Search

検索したいワードを入力してください

黒髪セミロングの簡単ヘアアレンジ・前髪アレンジ

Author nopic iconizumi nahoko
カテゴリ:ヘアスタイル

更新日:2020年08月21日

黒髪セミロングの簡単ヘアアレンジ・前髪アレンジ

黒髪セミロングにヘアアレンジは?

美しい黒髪は日本人の魅力です。特に黒髪セミロングは男女共にの高い髪形です。黒髪は清楚でどんなファッションにも合いますし、可愛い系にも綺麗系にもなれます。また、セミロングにすることによって重くなりがちな黒髪も爽やかな印象になります。

セミロングは一般的に鎖骨から胸辺りまでの長さのことを指します。短すぎず長すぎないのでアレンジのしやすさも魅力の一つです。

ポニーテール

定番のポニーテールもしっかりとポイントを押さえてワンランク上を目指しましょう。

ポニーテールは長くなければできないイメージがありますが、セミロングでも手櫛でささっと纏めて下の方で結ぶと小慣れた大人っぽいポニーテールになります。また、少し髪を残しておいて結び目の部分に巻き付ければお洒落な印象になります。必ず後れ毛は残すようにしましょう。

また、手櫛で小慣れ感を出すのが難しいという方はあらかじめコテで数か所巻いておくと簡単に小慣れ感が出せます。

ちょっと髪の毛が邪魔で結びたい時にも便利ですし、もう少しアレンジを加えればパーティースタイルとしてもOKなので、非常に万能なヘアアレンジです。

くるりんぱ

今話題のくるりんぱは簡単なのに手の込んだヘアアレンジに見えることが最大の魅力です。やり方は、一つ結びをして真ん中に割れ目を作ったらそこに髪の毛をくるりんぱと入れ込むだけです。

画像のような下の方をちょこんと垂らした状態でも可愛いですが、上のくるりんぱの部分で捻じって留めればセミロングでも簡単にまとめ髪が作れます。まとめ髪が一番似合う髪色は黒髪なのでぜひチャレンジしてみてください。

ハーフアップ

髪を下ろしたいけれど下ろすだけではもの足りないという時になのがハーフアップです。花冠をイメージして緩めに結ぶと可愛らしくなるでしょう。

ハーフアップは耳の横辺りの髪の毛を中心で結んだりピンで留めたりするだけなのでとても簡単です。中心で纏めるだけではなく大きめの緩い三つ編みをしたり捻じってみたりしても可愛いでしょう。また、セミロングの場合はそのままのハーフアップだと少々味気ないので、ハーフアップをする前に髪全体を巻いておくと良いでしょう。

黒髪セミロングに前髪アレンジは?

せっかくセミロングまで伸ばしたので下ろしておきたいという方や、朝は忙しくてヘアアレンジに時間をかけられないという方になのが前髪アレンジです。前髪に一工夫加えるだけでお洒落な髪形になります。

前髪で印象もガラリと変わるので、なりたい印象に合わせて前髪アレンジをしてみても良いでしょう。前髪アレンジはワンポイントだからといって手を抜かずに丁寧にセットしましょう。

前髪アリにアレンジは?

前髪アリの方は前髪があるからこそできるアレンジに挑戦してみましょう。

ポンパドール

ポンパドールは明るく活発な印象が魅力です。清楚な黒髪セミロングだからこそ活発な印象のアレンジでイメチェンをしてみても良いでしょう。

前髪の毛先の方を持って捻じりつつふんわりと後ろに持っていき、ピンで留めれば完成です。ふんわりさせることがポイントなので潰さないように気をつけましょう。

三つ編みカチューシャ

前髪をそのまま生かせるのはこのアレンジならではです。黒髪セミロングは落ち着いた髪色なので華やかなヘアアレンジもくどくなりません。一見難易度が高そうなアレンジですが、実は意外と簡単です。

サイドの耳付近の髪の毛を三つ編みにします。そして右から左へ、左から右へと反対側へ持っていきピンで留めれば完成です。この時なるべく下の方の髪の毛を三つ編みにするようにしましょう。

前髪ナシにアレンジは?

前髪ナシならではのすっきりとしたアレンジをしてみましょう。

ヘアバンドやスカーフ

前髪ナシの場合は小物を取り入れてもごちゃごちゃしないというメリットがあります。分けた長い前髪の部分を出すことで大人可愛い印象になります。

なかなかファッションアイテムとして取り入れるのが難しいスカーフもヘアバンドとしてなら簡単に取り入れることができます。黒髪セミロングにははっきりとしたカラーのスカーフやヘアバンドが映えます。

かきあげ前髪

大人っぽくセクシーなかきあげ前髪は黒髪セミロングとも相性が良いです。その名のとおりブラシで前髪を後ろへ流しつつドライヤーを当てるだけなので、ヘアアレンジに慣れていない方でも簡単にできます。さらに毛先を少し巻けば小慣れ感が出て違和感の無い自然なかきあげ前髪になります。

初回公開日:2018年03月22日

記載されている内容は2018年03月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。