げるのがポイントです。気になるところだけコンシーラーで隠して、あとはリキッドファンデーションを塗りパウダーで仕上げるとすっぴん風に仕上がります。

2:アイメイク

童顔メイクでのアイメイクのポイントは「黒目がちなクリっとしたタレ気味の目にすること」です。ベージュブラウン系やパールピンク系のアイシャドウをアイホールに使います。

下まぶたの目尻にはブラウン系のアイシャドウを塗り、下まぶたの目頭側から中央まではパールピンク系のアイシャドウを塗って涙袋を強調します。アイラインは下げ気味に描くとタレ気味の目元を作ることができます。

3:眉毛

眉毛をしっかり描くとキリッとしたきつい印象になってしまうので、童顔メイクをするときには避けましょう。自分の眉を活かしながら、アイブロウペンシルなどを使って形を作りすぎないようにアイメイクをするのがです。

色は明るめのブラウンで平行気味に描きナチュラルにふんわり仕上げましょう。自分の眉が濃い人は眉マスカラで仕上げるのも童顔メイクの際はです。

4:リップ

童顔メイクでははっきりした色味ではなく、ナチュラルで程よく発色する薄めのカラーを使用します。使用するアイテムも口紅を使用するのではなく、ぷるぷるな唇に見せるためにはカラーグロスを使うのがです。

5:チーク

童顔メイクでチークを入れるポイントはピンク系のチークを頬骨よりも少し下に丸くふわっと入れることです。チークのタイプもパウダータイプよりも、クリームチークを指でたたいて伸ばして使うほうがほんのり血色感が出て童顔メイクが可愛く仕上がります。

童顔メイクがしてみたいあなたにコスメ

初回公開日:2019年01月11日

記載されている内容は2019年01月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。