Search

検索したいワードを入力してください

方言「しんどい」の地域別の意味と使い方|北海道/大阪/岡山/広島/関東

Author nopic icontakako
カテゴリ:方言

更新日:2020年02月15日

方言「しんどい」の地域別の意味と使い方|北海道/大阪/岡山/広島/関東

「しんどい」という方言の意味をご存知ですか

皆さんは「しんどい」という意味をご存知ですか。よく使うという方もいれば、あまり使わないという方もいらっしゃるでしょう。「しんどい」は方言なので、お住まいの地域によっても使う頻度は違ったり、意味も少しずつ違うこともあるでしょう。

今回は、日常生活でよく耳にする「しんどい」という言葉について、その意味から使い方、語源、地域差や最近の流行の使われ方まで詳しくご紹介していきます。この記事を読んで少しでも発見や興味をもっていただけると幸いです。

方言「しんどい」の意味

皆さんは「しんどい」の意味をご存知ですか?何気なく耳にする言葉「しんどい」の意味ですが、「骨が折れる。つらい。くたびれる」です。また「しんどい」は京阪神地方で使われる方言です。関西地域の中でも京都市・大阪市・神戸市の3都市の周辺エリアでは、日常的によく使われていて、生活に溶け込んだ言葉であると言えます。

一方、京阪神地方以外の地域では、「しんどい」という方言は使わずに「疲れた」や「だるい」などの言葉で表現することが多いでしょう。「しんどい」に並ぶ方言には、「えらい」や「つらい」、「こわい」などがあり、これらもまた「しんどい」という方言と同じ意味で使われ、またその地域になじんでいる方言です。

「しんどい」という方言は、品詞で言うと形容詞です。「しんど」の形容詞化と言われています。名詞に直すと「しんどさ」となります。

方言「しんどい」の語源

こちらでは、「しんどい」という方言の語源についてご紹介します。前の項目で「しんどい」は「『しんど』の形容詞化」とご説明しましたが、「しんど」は「しんろう(心労)」が語源だと言われています。「しんろう」が関西地域で「しんどう」と音変化し、それが「しんど」と変わったことで方言になったと考えられています。

関西地域、特に京阪神地域では疲れたときに「ああ、しんどい」ということもありますが、「ああ、しんど」という時もあります。これは「い」を省略して使っていると考えることもできますし、方言の語源が「しんど」なので、語源どおり使っているという認識もできます。

また「しんどい」という方言の語源は「せんど」だとする説があります。「せんど」とは漢字で書くと「千度」です。関西地域では「しんどいな」の代わりに「せんどしたな」ということがあります。どちらも「疲れた、骨折れた」という同じ意味を示します。

方言「しんどい」の使い方

「しんどい」という方言の使い方ですが、「あーしんどい」と使ったりします。この時の「しんどい」という方言の意味ですが、「あー疲れた」と言い換えることができますが、厳密には少しニュアンスの違いが出てきます。

関西人が「あーしんどい」と使う時には、「疲れた」「くたびれた」という身体的な疲労だけではなく、精神的にも追い詰められていたり、気持ちが乗らないという意味も含まれています。むしろ精神的に弱り切った状態を主に表現するときに使われることもあります。

日常会話で「大丈夫?」と聞く代わりに、「しんどいな」と言ったりします。こうした時の返答の例では「しんどいけど、まだ大丈夫」または「ほんまやな、しんどいな」などがあり、「しんどいな」を使う目的として、コミュニケーションを密にとって互いを労わりあうことが挙げられます。また軽い挨拶はわりに「しんどいな」と言ったりもします。

地域別の方言「しんどい」のあらわす意味と使い方

「しんどい」は地域別にどのような意味で使われていたり、別の言葉でどのように表されているのでしょうか。地域ごとにご紹介します。

九州

九州でも「しんどい」という方言は使われることがありますが、頻度としては低く、代わりに「きつい」という方言を使われる方が多いです。「きつい」は「しんどい」と同じ意味で「疲れた、骨が折れる」という意味があります。

九州の中でも、長崎、福岡、宮崎においては特に「きつい」という方言を使う頻度が高く、次いで佐賀、熊本や鹿児島が「きつい」という方言を良く使う程度、最後い大分においては「きつい」という方言も使うけれども他の言葉も使う程度となっています。

「しんどい」という方言には、「疲れた」という意味がありますが、「疲れた」という意味の方言は、「きつい」以外にもあります、そして九州の各地域によってその言い方はさまざまです。福岡では「くたぶれた」、佐賀では「きゃーなゅつ」、長崎では「きゃーなえた」、熊本と大分は「なえた」、宮崎「ひんだれた」そして鹿児島では「だれた」という方言が使われています。

北海道

初回公開日:2018年03月13日

記載されている内容は2018年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。