Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスリースの作り方4つ|可愛いリースのデザイン3つ

Author nopic icon橘ケイ
カテゴリ:趣味

更新日:2020年08月29日

クリスマスリースの作り方4つ|可愛いリースのデザイン3つ

可愛い「クリスマスリース」の作り方2つ目は、「コニファーをカットする」です。用意した「リース台」の大きさに合わせて、「コニファー」をカットして調節します。

「リース台」より「コニファー」が小さくなったり大きくなってしまっても、それぞれに味が出てステキな「クリスマスリース」になります。「コニファー」の大きさはきっちり「リース台」に合わせなくても、大体のサイズが合っていれば大丈夫です。

3:コニファーをリースに巻きつける

可愛い「クリスマスリース」の作り方3つ目は、「コニファーをリースに巻きつける」です。「ワイヤー」を使って、「コニファー」を「リース台」に巻きつけていきます。

「コニファー」を「リース台」にたくさん付けるか少量にするかは、自分のイメージする「クリスマスリース」によって調節しましょう。

4:好きな飾りをつける

可愛い「クリスマスリース」の作り方4つ目は、「好きな飾りをつける」です。可愛い「クリスマスリース」にするために、「グルーガン」を使って好きな飾りをつけていきます。

この、「グルーガン」で「クリスマスリース」に飾りを付けていく工程は、一番楽しいパートです。ステキな「クリスマスリース」を作りましょう。

「グルーガン」から溶け出てくるグルーは熱いので、お子さまと「クリスマスリース」を作るときは気を付けましょう。

可愛いグルーガンをお探しの方はこちら

miniグルーガン DIY女子向け・かわいいデザインのグルーガン 日本語説明書付
miniグルーガン DIY女子向け・かわいいデザインのグルーガン 日本語説明書付
口コミ

柄が可愛いうえに百均のものより壊れにくいと聞きました。使いやすいです

こちらの「グルーガン」はボディーに可愛い柄が付いた、他にはないデザインの「グルーガン」です。

せっかく楽しくDIYをするなら、工具も可愛いもので揃えたくなります。使いやすくて可愛い「グルーガン」をお探しの方は、ぜひこちらの「miniグルーガン」をお試しください。

可愛いリースのデザイン3つ

ここからは、可愛い「クリスマスリース」のデザインアイディアをご紹介いたします。「クリスマスリース」にはさまざまな種類があるので、オリジナル「クリスマスリース」を作る際の参考になさってください。

「クリスマスリース」は、付ける飾りや花の色・種類によって、仕上がりが全く違う表情になります。オリジナルの「クリスマスリース」を作る時は、完成を想像しながら楽しく作りましょう。

1:造花を使ったフラワーリース

可愛い「クリスマスリース」のデザインアイディア1つ目は、「造花を使ったフラワーリース」です。造花を使った「クリスマスリース」は、なんといってもお手入れが簡単です。

ドライフラワーや生花を使った「クリスマスリース」はもちろんステキですが、花が悪くなってしまうと処分しないといけません。その点造花はほとんど劣化することがないので、お手入れがとっても簡単です。

2:玄関先に置けるウェルカムリース

可愛い「クリスマスリース」のデザインアイディア2つ目は、「玄関に置けるウェルカムリース」です。玄関に「クリスマスリース」を置いておけば、「ウェルカムリース」としてお客さまをおもてなしできます。

クリスマスの時期に「ウェルカムリース」としてステキな「クリスマスリース」が玄関にあったら、おもてなしをする方も心がウキウキしてきます。

3:ポプリを使ったハンドメイドリース

可愛い「クリスマスリース」のデザインアイディア3つ目は、「ポプリを使ったハンドメイドリース」です。ポプリは、ドライフラワーに香りづけがしてある、可愛い芳香剤です。

ポプリを使って作る「クリスマスリース」は、ドライフラワーのシックで落ち着いた雰囲気の色合いで、ふわっといい香りがしてきます。

ポプリの花の色や「クリスマスリース」を置いておく部屋の雰囲気によって、ポプリの香りを変えてみましょう。

自分だけのオリジナルリースを作ってみよう!

「クリスマスリース」の作り方について、いかがでしたでしょうか。「クリスマスリース」は、簡単な工程で自分だけのオリジナルリースを作ることができます。

今年のクリスマス本番に向けて、オリジナル「クリスマスリース」を作ってみませんか。自宅に飾るだけでなく、小さい「クリスマスリース」を作ってお友達にプレゼントしても喜ばれます。

クリスマスは、世界に1つしかないオリジナルの「クリスマスリース」を飾りましょう。

この記事に関連する情報もチェックしよう!

「クリスマスリース」の作り方について詳しくなったら、ぜひ以下のウェブサイトもご覧になってください。以下のウェブサイトでは、「花リボン」の作り方や「花フェルト」の作り方についてが詳しく載っています。

以下のウェブサイトは、「クリスマスリース」をさらにデコレーションしたい方や、手芸・クラフトがお好きな方にピッタリな記事となっています。どちらの記事も、最後まで見てみましょう。

初回公開日:2018年12月08日

記載されている内容は2018年12月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。