Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】スカートコーデ・スカートコーデにアイテム

Author nopic iconmiii
カテゴリ:コーディネート

更新日:2020年08月21日

【年代別】スカートコーデ・スカートコーデにアイテム

スカートと一口にいってもふわりとしたガーリーな雰囲気のスカートから大人っぽさが感じられるものまでさまざまなデザインのものが揃っています。それぞれのスカートの特徴に合わせたコーディネートで毎日のおしゃれを楽しみましょう。

ここからは「特徴別スカートコーデ」を紹介していくので、毎日のスタイリングの参考にしてみてください。

セットアップ×スカートコーデ

セットアップになっているタイプのスカートはそのまま有数スと合わせるだけでおしゃれな着こなしが可能で、有数スとスカートは別々にも着られるので着回し力が抜群なのがセットアップアイテムの魅力です。

ブラウン系のシンプルなセットアップは、合わせる小物を選ぶことでカジュアルコーデにもフェミニンなコーデにも対応することができます。

フェルトハットにショートブーツを合わせることで、大人カジュアルなコーディネートに仕上がっています。

チェック柄×スカートコーデ

今年大のチェック柄のスカートは取り入れるだけで今年らしいコーディネートが完成します。中でもグレンチェックはチェック柄の中でもが高いので、1着持っていると旬の着こなしができるでしょう。

広がりが抑えめのロングスカートは落ち着いた大人カジュアルなコーディネートにぴったりで、下半身がすっきりとしてみえるので小柄な方にもです。有数スはオーバーサイズのカーディガンを羽織ることでおしゃれな着こなしが完成します。

ニット×スカートコーデ

ニット素材のタイトスカートは身体にフィットした細身のシルエットで女性らしさを演出することができますが、あえてMA-1やスニーカーなどのマニッシュなアイテムを合わせることで大人カジュアルなコーディネートが完成します。

ニット素材のボトムスは今年のあるアイテムの1つなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。今年らしさが感じられるコーディネートに仕上がるでしょう。

レース×スカートコーデ

甘い印象になりがちなレース素材のスカートは、デニムジャケットやスニーカーを合わせてカジュアルに着こなすスタイルがです。

パンプスやきれいめの有数スを合わせたフェミニンなコーディネートもですが、細身のタイトスカートに今季のオーバーサイズのデニムジャケットを羽織ることで全身のバランスが良くみえ、かつ今年らしい着こなしが叶います。

ブーツ×スカートコーデ

淡い色合いがフェミニンなロング丈のプリーツスカートの足元には、シンプルな黒のブーツを合わせることで全体の印象が引き締まります。今季はショートブーツがなので、黒やグレーなどの定番色を持っているとさまざまなコーデとも相性が良く履き回せるでしょう。

エレガントな雰囲気のプリーツスカートにカジュアルなモッズコートを合わせることで、程よくカジュアルダウンしたコーディネートに仕上がります。フードのファーがゴージャスなので顔回りも華やかにみえます。

スニーカー×スカートコーデ

ロング丈のフレアースカートにハイカットのコンバースもの組み合わせです。ベージュのスニーカーは秋冬の深みのある色合いのコーディネートとも相性抜群で、白よりも汚れが目立ちにくいのでがあります。

ゆるっとしたニットにころんとしたファーバッグなど、トレンドのアイテムを合わせることでより今年らしいコーディネートが完成します。

スウェット×スカートコーデ

スウェット素材のタイトスカートは動きやすくお手入れも楽ちんなので、カジュアルなコーディネートにアイテムです。

有数スにネイビーのニットを合わせたシンプルなコーディネートですが、カラフルなスニーカーを差し色でプラスすることで可愛らしくまとまっています。おしゃれなデザインのニットキャップもアクセントになっています。

スカートをおしゃれに履きこなそう

女性らしさ抜群のスカートコーデを年代別や特徴別に分けて紹介していきましたが、いかがでしたか。

スカートには今季流行しているチェック柄のロングタイトスカートから通勤スタイルにフレアースカートまで、さまざまな種類やデザインのスカートが揃っています。シチュエーション別にスカートを履きこなしておしゃれ上級者を目指しましょう。

初回公開日:2019年01月10日

記載されている内容は2019年01月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。