Search

検索したいワードを入力してください

「鈍感力」の意味と鍛える方法・メリットとデメリット

Author nopic iconGG M
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年05月21日

更新日:2020年06月10日

記載されている内容は2017年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「鈍感力」の意味と鍛える方法・メリットとデメリット

鈍感力とは

鈍感とは

鈍感と言うと、一般的にマイナスのイメージがあります。周りの状況が読めない、人の言うことにすぐに対応できないといったことがあるので、鈍感よりも敏感なほうが良いとされています。しかし「鈍感」なのは必ずしもマイナスなことばかりではありません。傷ついてもすぐに立ち直ることができる、色々なことを言われてもすぐに忘れることができるといった鈍感であることにはメリットもあります。

鈍感力とは

鈍感力とは、どんな時にもくよくよせずに、へこたれずに物事を前向きにとらえていく力です。立ち直りが早く、色々なことを言われてもすぐに忘れるという、鈍感のメリットを生かした考え方です。

鈍感力は仕事の中でどう役立つのか

例えば、仕事をするときにできるだけ立派にしなくては、ミスなく完璧にやろうと考えてしまいます。完璧にやろうと思えば思うほどストレスが溜まってしまいます。一人で抱えてしまうとどんどんストレスが蓄積されてしまいます。鈍感力を持っていれば、どんどん人に聞くことができる、叱られてもへこたれない心を持っているので気持ちの切り替えがすぐにできるといったことができるようになり、仕事を完璧にしなくてはというストレスを抱えこまなくて済むようになります。仕事をきっちりやることはもちろん大切なことでありますが、時にはうまくいかないこともあります。

そういったときに、叱られたり、注意されてしまったときに、くじけないことが鈍感力であり、さらに嫉妬や中傷に対しても強くなれます。会社の中で、他人の成功を妬んだり、足を引っ張ろうとする人もいます。敏感な人は、他人から妬まれたり、攻撃されてしまうとすぐに落ち込んでしまいますが、鈍感力があれば、そういったことでも平気でいられますし、嫉妬なんてする人の方が辛いもの、こんなに自分のことを嫉妬してかわいそうに、辛いんだろうなと思えるようになります。よって、鈍感力を身につけるということは、前向きになれるということです。鈍感力を身につけることが大切であることが分かりましたが、では鈍感力を身につけることでどういったメリットがあるのでしょうか。

鈍感力のメリット1:落ち込んでもすぐに立ち直れる

人が生きていると予期せぬ中傷や嫉妬を受けて、足をすくわれることがあります。結果的に仕事の失敗につながってしまうと、中傷や嫉妬を受けたことと、失敗してしまったこととのダブルパンチで、立ち直るのも容易ではなくなります。果ては相手を恨み、足の引っ張り合いが泥沼化してしまうこともあります。そんなときこそ「鈍感力」です。中傷や嫉妬を受けて仮に失敗してしまったとしても、鈍感力があればすぐに立ち直ることができます。いくら失敗しても、挽回のチャンスがあると思えるので、落ち込んでいる暇などないと気持ちを切り替えられるのです。どんなに失敗してもすぐに立ち直る姿を見たら、相手は足を引っ張るのも空しくなって、争いになどならないでしょう。

鈍感力のメリット2:ストレスが溜まらないので物事に前向きになれる

鈍感力を身につければ失敗を必要以上に気にしなくなるので、ストレスが溜まらなくなり、物事に前向きになれます。

ストレスは心と体をむしばみます。ストレスが溜まるとリラックスすることがなくなり、交感神経(自律神経)が常に緊張している状態に陥ります。それが、頭痛・腹痛・不眠の原因になることがあるからです。

鈍感力のデメリット1:周りの状況が読めなさ過ぎる

仕事上では、上司の顔色を窺わない傾向があるので、上司の次の反応が分からないという事があります。上司が言外に何かを伝えようとしても伝わりません。上司が苦笑いをして難色を示した事柄でも、気づかずにスルーしてしまうことがあります。話したいことがあって食事に誘われても、自分の趣味などを優先してあっさり断ってしまうこともあります。そういうことは同僚や部下に対しても同じことです。あえて空気を読まないというのは鈍感力における高等技術ですが、あまりに状況を読まなすぎると集団の中ではやはり浮いてしまいます。あの人は自分本位だと、レッテルを貼られてしまうことも考えられます。そうなると、鈍感力も諸刃の剣となってしまいます。

鈍感力のデメリット2:上司の指示にすぐに対応できない

長く付き合っていると、上司の次の行動やして欲しいことも読めるようになっていくもので、気が利くなと思われれば、可愛がってもらえるようになります。ですが、鈍感力も行き過ぎてしまうと、上司の言動には興味を示さないので、行動の先読みができません。次はあの仕事の指示かなといった予測も準備できないので、上司の指示にすぐに対応できないことになります。

鈍感力のデメリット3:重要なアドバイスを聞き逃す

自分に興味のない話を聞かないので、雑談力が養われることがありませんし、重要なアドバイスやアイデアも同時に聞き逃してしまう可能性が高くなります。

鈍感力のデメリット4:同じ失敗を何度も繰り返す

人の話を聞かない弊害として同じ失敗を何度も繰り返してしまうということです。失敗を気にしないので、次に同じ失敗をしても気に病むことがありません。「次は同じ失敗はしないぞ」という決意がないからです。失敗を気にしないこと、同じ失敗を繰り返すことは表裏一体と言えます。そのバランスを取るのがとても難しいところです。よって、鈍感力もただ身につければよいというわけではなく、鈍感力も度が過ぎてしまうとデメリットの方に傾いてしまい、仕事や人間関係をうまく築けなくなってしまいます。時と場合によって「鈍感力」をうまく活用できるようにすることが鈍感力のメリットを活かすことにもつながると言えます。

鈍感力を鍛える方法

鈍感力を身につけるということは、部分的だったとしても性格を変えることになるので、容易ではありません。ですが、鈍感力を身につける手段はあります。鈍感力を身につける訓練を意識することが、鈍感力を身につけることにもつながります。

鈍感力の鍛え方1:怒りや嫉妬と言うネガティブな感情を許容する

自分に発生したネガティブな感情を認めることで鈍感力が鍛えられます。なぜなら、怒り・嫉妬・慌てる・劣等感を抱くなどの感情を受け入れることで、ネガティブな自分が許せるようになるからです。

ネガティブな感情を完全に捨ててしまうと感受性がなくなり、何も感じない人間になってしまいます。豊かな感受性を保ちながら、怒りや批判をさらっと受け流せるような鈍感力が高い人間になるために、ネガティブな感情を許容しましょう。