Search

検索したいワードを入力してください

ドラゴンの種類と名前一覧・ドラゴンの角の種類|神話/西洋

Author nopic iconpettan3rd
カテゴリ:雑学

初回公開日:2017年11月23日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2017年11月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ドラゴンの種類と名前一覧・ドラゴンの角の種類|神話/西洋

ドラゴン・龍の種類と名前一覧

伝説上の生物「ドラゴン」「龍」は、伝承や神話の世界においてよく登場します。この想像上の神秘的な生物に、魅了される方も多いのではないでしょうか。そんな「ドラゴン」「龍」ですが、みなさんは何種類くらいご存知ですか。いくつかドラゴンと龍の種類と名前を紹介します。

西洋ドラゴン

アンフィスバエナ

身体の両端に頭を持っている双頭のドラゴンです。尻尾の先端にも頭があります。ヨーロッパでは、このドラゴンをあしらった紋章もあります。

ワイバーン

イギリスの紋章などに見られる竜です。頭はドラゴン、翼はコウモリ、一対の脚はワシ、尾はヘビ、尾の先端には矢じりのようなトゲを持ち、空を自由に飛ぶとされています。

ムシュフシュ

古代メソポタミアの伝承に登場する霊獣です。頭は毒蛇、上半身はライオン、下半身は鷲、尻尾は蠍という姿です。

ズメイ

東欧や中欧で有名なドラゴンです。ドラゴン=悪、破壊者というイメージがありますが、このズメイは守護神、守護竜という扱いです。

ジルニトラ

現在のドイツの伝説に登場するとされています。黒いドラゴンで、魔法の神でもあります。

リントブルム

主にドイツ、そしてスカンジナビアでよく知られています。尾は矢じりのように尖っていて、ワニのような長い頭、鋭い牙を持つという姿をしたドラゴンです。

レヴィアタン