Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスリースの作り方4つ|可愛いリースのデザイン3つ

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:趣味

更新日:2020年08月29日

クリスマスリースの作り方4つ|可愛いリースのデザイン3つ

リースの作り方とは

皆さんは、クリスマスの時期に向けて「クリスマスリース」を手作りしたことはありますか。この記事では、「クリスマスリース」の作り方についてを詳しくご紹介していきます。

「クリスマスリース」の作り方を知って、オリジナル「クリスマスリース」を作ってみましょう。

リース台に花などを飾るのが基本の作り方

「クリスマスリース」は、「リース台」に花やリボンで飾り付けをするのが基本となる作り方です。この「クリスマスリース」の作り方は誰でも簡単に「クリスマスリース」を作ることができるので、お子さまやお年寄りでも楽しめます。

「リース台」に飾りを付ける、基本の「クリスマスリース」の作り方で、「クリスマスリース」作りを体験してみましょう。

クリスマスリース作りに必要なもの4つ

ここからは、「クリスマスリース」に必要なものについてのご紹介です。「クリスマスリース」を作るときに何が必要なのか、購入できる場所についてもお伝えいたします。

今から「クリスマスリース」を作る準備をして、クリスマスが来る前にステキな「クリスマスリース」を作ってみましょう。

1:コニファー

「クリスマスリース」作りに必要なもの1つ目は、「コニファー」です。「コニファー」とは、杉やモミの木のような植物のことをいいます。

「コニファー」は、「クリスマスリース」にとって重要な材料の1つです。園芸ショップやお花屋さんで「コニファー」を手に入れることができます。

「コニファー」にも種類がありますので、葉の色や大きさなどお気に入りの「コニファー」を探しましょう。

2:木の実などの飾り

「クリスマスリース」作りに必要なもの2つ目は、「木の実などの飾り」です。「クリスマスリース」の顔となる飾りには、自分の好きな木の実やリボンなどを用意します。

「クリスマスリース」の作り方として、最も重要なのが飾りです。自分のイメージする「クリスマスリース」に合う、ステキな飾りを見つけましょう。

3:ワイヤー

「クリスマスリース」作りに必要なもの3つ目は、「ワイヤー」です。「ワイヤー」は、「リース台」に「コニファー」を巻きつけるときに必要になります。

「ワイヤー」は、100均でも簡単に手に入れることができます。「ワイヤー」には太さの種類があるので、お店で確認して好きな「ワイヤー」を選びましょう。

4:グルーガン

「クリスマスリース」作りに必要なもの4つ目は、「グルーガン」です。「グルーガン」は、100均でも手に入れることができます。

「グルーガン」本体や、溶けて出てくるグルーがとても熱い場合があるので、お子さまと「クリスマスリース」を作る時は「グルーガン」が危険でないか注意をしながら、楽しく作りましょう。

クリスマスリースの作り方4つ

次は、「クリスマスリース」の作り方についてのご紹介です。美しくクリスマスを彩る「クリスマスリース」の作り方は、難しくはありません。作り方が一度わかってしまえば、簡単に作ることができます。

お子さまやお年寄りでも楽しく作ることができるので、自分のオリジナル「クリスマスリース」作りはもちろんの事、ご家族やお友達と一緒に「クリスマスリース」を作るのもとっても楽しいです。

1:リース台を用意する

可愛い「クリスマスリース」の作り方1つ目は、「リース台を用意する」です。「クリスマスリース」を作る土台になる「リース台」には、多数のサイズがあります。

自分のイメージする「クリスマスリース」の大きさに合うような「リース台」を、あらかじめ用意しておきましょう。好きな大きさの「リース台」が見つかったら、オリジナル「クリスマスリース」作りのスタートです。

2:コニファーをカットする

初回公開日:2018年12月08日

記載されている内容は2018年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。